ベタつくハンドルとはサヨナラ!意外と簡単な快適ハンドル対策

   
 

あなたの車のハンドルは、ベタつきが気になりませんか?ウレタン素材のハンドルだと、どうしても汗によるベタつきが気になります。

長い間同じクルマを使っていると、どうしてもハンドルに汗が長時間に渡って付いてしまって、気付けばハンドルのベタつきがひどいことになっています。毎回ドライブの後にハンドルを拭けばいいのですが、ドライブの後って、なかなかそん気分にならないから不思議です。

ベタつくハンドルへの対処方法

さて、そんなクルマのハンドルのベタつきの解消方法について考えてみましょう。

車のハンドルのベタつき解消は、意外と簡単です。

専用のシートで拭く

カー用品店に行くと、ハンドルベタつきのための掃除用シートが販売されています。これを使えば、比較的簡単にハンドルを拭く事ができるのでお勧めです。

本革ハンドルに交換する

特にウレタン素材のハンドルが、汗が残ってしまうので、ハンドルを本革素材のものに変更すると、ハンドルのベタつきはかなりかいぜんせれめす。

本ただ最近は、ハンドルにエアバッグが標準で設置されるようになったので、ハンドル交換はあまり現実的ではなくなりました。安全性とのバーターとなるので、ハンドル交換は慎重に考えた方がいいでしょう。

ウレタン素材の上に革素材を貼る

エアバッグかなくなることを考えると、おいそれとハンドルを交換できない時代になりました。それでもベタつき解消のために本革ハンドルにしたい!という方は、今のハンドルを革素材に変更したらいかがでしょうか。

最近は、ハンドル素材の変更を請け負ってくれるショップが登場してきました。費用は薬4万円くらいと、ハンドルを交換するのと同程度の値段で、ウレタン素材を本革素材に変更する事ができます。

本革ハンドルを諦めてきた方も、これなら本革ハンドルを使えるようになります。これだと、あなたの車だけ本革ハンドルというプレミアム感が出てくるので、満足感もかなり高いものとなります。

ハンドルを熱の素材で覆う

とハックの方達に多いのが、ハンドルの握る部分を、他の素材で覆ってしまうというやり方です。

例えば、布などでハンドルを覆う製品は、カー用品店で数千円で購入できるので、とても手軽に装備する事ができ、これだけでウレタン素材ハンドルのベタつきを解消する事ができます。

ただ、見た目はどうしても格好悪くなりますので、実用第一主義の方限定の対処方法です。

ドライビンググローブを使う

ハンドルのベタつきの原因は手の汗なので、そもそも手の汗をハンドルにつけなければ、ハンドルのベタつきはかなり解消されます。手にドライビンググローブをはめれば、汗が直接ハンドルにつくのを防止することができます。

ドライビンググローブの、指先まで手に覆われていないタイプを使えば、カーナビや車内のさまざまなスイッチの操作感も問題ありません。見た目を運転がうまそうな人に見えるし、ドライビンググローブは、ハンドルベタつき解消の安価な決定だと言えます。

まとめ

いかがでしたか?ハンドルのベタつきは、こまめにハンドルを拭けば解消します。しかし、そのこまめな掃除が一番大変で、なかなか対処できないのが現実です。

運転中に常に触るところなので、不快感が運転中は常に続いてしまいます。それでも、対処方法は意外とたくさんある事がお分かり頂けたと思います。いずれも、車好き、ドライブ好きなら、誰でも納得できる対処方法だと思います。

ぜひあなたもさまざまなハンドルのベタつきの方法を試してみて、快適なドライブの実現を目指してください。

CarZoot

ハンドルのベタつきを取り除いても、室内には他にも汚れがたくさんです。この機会に、室内の汚れ除去に挑戦してみませんか?

CarZoot「これ1本で車内丸ごと徹底クリーニング」は、プロショップが実際に店舗で使用しているクリーニングセットです。これ一本で、タバコのヤニから本革製品のクリーングまで、車の内部のクリーニングには何でも使えます。

しかも、静電気を抑える成分が配合されているので、クリーング後は静電気による新たな埃の寄せつけをカットできるので、きれいにな室内を長い間維持することができます。

ぜひ、室内のクリーニングに、CarZootのクリーニング用品を使ってみてください。

avatar
快適な運転のためにはハンドルが重要なんだね!

どうすればべたつかないかを知っておこう!

タイヤがスリップ!?原因と対策を徹底解明前のページ

車の左側通行の日本と同じように左車線の国はどこなのかご紹介します!次のページ

関連記事

  1. 記事

    愛知県のおすすめドッグラン3選を紹介!

    愛知県にどのようなドッグランがあるか知っていますか?愛知県に…

  2. 記事

    夜道の運転でヒヤリ!暗い時間帯でも安全に走行する方法とは?

    夜道の運転でヒヤリとした経験はありませんか?気づいたら近くに歩行者が…

  3. 記事

    【車のナンバー】人気のある地域についてご紹介

    車のナンバーには人気のある地域があります。車のナンバーは、ある意味住…

  4. 記事

    車検証に記載されている乾燥重量、車両重量、車両総重量ってなに?

    車の購入時に車の重量を気にする人は少ないと思いますが、車検証には「車…

  5. 記事

    島根県でドライブ!夏は肝試しで涼しくなろう!心霊スポットを紹介

    島根県には、神様の伝説がたくさんあります。そんな島根県にも、ドライブ…

  6. 記事

    千葉県のサービスエリアで山の幸・海の幸を堪能しよう!

    ドライバーの憩いの場となるサービスエリアでは、様々なグルメを堪能でき…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. デザイナーA

    車のバッテリーを処分する方法は?無料で処分も可能?
  2. 記事

    カーポートに対応している虫除け対策方法まとめ
  3. 記事

    カーポートの塗装は自分でやる?それとも業者に頼むべきか?
  4. 記事

    秋田県の警察マスコットキャラクターまもるくんなどなど、一挙ご紹介!頼もしいキャラ…
  5. 記事

    運転体験が出来る施設を徹底調査!迷わずここに行こう!子供と一緒がおすすめ~東京都…
PAGE TOP