プジョー人気モデルを最新型に着せ替え

   
 

柔らかな乗り心地と走行時の安定感を両立しているプジョー。世界最高となる自動車メーカーでフランス・パリを拠点に自動車の製造販売を行なっています。スクーターなどを中心に自動二輪車も制作しており、フランスの多国籍企業・グループPSAを構成し、本田技研工業と同規模の自動車生産台数を誇っています。歴史を重ねたプジョーの自動車は進歩性があり、発売から7年経過している308型がモデルチェンジされる予定です。

307の後継者という位置付け

プジョー 208 【車両レビュー】 オシャレでカッコいい内外装がとても魅力的なフレンチコンパクト!! Peugeot 208 E-CarLife with 五味やすたか

プジョーの屋台骨

ドイツの自動車メーカー・BMWと共同開発したエンジンを搭載した308型。小型乗用車として開発され日本では2009年に発売されています。4段のオートマチックに代わり、シェアが世界一となるアイシン・エィ・ダブリュの製品を採用した6段オートマチックに部品の1部を改良するなど、発売から数年で90万台を超える台数が販売されています

5ドアがメインとなっている308型の基本モデル。生産拠点が武漢となる中国・東風プジョーで5ドアのモデルが生産され、308を基本にした308セダンも生産されています。新たに開発されたモジュールプラットホームを搭載した2代目308。初代より車両の重さが軽くなり、5速のマニュアルトランスミッションと6速マニュアルトランスミッション、6速オートマチックトランスミッションが製造されました。

2013年に、世界最大モーターショーで初のお目見えをしたプジョー・308は翌年、乗用車の中で最も優秀とされるヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞します。既にプジョーの柱となっている308型は、フロントグリルを含む外観や内装などが変更され8段オートマチックトランスミッションと呼ばれるEAT8が発売される様になります。

https://www.peugeot.co.jp/models/car-selector/peugeot-308.html(プジョー308)

国産車に引けを取らない

【名車】プジョー308マイナーチェンジ!特別仕様車はコスパ最強だが…

308型のポイント

ボディのデザイン性と車の内装に乗り心地、2つの高性能エンジン、安全性への拘りがポイントとなるプジョーの308型モデル。しなやかな走りに猫目と呼ばれるフロントフェイスが特徴で、プジョー308シリーズはディーゼルエンジンを搭載した車もあります。国産車に引けを取ることなく車に魅力を感じるプジョー・308。フランスでは国民車として量産されており、美しさと走りの力強さを兼ね備えています

新型308の外装

プジョーのエンブレムであるライオンをフロントの中央にあしらい、シンプルで縦長のデイタイムライトはライオンの爪をイメージします。車体の後尾に付いたテールランプは現行モデルより小さくなり、後部の車高ははこれまでの308より低く作られています。電気自動車モデルも新設される新型308は、空力性が上がったボディラインに滑らかな走りを魅せてくれます。

コンパクトモデルとのバランス

308シリーズの全長に120ミリメートルを足した新型308。室内空間が広くなり、全高を低くする事でスポーツカーの様なスタイルになっています。コンパクトモデルとなる208型とのバランスを取る為に車体の長さを伸ばし、車の心臓となるパワートレインに柔軟に対応出来る様になります。

3D が搭載される新型

操作性、視認性を高くする3Di Cockpitを搭載する308型の内装。デジタルメーターを3Dにする事で、運転に重要な情報を見やすくします。ディスプレイサイズを10インチに拡大する車載システムは、タッチ操作で各種の機能がコントロール出来るようになります。

気になるお値段

308ハッチバックは280万円代から360万円代、308SWワゴンは310万円代から390万円代となっているプジョーの308シリーズ。新型308は10万円程幅があるとみられています。スタート価格が300万円前後とされるモデルは、装備が充実される事で価格も現行モデルより高くなります

https://www.peugeot.co.jp/(プジョー 公式サイト)

ボディのコーティングを守るクリーナー

イオンポジテッドや水垢以外に車のボディに付着する鉄粉。原因はブレーキダストで、そのままにして置くと塗装している間に入りボディが錆びてしまいます。研磨剤無しのCarZootのクリーナーは、ボディに直接スプレーし洗い流すだけで鉄粉を取り除くことができます。

時代に合った懸架装置を設計しているプジョー。エアアンティークで大胆な顔をしている車種は206からとなり、創立200周年を迎えた年から新しいデザインが導入されています。新型となる308は、2021年後半に発表予定となっており、最新のデザインとパワートレインを採用するプジョーの主力モデルです。

上級車にランクアップし顔も変わるホンダ・アコード前のページ

アイデアに富んだロールスロイスの国際子どもデザインコンペで日本人が環境部門の最優秀賞を受賞次のページ

関連記事

  1. 記事

    三重県でデートするならどんなドライブコースがおすすめ?5選ピックアップ!

    紀伊半島の東側に位置する三重県は、太平洋に面して山や高原、静かな湖と…

  2. 未分類

    おすすめのヘッドライトコーティング

    皆さんが所有している自動車には様々なヘッドライトコーティング剤があり…

  3. 記事

    おすすめのアルミモールコーティング!ピカピカのアルミモールが復活!

    アルミモールには白サビが生じやすいため、適切なメンテナンスが必要です…

  4. 記事

    女性ドライバーにプレゼントするなら?おすすめのカー用品をご紹介

    女性へのプレゼント選びに悩んだ経験がある方は多いのではないでしょうか…

  5. 未分類

    3M ヘッドライト用クリア コーティング剤の評判は?Amazonの悪いレビューまとめ

    皆様が所有している車には様々なコーティング剤があり、どの商品を選べば…

  6. 記事

    意外と簡単にできてしまう自宅でアルミモールコーティング施工

    自慢の愛車をきれいに保つためには丁寧なお手入れが必須ですが、アルミモ…

新着記事の一覧

  1. 【注目】YouTubeスズキのおすすめチャンネルについて徹底…
  2. 【知ってた?】YouTubeマツダチャンネルのおすすめって何…
  3. 日本一のグループ数を持つSONYの電気自動車が公道で走行実験…
  4. 特設サイトも開設される3社共同のオートサロン
  5. 高級SUV車が推進される中で開発するトヨタセンチュリークロス…
  1. 記事

    忘年会の新スタイル「フードトラックナイトマーケット」とはどんなシステム?世界の「…
  2. 記事

    特殊な火事の際には科学者の研究で再発を防げ!
  3. 記事

    長野県でおススメの交通事故に強い弁護士事務所を紹介!事務所の選び方も紹介!
  4. 記事

    未体験ゾーンに突入だ!トヨタ ソアラの魅力を徹底解説!
  5. 記事

    ミッション車の坂道発進は大丈夫?しっかり復習しておこう!
PAGE TOP