プジョーのe-208は国内BセグEV市場をリードするのか?

   
 

フランスの自動車メーカーであるプジョー(Peugeot)が2019年に発表したEV(電気自動車)、「e-208」をご存知でしょうか?日本での発売は2020年7月とまだ半年も経っていないものの、インポートカーオブザイヤーも受賞するほど注目されています。今回はもしかするとe-208が国内Bセグ市場をリードできる可能性を秘めているのではという視点から紹介してみたいと思います。

208はモータースポーツでも主力

プジョー, 自動, 車, ロゴ, マスク, シンボル, 看板, スタンプ, エンブレム, 車両, ライオン

最初にBセグとはBセグメントの意味で、ヨーロッパを中心に使用されている乗用車の分類単位です。AセグからEセグ、そしてLセグが存在し、Aセグが日本における軽自動車やコパクトカーなどの小型車を意味し、Lに向かってサイズが大きくなっていきます。その中でBセグは激戦区とも言われており、Bセグをリードする車は注目度は高くなってきます。

「Allure」と「GT Line」

e-208は、2012年に発売が開始されたコンパクトカー「208」のEV版となります。グレードは、プジョーではお馴染みのAllure(アリュール)とスポーツタイプのGT Line(ジー・ティー・ライン)の2種類で、1.2L直列3気筒ターボ PureTechエンジンを搭載しています。全幅が1,745mmながら全長が4,095mmとコンパクトカーの中でも独特なサイズ感となっています。

ドライビングにおけるe-208

従来プジョーはボディ剛性が高く、猫足と呼ばれるような硬い道や雪道にも衝撃を吸収してくれたりバランスが良い乗り心地で知られていますが、e-208においてもそれは継承されています。さらにe-208においては、最大トルクが260Nmと国内EVを代表する日産のリーフの320Nm(40kWhモデル)より低くなっていますが、車重自体が200kg以上軽いため、重さを感じさせない走行性が特徴です。

加速や減速時においてもスムーズでブレーキの効きは強めながらも回生ブレーキがバランス良く、ADAS機能と呼ばれる追従型オートクルーズや車線維持アシスト、衝突軽減自動ブレーキも活躍幅は一般的なものよりは広いという印象があります。また、ICE(内燃機関)とEVの共通プラットフォーム化においてもパワートレインに応じて最適化されており、抜かりない姿勢が見れます。

充電面、その他におけるe-208

バッテリー容量は395V50kWhとなっており、普通充電だと8時間前後で150~180kmくらいの走行ができます。一方、急速充電では一般的な30分充電で約100km程度の走行が可能です。外国車ですがCHAdeMOに対応しているため、国内ほとんどのスタンドに対応できる点、そして継ぎ足し充電が大丈夫な点も魅力です。

その他の部分に注目すると、ラゲッジルームはある程度の容積はあるものの、乗員数や体格によっては最低限となるかも知れません。特徴的なのは、トグルスイッチを採用したエアコンやシートベンチレーションと3Dコクピットが醸し出す独特の雰囲気です。細かい部分では、USBポートが助手席側にも設置されているところも見逃せません。

おわりに

今回、e-208がBセグ市場をリードするかについて様々な角度からまとめてみました。ドライビングや充電設備などに比べるとインテリアなどは人によってとらえ方が変わってくるという印象がありましたので、今後、市場への浸透など販売から1年経つ頃などにもう一度振り返ってみるのも良いかもしれません。

EVでもタイヤは不変

EVでもガソリン車でも足元を支えるタイヤの役割は変わりません。これまでもこれからも頑張ってくれている愛車のタイヤをCarZootの「タイヤ ワックス 艶出し クリーナー コーティング ワックス」で労わってあげませんか。コーティング剤ですので、タイヤワックスでは表現できない美しい黒艶と保護耐久力が魅力的です。なお、タイヤのゴムを劣化させる成分は一切含まれていません。

カーテン付きの車は取り締まりの対象?佐賀県で検挙の件について前のページ

メルセデス・ベンツが『MBUXハイパースクリーン』をEQSに初設定します次のページ

関連記事

  1. 記事

    マツダアクセラスポーツからMAZDA3FASTBACKへ!グローバルに対応したMAZDA3FASTB…

    マツダのスポーツモデルとして人気を集めたアクセラスポーツは、現在では…

  2. 記事

    学校教育を支える公益財団法人日本自動車教育振興財団について紹介!

    高等学校を支援している財団があります。それが公益財団法人日本…

  3. デザイナーB

    理不尽なタクシーの乗車拒否は提訴できる?気になる情報をご紹介

    近年、タクシーが乗車拒否することによって、問題になるケースをよく見か…

  4. 記事

    自動車用バックミラーで国内シェア40%!車好きなら村上開明堂も知っておこう!

     皆さん村上開明堂という会社をご存じでしょうか。 あまり名前…

  5. 記事

    中国地方の自然がたっぷりの岡山県で2021年トレンドになりそうな道の駅を徹底解説!

    中国地方の中でも広大な敷地を誇るのが岡山県の特徴です。そんな岡山県を…

  6. 記事

    【くず餅の名産地】川崎市川崎区でおすすめのお得で使いやすい月極駐車場を詳しく紹介

    川崎市川崎区の名物といえば、100年以上の歴史を誇る和菓子のくず餅で…

新着記事の一覧

  1. 長野県でおすすめのカーセキュリティに強い又は専門に扱っている…
  2. 山梨県でおすすめのカーセキュリティに強い又は専門に扱っている…
  3. 福井県でおすすめのカーセキュリティに強い又は専門的に扱ってい…
  4. プロの運転から学べる?2021年これから伸びそうな車系You…
  5. 誰でも参考になる?2021年これから伸びそうな女性の車系Yo…
  1. 記事

    チューリッヒの自動車保険の特徴についてご紹介
  2. 記事

    車売却契約締結後キャンセルは可能?
  3. デザイナーB

    車で存分に音楽を楽しもう!パイオニア業界最小サイズの助手席用サブウーファー発売
  4. デザイナーB

    カーシャンプーってどんな役目を果たすの?そして、どんな効果があるか教えて
  5. 記事

    岩手県のおすすめ道の駅は?2021年に行きたい場所を紹介!
PAGE TOP