プジョーが新型308を世界初公開!2021年欧州発売との情報あり!

   
 

フランスのプジョーが2021年3月18日に新型の308を世界初公開しました!これまで気になっていた方もいたと思いますが、やっと公開されたわけです。

今回は、新型308の特徴を徹底解説します。プラットフォームやサイズ、そしてパワートレインなどの各種情報について詳しくお伝えします。

プジョーが新型308のスペックとは?新型車の情報に迫る!

プジョーの新型308のスペックについて明らかにします。果たしてどんな特徴があるのでしょうか?荷室情報も入ってきているのでご紹介します。

プラットフォームおよびサイズはこちら!

採用されているプラットフォームはプジョー最新の「EMP2」です。ボディサイズに関しては全長は4,367ミリであり、全幅は1,852ミリ、全高は1,441ミリでホイールベースは2,675ミリになります。先代と比較してホイールベースが55ミリも長くなっており、全長も11ミリ増えていることから、大型化が図られたことがわかります。一方で前項は20ミリ低くなっており、ワイド&ローのスポーティな印象が極めて強いデザインになりました。

パワートレイン情報をご紹介!

多くの方が気になるパワートレインについてもご紹介します。

ふたつのプラグインハイブリッド(PHEV)が用意されており、「HYBRID 225 e-EAT8」については180psのピュアテックガソリンエンジンに81kWの電気モーターをe-EAT8(8速AT)のギアボックスに組み合わせています。

もう一つの「HYBRID 180 e-EAT8」に関しては、150psのピュアテックガソリンエンジンに同じく81kWの電気モーターが組み合わされています。

どちらにも12.4kWhのリチウムイオンバッテリーが搭載されており、7.4kWのウォール型充電器では満充電まで1時間55分とのこと。1回の充電で走行可能距離は、HYBRID225が最大36マイル(約58km)、HYBRID180が最大37マイル(約60km)と報告されています。

ちなみにPHEVモデル以外も用意されており、1.2リッターピュアテック130+EAT8および1.5リッターBlueHDi130+EAT8とバリエーションも豊かです。

エクステエリアはどうなっている?

標準でLEDヘッドライトが採用されています。非常に堀の深いスリムなデザインであり、ブランドのトレードマークである縦型LEDデイタイムランニングライトも装備!

バンパーやディフューザー、ドアミラー、ホイールデザインにもこだわりを持って作られており、空力を考えたデザインが採用されている点にも注目です。ボディカラーにはオリビングリーン、ビアンカホワイト、クムルスグレーが用意されています。

荷室情報も明らかに!

荷室容量はVDA値で412リッターとのこと。さらに床下にはさらに28リッターの収納スペースが用意されている点にも注目でしょう。後部座席を倒すことで最大荷室容量は1,323リッターにまで広がります。

黒樹脂パーツを見事に復活させるお得なアイテムをご紹介!

車内の様々な部分に採用されている黒樹脂パーツですが、紫外線等によって劣化することも少なくありません。そのままの状態では問題が生じることもあるため、早めの対策が必要になります。

そこで活用してほしいのが、黒樹脂パーツのコーティング剤になります。黒い色合いを出すのはもちろんですが、各パーツを保護してくれるため定期的に使って欲しいところ。ただ、色々なメーカーから出ているので正直迷うところでしょう。

おすすめしたいのが「【CarZootプロ仕様】最新版 黒樹脂 完全復活コーティング 『今まで表現できなかった美しい艶と保護耐久力を実現』 樹脂パーツ 保護 未塗装パーツ 」です。極めて強い保護力を持ったアイテムであり、紫外線から各パーツをしっかり守り抜いてくれます。それでいてツヤ感も回復させてくれるすぐれものなのです。使い方については、マニュアルに記載されているので、そちらを確認した上で利用してみてください。

アマゾンで販売されており、価格は税込み1,521円になります。送料はかかりません。

車内のニオイの悩みがなくなる!?ケンウッドの低濃度オゾン発生器がすごい!前のページ

【環境】ルノーが使用済みEVバッテリーのリサイクルを強化へ次のページ

関連記事

  1. 記事

    熊本県で防犯意識を高めよう!カーセキュリティの専門店はどこ?

    熊本県に住んでいて、防犯対策を意識したことはないでしょうか。新型コロ…

  2. 記事

    車のバッテリーを交換するなら?値段の相場や店舗に依頼する際の注意点

    車のバッテリーが上がってしまった、あるいはバッテリーが弱ってきている…

  3. 記事

    360度の角度を撮影することが可能!ドライブワールドのドライブレコーダーをご紹介

    事故や煽り運転は運転する人にとっては起こり得る可能性のあることです。…

  4. 記事

    パートナーが名付け親になったルドルフ・ディーゼルの発明

    ガソリンエンジンと変わらない仕掛けがあるディーゼルエンジン。機会技術…

  5. 記事

    青森県の車で行けるコロナ対策がばっちりな除夜の鐘や初詣におすすめの神社 2選!

    青森県にある車で行けるコロナ対策をばっちりしてある除夜の鐘や初詣にお…

新着記事の一覧

  1. ドラレコの普及が加速 過半数が設置済みと回答。 安全運転を心…
  2. 大手メーカー「BASF」のウルトラミッド アドバンストにカー…
  3. コーンズが港区芝浦にランボルギーニの大型拠点開設!どんな会社…
  4. 2021年秋に販売?トヨタSUV「カローラクロス」
  5. 市場が拡大中!ドライビングシミュレーターの可能性
  1. 記事

    航空機だけじゃなかった!車でも発生するエコノミークラス症候群を徹底調査!
  2. 記事

    北海道からお引越し!おすすめの地元業者と利用者の声をご紹介
  3. 記事

    豊田自動織機が東京オートサロン2021で出展した車をご紹介!
  4. 記事

    日本自然保護大賞にダイハツ工業株式会社など8社が入賞!どんな内容で大賞になったの…
  5. 記事

    コロナショック!大手自動車メーカーによる派遣切りの実際を解説!
PAGE TOP