ブレーキフルード(ブレーキオイル)の交換時期や保管方法を徹底調査

   
 

クルマの運転で絶対に欠かせない「フットブレーキ」。

フットブレーキを動作させるのに重要な役割を果たしているのがブレーキフルード(ブレーキオイル)です。

クルマをメンテナンスする時に、ブレーキフルードはどれくらいの頻度で交換しているでしょうか。
・突然人が飛び出してきた。
・前のクルマが急ブレーキを踏んだ。
など突然止まらなければいけない時にブレーキの効きが悪いと、事故の原因になり大変危険です。
そもそも、ブレーキフルードとは何か、あまりよくわからないと言う方は少なくないと思います。
今回は、意外と知らないブレーキフルードについて紐解いていきましょう。

ブレーキフルード(ブレーキオイル)とは?

乗用車に用いられているフットブレーキは「油圧式ブレーキ」が一般的です。
油圧式ブレーキは、ドライバーがブレーキペダルを踏んだ時の力を油圧の働きで増幅させるサポートをしています。
これにより、踏み込む小さい力でクルマを止めることが可能になっています。

ブレーキフルードとは、「油圧式ブレーキ」で使用される作動油のこと。
フットブレーキを正常に動作させるために非常に重要な役割を果たしています。

【ブレーキフルードの種類】

ブレーキフルードの種類は主にグリコール系、シリコーン系、最後に、現在はあまり使用されていない鉱物油系の3種類。
乗用車に使われているグリコール系は、吸湿性が高く、湿気を吸収すると沸点が下がってしまう性質があります。

【オイルの規格】

オイルの規格は、アメリカにおける安全基準「FMVSS(連邦自動車安全基準)」で定められているDOT規格が広く知られています。日本工業規格ではJISが規定されており、DOT規格に準拠したものになっています。

種類ドライ沸点ウェット沸点
DOT3(JIS3種)BF-3(205℃以上)140℃以上
DOT4(JIS4種)BF-4(230℃以上)155℃以上
DOT5.1(JIS5種)BF-5(260℃以上)180℃以上

ブレーキをかけた時、ブレーキシステムでは大量の熱が発生するため、沸点が低いと、ブレーキフルードから気泡がでてしまい、圧力が伝達できなくなってしまいます。
モータースポーツで使用されるクルマは、過酷な使用条件のため沸点の高いフレードが使用されます。

ブレーキフルードは車検のサイクルで交換!

ブレーキフルードの寿命は、2~4年と言われています。
車検は2年ごとに受ける必要があるので、車検のタイミングで交換する。と決めておけば覚えやすいでしょう。

【なぜブレーキフルードの交換が必要なのか】

ブレーキオイルはエチレングリコールが主成分です。
エチレングリコールは空気中の水分を吸水する吸湿性という特性があるため、長期間使用していると水分をふくんで沸点が下がってしまい、オイルに空気が入りやすくなってしまいます。ブレーキオイルが漏れていたり、劣化してしまっていたりすると、ブレーキ力が伝わらなくなるので、ブレーキの利きが悪くなります。

【ブレーキフルードの保管方法は】

ブレーキフルードは開封後に長期間保管しておくと水分を含むと使用できなくなるため、できるだけ使い切ってしまうしかありません。
保管する場合は、ごみや水分は大敵のため、容器のキャップはしっかりと密閉する必要があります。

未開封の場合は、温度差の出ない冷暗所に保管をしておけば劣化はしません。
色が変わってしまうことがありますが、酸化防止剤などの添加剤によって変化しているため。性能などには変わりはありません。

万が一ブレーキが利かなくなることがあると、命にかかわります。安全なカーライフのためには、定期的なメンテナンスが必要です。

気になるクルマの臭いを撃退!
CarZoot車内コーティングシステム「ClearOne.mist」。

クルマに乗ったときに「あれ?クルマの臭いが気になるな」と思った経験は誰でもあるのではないでしょうか。
こまめに掃除をしていても、手の届かない場所の汚れから臭いが発生してしまうことがあります。

「そんなに頻繁に掃除をする時間がない」という方でも手軽に使用できるのが、
CarZoot 車内コーティングシステム「ClearOne.mist」。

ClearOne.mistは、消臭剤の匂いでごまかしません。
超音波を使って薬液をミスト状にして車内全体に行き渡らせることで、染み付いた匂いの原因やウイルスや菌を徹底的に分解する最新の車内コーティングシステムです。
品質も、国内で研究・開発・製造を行ったプロも使用する安心の品質。専用噴霧器、クリアワンミスト、USBリモコンケーブルが付属されているので、これひとつで簡単に車内の消臭が可能です。

avatar
車の購入日は覚えていますか!

パーツによっては交換時期を超えてるものがあるかもしれません!

沖縄で良質な輸入車を手に入れたい!沖縄の輸入車の特徴やおすすめの輸入車販売店を紹介前のページ

物流界の救世主!ダブル連結トラックの走行区間と駐車場事情を調査 次のページ

関連記事

  1. 記事

    おしゃれなカー用品の収納アイテムはどれ?選び方のポイントなど解説

    車は狭い空間なので、どうしても散らかってしまいます。車をきれいな状態…

  2. 記事

    憧れのカーポートを自宅に増設するには?

    夢のマイホームを手に入れたら”憧れのカーポート”も欲しくなりませんか…

  3. 記事

    等々力陸上競技場周辺でおすすめの駐車場を紹介!~川崎フロンターレ~

    閑静な住宅街が広がる、神奈川県等々力。そこにあるのが、サッカーの川崎…

  4. 記事

    フィアットが500・500Cの5速MT限定車を発売!レトロカー好きにはたまらない1台!

    フランスの老舗自動車メーカーフィアットはこの度、限定230台でフィア…

  5. 記事

    千葉県で必ず行きたい道の駅について!2020年度版をご紹介!

    道の駅をめぐるドライブはとても楽しく、多くの方がしているのではないで…

  6. 記事

    【大分県】車でGo !GoToキャンペーンでおすすめのスポット&宿をまとめてみた!

    「Go Toトラベルキャンペーンについて知りたい」「キャンペ…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    愛知県の安い代行運転業者おすすめ8選!
  2. 記事

    【東日本編】今後行われる予定のドライブインシアタターイベントを紹介!
  3. 記事

    海と触れ合える愛媛県をオートキャンプで楽しむ
  4. 記事

    駐車場選びで迷わないように!品川区でおすすめしたい駐車場3選!
  5. 記事

    愛知県のどえりゃー怖い心霊スポットを紹介!
PAGE TOP