フォーミュラEにてMINIのEVカーペースカーとして登場!

   
 

2021年4月14日電気自動車のF1・フォーミュラEにてminiのEVカーがペースカーとして実践デビューしたと発表されました。

今回はフォーミュラEのペースカーとして採用された車「MINIエレクトリック・ペースセッター」について紹介していきたいと思います。

電気自動車F1・フォーミュラEにて今回採用された「MINIエレクトリック・ペースセッター」ってどんな車なのか?どんな特徴をもっているのか?と疑問を持っている方に向けて解説していきます。

MINIエレクトリック・ペースセッターがペースメーカーとして採用!

それでは早速フォーミュラEでペースカーとして採用された「MINIエレクトリック・ペースセッター」について紹介していきます。

今回ペースカーとして採用された「MINIエレクトリック・ペースセッター」は市販の「MINIクーパー」をモデルとして設計されたレーシング用のセーフティカーです。

JCW(ジョン・クーパー・ワークス)からインスパイアされたデザイン性はとても可愛らしく、ポップな見た目をしていますが、そのデザインとは反対にとても高度な機能性を備えています。

この「MINIエレクトリック・ペースセッター」起用対してブランドの代表者は「自動車の電動化がユーザーにとって楽しく、より近未来を象徴するシンボルとして強調したい」という旨の思いを語っています。

MINIエレクトリック・ペースセッターの基本情報!

MINIエレクトリック・ペースセッターの最大出力は参考にしたクーパーSEをもとに184hpとなっており、最大トルクは28.5kgmとなっています。

0~100km/hの加速は6.7秒となっており、ベースのクーパーSEの7.3秒をしのぐ加速力を誇っています。

クーパーSEをモデルとしたMINIエレクトリック・ペースセッターは車両重量の軽量化にも成功しており、カーボンファイバー製の素材の採用や3Dプリントのパーツを採用することにより、130kgの軽量化を実現しています。

クーパーSEの車両重量は1360kgで今回ペースメーカーとして採用されたMINIエレクトリック・ペースセッターは1230kgとなります。

車両重量1230kg
最大出力184hp
最大トルク28.5kgm
0~100km/h6.7秒

MINIエレクトリック・ペースセッターの魅力をご紹介!

MINIエレクトリック・ペースセッターの基本的なスペックを知って頂着たところで、MINIエレクトリック・ペースセッターの魅力についてご紹介していきます。

モデルのクーパーSEに比べMINIエレクトリック・ペースセッターは様々な進化を遂げており、独自の魅力を備えた車となっております。

そんなMINIエレクトリック・ペースセッターの魅力について紹介していきます。

MINIエレクトリック・ペースセッターの魅力その①軽量化

上記にも少し紹介しましたが、MINIエレクトリック・ペースセッターはモデルのクーパーSEと比べて130kgの軽量化に成功しています。

キャビン内は後席を排除し、2シータの仕様となっており、後席部にはロールケージが張り巡らせています。

これにより軽量化とカーレースにとって必須な安全性が担保されており、ペースカーとして特化した機能性を実現しています。

ステアリングやディスプレイにもカーボンファイバーを使用するという徹底ぶりで細かな部分にまでも軽量化を実現するための工夫が施されています。

MINIエレクトリック・ペースセッターの魅力その①デザインと機能性

MINIエレクトリック・ペースセッターのデザインや機能性も魅力的でペースメーカーとして稼働していく為の工夫が施されています。

まずデザイン性ですが、ボディにはオレンジ・やレッドの色合いが採用されており、レッドのようないわゆる危険色といわれる色合いはセーフティーカーとしての安全性を象徴するものがあります。

またオレンジは五感刺激を象徴する色合いとして注意深さを意識させるだけでなく、楽しさや体感といったユーザー体験を意識させる色合いが採用されています。

軽量されたボディに加えてタイヤはレース仕様にミシュラン・パイロットスポーツを採用し、高性能なレーシングコイルオーバーサスペンションの搭載によって軽やかな走行を可能としています。

軽量化されたボディと走りを楽しくする内装が魅力的な車です。小さい所からでも綺麗したいと所望する方には以下の商品がおすすめです。

こちらの商品はディスプレイを綺麗に磨き上げることができ、尚且つガラスの面をコーティングしてくれる為、見た目の綺麗さを追求するだけでなく長持ちさせる面も期待できる商品になっています。

詳細は以下のリンクを参照してください。

おすすめの商品はこちら

まとめ

今回はフォーミュラEのペースカーとして採用された車「MINIエレクトリック・ペースセッター」について紹介していきました。

軽量化されたボディやセーフティーカーとしての務めを連想させるようなデザインが魅力的な車となっています。

MINIエレクトリック・ペースセッターの魅力が少しでも伝わり、フォーミュラEでの楽しみが読者の方にとって少しでも多くなれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アニメ「ガールズ&パンツァー」とキャンプグッズのコラボで生まれたグッズ!「CAMPER VOR」とは?前のページ

ZF 4Dフルレンジレーダーを開発!4次元で周囲の情報を認識、自動運転も可能に!次のページ

関連記事

  1. 記事

    トヨタ・イスト(ist)はヴィッツの体育会系!中古車価格の相場は?

    トヨタ・イスト(ist)はトヨタ自動車が製造・販売していたコンパクト…

  2. 記事

    自動車用バックミラーで国内シェア40%!車好きなら村上開明堂も知っておこう!

     皆さん村上開明堂という会社をご存じでしょうか。 あまり名前…

  3. 記事

    コロナ禍での出費はどう変化したのか?車のコロナ対策も併せてご紹介!

    あなたは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、以前よりも出費が増えてい…

  4. 記事

    北区(大阪市)でおすすめのセルフでできる洗車場をまとめて紹介!

    最近では洗車場もたくさん増えてきて、どこに行こうか迷っている方もいら…

  5. 記事

    圧倒的な上品さ‼︎ポルシェのパナメーラスポーツツーリスモとは?

    皆さんはどんな車が好きですか?車の生活が当たり前になっている…

  6. 記事

    【ダイハツ車で】2021年オンデマンド乗合送迎サービスのため五島市でトライアル

    「オンデマンド乗合送迎サービスについて詳しく知りたい。」「五…

新着記事の一覧

  1. 自然豊かな高知県を車とキャンプで満喫しよう
  2. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  3. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  4. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  5. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  1. 記事

    車内が快適に使える?最新のカー用品おすすめランキングTOP4!
  2. 記事

    【2021年】サウジアラビアの遊園地はどこがおすすめ?交通状況も解説
  3. 記事

    日野自動車が成果主義の評価・賃金制度を導入したことから今後の業界の流れを読む
  4. 記事

    自賠責保険料が4月から再び引き下げへ
  5. 記事

    車のコーティングとワックスのどちらがおすすめ?疑問を解消!
PAGE TOP