フォルクスワーゲンが新型EV「ID.4GTX」を発表!特徴やスペックを徹底解説

   
 

2021年4月28日、フォルクスワーゲンは新型の高性能電気自動車(EV)である「ID.4 GTX」をワールドプレミアしました。

ますます加速するEV市場において、ドイツ最大手のフォルクスワーゲンが投入する新型EVのID.4 GTXの実力はどれほどのものなのでしょうか?

特徴やスペックなど、わかっている限りの情報をお届けしたいと思います。

車名の「GTX」はEVのトップパフォーマンスモデルの証

ID.4 GTXは、フォルクスワーゲンの新世代EV「ID.」シリーズのSUV「ID. 4」をベースとした高性能モデルであり、ID.シリーズとしては初のスポーティEVとなります。

フォルクスワーゲンには、ガソリンエンジン車なら「GTI」、プラグインハイブリッド車(PHV)なら「GTE」という高性能モデルがパワーユニットごとに存在します。そして「GTX」は、フォルクスワーゲンのEVにおけるトップパフォーマンスモデルに位置付けられるという。そのためGTXは、パフォーマンスとデザインに重きを置いています。またID.4 GTXには高性能モデルの証として、専用エンブレム「GTX」が装着されます。

ID.4 GTXの特徴やスペック

フォルクスワーゲンのEVにおけるトップパフォーマンスモデルであるID.4 GTXの特徴やスペックについてお伝えします。

ID.4 GTXの特徴

ID.4 GTXのエクステリアデザインは、トップパフォーマンスEVらしさを実に表現しています。

フロントのデザインはEVのため、エアを取り入れえるフロントグリルはなくシンプルな仕上がりとなるため、物足りなさを感じさせてしまうかと思いきや、フロントのライトストリップがアクセントになり、バンパー内のデイタイムランニングライトを縦に3個配置し、フロント下段中央には大きなエアダクトを設定。このバンパーグリルのハニカムメッシュパターンは「ゴルフGTI」のようです。

リアデザインでは、3DのLEDテールライトが装備され、ブレーキランプはXパターンとなっています。ボディカラーではルーフとリアスポイラーをブラックに、ルーフフレームバーには光沢アンスラサイトで仕上げられています。

インテリアでは、赤いステッチの入ったシートがスポーティさを演出しています。さらにトップパフォーマンスモデルの証である「GTX」のロゴが、ステアリングホイール、シルパネルトリム、フロントシートの背もたれの上部と至るところに配置され、いやがおうでも目に入ってきます。そして、ダッシュボード上部とドアのレザーレットインサートには「X-Blue」のダークカラーが採用されています。

ID.4 GTXのスペック

ID.4 GTXは、トップパフォーマンスモデルとして誕生すべく、フォルクスワーゲングループの次世代プラットフォーム「MEB」を採用し、デュアルモーター4WDを搭載。ちなみにデュアルモーター4WDはID.4 GTXが初の採用EVとなります。

ID.4 GTXのパワーユニットは、ベースとなるID. 4のリアアクスルのモーターにプラスしてフロントアクスルにもモーターを搭載することでデュアルモーター4WDを実現。デュアルモーターの合計最高出力は299HPを発生させます。

前後輪それぞれにモーターを配置するデュアルモーター4WDのID.4 GTXは、4輪すべてに無駄なくトラクションをかけることが可能となり、0~100km/h加速は6.2秒を達成。最高時速は180km/hですが、これはリミッターによるものでリミッターが無ければさらに出るでしょう。

ID.4 GTXは、通常はリアモーターのみで走行し、強力なトラクションが必要となれば、瞬時にフロントモーターが作動し4WDとなります。また、走行モードの「トラクション」を選択すれば、常時4WDにすることも可能です。

ID.4GTXのワールドプレミアが行われたドイツ・ベルリンのテンペルホーフ空港には特設コースが設けられ、ID.4 GTXはそこで37.5%の傾斜を登るというパフォーマンスも披露しました。

ヒストリックカーイベントの「奥日光つづじツーリング」コロナ対策を実施して開催前のページ

軽井沢・プリンスショッピングプラザにワーケーション施設。7月にオープン予定!次のページ

関連記事

  1. 記事

    ダムド初の公式ファン感謝祭が開催!ダイハツ『タフト』用の新作エアロキット「Little D.」と「8…

    高品質かつ個性的なエアロパーツの販売を行っているのがダムドです。クル…

  2. 記事

    三菱ふそう「EV小型トラック eキャンター」世界納車台数200台超え!走行距離は300万km以上に到…

    三菱ふそう「EV小型トラック eキャンター」の世界納車台数が200台…

  3. 記事

    埼玉県鴻巣市に!あいおいニッセイ同和損保が寄付した理由とは?

    自動車保険などでおなじみのあいおいニッセイ同和損保ですが、免許センタ…

  4. 記事

    東京オートサロン2021でのダンロップFALKENバーチャルブースが凄い!必見のブース!

    東京オートサロン2021は、コロナウイルス感染拡大の影響を受け、オン…

  5. 記事

    【2021年最新版】会社帰りに鍛えよう!大分県でおすすめのパーソナルジムを紹介

    車や自転車で通うことができると、パーソナルジムの運動は長く続きます。…

  6. 記事

    【2021年版】徳島県の警察・消防署・交通に関するイベントはどうなっている?

    新型コロナウィルスの影響で大きなイベントが中止になることが多くありま…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    栃木県の山菜採りツアーなら「ネイチャープラネット」一体どんな内容なの?
  2. 未分類

    【車好き必見】おすすめのヘッドライトクリーナーはこれで決まり!
  3. 記事

    置き配でのトラブル多発中!どうすれば防げるのか?徹底解説!
  4. 記事

    【2021年最新】グアムを味わい尽くす!贅沢ドライブのすすめとは?
  5. 記事

    三菱ふそう「EV小型トラック eキャンター」世界納車台数200台超え!走行距離は…
PAGE TOP