フェラーリがオモロガータを発表!価格は?

   
 

フェラーリは2020年9月25日、イタリア本国でワンオフモデルの『オモロガータ』(Ferrari Omologata)を発表しました。
フェラーリとしては10台目となるワンオフモデルの発表です。
今回は『オモロガータ』を紹介します。

オモロガータの性能は?どんなクルマ?

※画像の車両はオモロガータとは異なります

オモロガータの性能は?

オモロガータの走行の性能は世界でも屈指のものを備えています。
0~100km/hの加速は2,9秒。最高速は340km/hを超えるという高性能。

これは最大出力は800ps/8500rpm、最大トルクは73,2kgm/7000rpmを引き出す6.5リットルのV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンをフロントミッドシップに搭載していることに起因します。

カラーリングは?

アルミ製のボディのカラーは3層の『ロッソマグマ』と呼ばれるカラーリングで、暗いカーボンファイバー仕上げに組み合わされており非常にアダルトな印象を与える仕上がりとなっています。
ブラックを基調としている室内のシートはレザーと「Jeans Aunde」と呼ばれるファブリックを組み合わせたエレクトリックブルーで美しく演出。
赤い車体とブルーのシートが合わさり全体の雰囲気も非常に落ち着いたものになっています。

オモロガータの価格は?

プロジェクトが開始され、最初のスケッチから完成までに2年もの年月を要したという『オモロガータ』ですが、2020年9月30日現在、価格は公表されていません
新しく誕生したフェラーリがどのくらいの価格で提供されるのか、多くの人びとが注目しています。

フェラーリの歴史

今回はフェラーリの10台目となるワンオフモデル『オモロガータ』についてお話ししました。

フェラーリが最初に登場したのは1947年。
創始者であるエンツォ・フェラーリが設立したフェラーリ社から、同年にレーシングスポーツ「125S」が販売されたのが初出です。
70年を超える長い歴史を誇るフェラーリはどのように変遷してきたのでしょうか?

「125S」の生産を皮切りに
1950年の「212ヴィニャーレ」
1951年の「340アメリカ」
1952年の「340メキシコ」
と順調に販売車両を増やしていきました。

1950年代初期には「暑い」「うるさい」「乗り心地が悪い」「故障が多い」などといったクレームも多く発生しました。
しかしその後、品質や機能性を徐々に高めていきどんどん高い評価を獲得していきました。
機能性を重視すると価格はどうしても高くなりますので、当時も今と同じように購入層が限られる高級車であったことは変わらないようです。

経営危機を原因として、1969年からはフィアットの傘下に入っていました。
しかし、2015年10月21日にはニューヨーク証券取引所への上場を果たし、結果としてフィアットから独立しました。

今後、フェラーリがどのような発展を見せてくれるのか、楽しみにしたいです。

最後に

CarZoot社の販売しているコーティング剤『育艶-IKUTSUYA-』は、施工を繰り返せば繰り返すほどに車体の輝きが増す育てるコーティング剤です。
施工は簡単なのですが、その効果は非常に高くプロが実店舗でも使用されるほど。
展示車両やモーターショーで見られるような車両と同様の輝きを放つ車両に仕上がります。
さらに帯電防止成分が配合されているため、その後ホコリをまとわないのもこの商品が高い評価を得ている理由でしょう。
価格も手ごろですので、ぜひ手に取って試してみてください。
『育艶-IKUTSUYA-』を根気よく使用し続けることで、フェラーリのような高級車と同質の美しい自動車に仕上げることが出来ます。

中国 英利グループヤマハサウンド搭載決定へ!前のページ

トミカが「GJ!はたらくのりもの百景」を発売! 次のページ

関連記事

  1. 記事

    鳥取県の元気をもらえるパワースポットまとめて紹介!

    自粛ばかりでどこにも出掛けられず、鬱々とした気持ちになっていませんか…

  2. 記事

    【知らなきゃヤバい】エンジンルームの洗浄方法と注意点を徹底解説

    「エンジンルームって自分で洗浄できるのか知りたい。」「エンジ…

  3. デザイナーB

    DSオートモビルの起源と社長について紹介

    DSオートモビルという車のブランドを知ってますか。プジョーや…

  4. 記事

    ボッシュとBASFが合弁会社設立!?それぞれの会社やスマート農業について解説!

    「ボッシュとBASFはなんで合弁会社を新設するの?」「最近話題になっ…

  5. 記事

    マスターバックって何?仕組みやどのような時に使用するのかを解説!

    車の調子がおかしい時に修理に出すと聞きなれない言葉を聞くこともありま…

  6. 記事

    任意保険をロードサービス観点から選ぶ!おすすめポイントはこちら!

    自動車の維持費の一つに「任意保険の加入」があります。今回はその任意保…

新着記事の一覧

  1. [2021]車中泊におすすめな燃費の良い車種をご紹介!
  2. 【2021年最新版】車中泊におすすめ車種をご紹介!
  3. 【2021】おすすめしたい車中泊に便利な電気毛布をご紹介!
  4. 車中泊で快適に過ごせる最新断熱マットやシートをご紹介 !
  5. トヨタが2022年に超小型「シーポッド」を限定販売!シーポッ…
  1. 記事

    トミカが発売する商品がすごい?「宇部興産ダブルストレーラー」のスペックとは!
  2. 記事

    世界のセレブに愛されるロールスロイス 
  3. 記事

    駐車違反を無視したらどうなるの?
  4. 記事

    ホンダのビートは画期的な車だった!
  5. 記事

    【日本中が衝撃!】コロナ窩でありながら新車販売実績が最高記録を更新!その理由とは…
PAGE TOP