フィスカー社が次世代EVをシャープ親会社と共同開発する!その内容とは? 

   
 

2月24日にヘンリック・フィスカー氏が代表と務める「フィスカー」がフォックスコン・テクノロジー・グループとの提携締結で次世代EVの開発・生産プロジェクトに協力することを発表しました。

今回はこの内容について、解説していくことにします。

フィスカー社とフォックスコン・テクノロジー・グループの提携

今回、フィスカー社が提携する相手は、シャープの親会社としても知られているフォックスコン・テクノロジー・グループ(鴻海科技集団)

フォックスコン・テクノロジー・グループは台湾を本拠地に、アップルe社のiPhoneの生産を請け負っている企業でもあるのですが、今回の提携は「パーソナル・エレクトリック・オートモーティブ・レボリューション(PEAR)」というプロジェクトを立ち上げることになっています。

両社が共同で新しいセグメントの次世代EVを共同開発することになるのですが、この車はフィスカーにとって「オーシャン」に続くフィスカーブランドの第2EVになる予定です。

生産開始は2023年第4四半期から

共同開発の次世代EVはフォックスコン・テクノロジー・グループが生産することになっていますが、生産開始は2023年第4四半期(10~12月)からの予定。

年間25万台以上の生産を目指し、北米・ヨーロッパ・中国・インドを含むグローバル市場に投入される計画です。

フィスカー社という企業

高級EVの生産メーカーとしてはテスラ・モーターズ社が世界的に有名ですが、以前はEV市場でテスラは必ずもトップのワンベンダーではありませんでした。

競合相手としてフィスカー・オートモーティブ社あり、当時はアメリカの高級EVメーカーとしてテスラとフィスカーがマーケットを2分するほどだったのです。

しかし、この数年の中でフィスカー社の名を耳にすることが皆無といっても過言ではありませんでした。

フィスカー・カルマ

その中でフィスカー社が開発し自ら生産した車が「カルマ」でした。

アルミ素材が多く用いられて、1台10万ドル(日本円換算で当時約800万円程度)の高級PHV車として誕生したのです。

販売開始はアメリカで2011年、欧州で2012年、日本での販売はありませんでした。

ここで、”技術のテスラVSデザインのフィスカー”の構図ができ上がり、世界から注目を集めたのです。

アストンマーチンの有名デザイナーだった創立者

このような構図ができあがったのも、フィスカー創立者・ヘンリック・フィスカー氏は、元々アストンマーチンの有名な自動車デザイナーだったらです。

そのためにカルマはデザイン重視で設計されて外装・内装デザインが高く評価されたのです。

そかし、高級EVでありながら、燃費はトヨタのプリウスと同じレベルで性能はそんなに高くはありませんでした。

その後のトラブル

しかし、発売して間もなくカルマ2台が炎上。

1400台ものリコールを余儀なくされ、さらにアメリカの襲ったハリケーンで水没したカルマも炎上し爆発したトラブルが発生しました。

その結果、フィスカー・オートモーティブは経営に行き詰り、2013年に経営破たんをしたのです。

再スタート

その後、2014年に中国企業によって資産落札された同社は、「ザ・ニュー・フィスカー」として再出発。

新たなモデルとして、新型EV「オーシャン」の量産モデルが発売されることになりました。

オーシャンは、電動SUVでバッテリー蓄電容量が標準仕様で80kWh。

最上位グレードでは、1回の充電で最大300マイル(約483km)を走行できる性能を持っています。

オーシャンの駆動方式は4WDで前後アクスルにモーターを搭載し、アメリカでの価格は37,499ドル(約388万円)と以前のフィスカーモデルと比べて、非常の安価な価格を実現したのです。

そのために復活後の第2弾となる今回の共同プロジェクトも、大いに期待が寄せられるところなのです。

CarZoot 車シートクリーナー消臭剤

CarZoot 車シートクリーナー消臭剤は、車のシートに染み付いたタバコ臭・ペットのニオイ・嘔吐臭やアンモニア臭まで徹底的に分解する消臭剤です。

無香料タイプで使用した後でも芳香剤のような匂いが残らず、車内の空気をクリーンに保つことができます。

タイムズカーがカーシェア料金を4/1から改定! その後はどのように変わるか?前のページ

4月開催のジャパンキャンピングカーショー、注目情報次のページ

関連記事

  1. 記事

    【7218田中精密工業】ホンダ 系の自動車部品製造2020年決算報告

    「【7218田中精密工業】ホンダ 系の自動車部品製造2020年決算報…

  2. 記事

    レッカー車の種類や機能は?レッカー車の免許や交通ルールも含めて紹介

    車の故障や事故でレッカー車にお世話になったという経験がある人は少なく…

  3. 記事

    【香川県】おすすめ初日の出のスポットを紹介

    年明けになり、家族で初日の出を見に行く方も多いかもしれません。…

  4. 記事

    海外旅行の定番!シンガポールの最新渡航&交通事情をご紹介

    新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、まだまだ海外旅行は難しい日々が…

  5. 記事

    スマートの人気車種「スマート・フォーイーズ」に注目!スマートの歴史と人気車種を紹介!

    スマートは、創業から14年間赤字という歴史があります。決して順風満帆…

  6. 記事

    コンゴ民主共和国の交通状況は?2021年に観光で楽しめる公園紹介

    みなさんは、コンゴ民主共和国への旅行を考えていませんか?コン…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    三重県でいちご狩りするなら「愛成ベリー」や「トリックスいちご園」がおすすめ!駐車…
  2. 記事

    車のヘッドライトの特徴知ってる?遠目をきちんと活用しよう!
  3. デザイナーB

    保養地として申し分ない車で行く静岡県の足湯と日帰り温泉
  4. 記事

    勝手に操作してくれる?トヨタのセーフティセンスとは?
  5. 記事

    普通自動車免許で乗れるバイクって何㏄まで?原付だけ?
PAGE TOP