ビートルが大活躍!新ラブバッグ/ハービー絶対絶命!

   
 

フォルクスワーゲンが生み出した、丸っこくて愛らしい、昔から大勢の方に親しまれてきた車があります。それがビートルです。

最近ですと、「名探偵コナン」の阿笠博士が愛用していることが有名でしょうか。

今回は、このビートルが意志を持ち悪に立ち向かう「新ラブバッグ/ハービー絶対絶命!」を、ビートルの歴史を交えながらご紹介致しますので、最後までご覧になって頂けると幸いです。

ビートルとは

元々は「ナチスドイツ」が国民車として構想したものでした。それを基に、フェルディナント・ポルシェらが設計し、1938年にオリジナルのモデルを完成させたのが始まりです。

量産が実際に開始されたのは1945年でした。主に「人民の車」として売り込まれていましたが、形がカブトムシに良く似ていたことから「ビートル」の愛称で広く知られることとなりました。

1950年代前半には、コンバーチブルモデルの生産も開始され、その後、1970年代後半までには、計30万台以上ものコンバーチブルモデルが生産されることとなります。

ラブ・バッグ

1968年、ディズニー映画である「ラブ・バッグ」が公開され、ビートルの知名度は更に高まりました。意志を持つ車「ハービー」が織りなすストーリーには、多くの人が魅了され、今回紹介する作品は、その第6作目にあたります。

ちなみに、翌年には「ザ・ビートルズ」がリリースしたアルバム「アビーロード」のジャケット写真にもビートルが採用されています。

1972年には、累計生産台数が1500万7034台になり、それまでトップだった「T型フォード」を抜き、世界で最も多く生産された自動車となりました。

そして、去る2019年7月、多くのファンに惜しまれつつも、ビートルの歴史に幕が下ろされることとなったのです。

あらすじ

意志を持つ車、「ハービー」はスクラップ寸前のところを主人公「ハンク」に助けられます。ハンクによって救われたことに恩を感じたハービーは、ハンクと別れた元恋人である「アレックス」との恋を、もう一度実らせてあげようと、彼に様々な協力をしてあげます。

ハンク自身は、ハービーの能力を理解出来てはいませんでしたが、彼のレーサー時代のライバル「サイモン・ムーア3世」はハービーのレースカーとしてのポテンシャルを見出してしまいます。

なんとかハービーを説得しようとしますが上手くいかず、代わりに新しい車を製作しようと考えました。

ハービーの製作者を探し出し、強引にハービーと同様の製作手順にて車を生み出させた結果、「ホレイス=ザ・ヘイト・バグ」が誕生します。しかし、ホレイスはハービーとは違い、邪悪な存在でした。

その後、ホレイスとムーアの助手は、町でハービーを見つけ出し、バラバラにしてしまいます。

ハービーを失ったハンクは、深い悲しみの底に沈んでしまいました。そんな時、話を聞きつけたハービーのかつての親友「ジム・ダグラス」が現れ、ハービーの復活に力を貸してくれます。

無事復活したハービーは、みんなの想いを載せ、ホレイスと最後のストリートレースに挑みます。果たして、ハービーは勝つことが出来るのでしょうか?

1作目と似た内容でありつつも、ハービー誕生のプロセスが明らかにされることもあり、ファンならずとも必見の一作になっています。良かったら是非一度ご覧になってみてください。

今回は、ビートルを題材とした映画のご紹介でした。ハービーとホレイスのストリートレースは手に汗握るに違いありません。

そして、レースと言えば、車の性能やドライバーの腕は勿論ですが、タイヤの性能や状態も大きく影響します。又、タイヤの性能はレースだけではなく、普段の走行においても非常に重要であり、メンテンナンスを怠ると痛い目を見てしまうケースが多いと言っても過言ではありません。

CarZoot タイヤ ワックス 艶出し クリーナー コーティング ワックス 車

そんな時に役に立つのがこちらの製品です。安心の日本製であるCarZootの製品であり、タイヤ専用コーティング剤です。

タイヤ本来の黒さを復元し、劣化を防ぐ保護成分によって高い耐久性を実現します。専用スポンジが付属し、誰でも簡単に施工することが出来ます。又、雨などでタイヤが汚れた際にも、液剤が流れてしまうことなく、長期間の効果を実感することが出来ます。

見た目的にも、足元が綺麗ですと車の印象もガラっと変わりますので、洗車の際に使用することにより、愛車が更に美しく見えることでしょう。

是非一度、試してみてはいかがでしょうか?

30スカイラインが懐かしい!首都高速トライアル前のページ

及川光博や竹内涼真が活躍!スーパーヒーロー対戦GP仮面ライダー3号!次のページ

関連記事

  1. 記事

    ReVisionモビリティサミット開催!モビリティビジネスを新たな視点から

    ReVisionモビリティサミットが開催され、モビリティビジネスを新…

  2. 記事

    箱根駅伝の白バイ先導はどういう人がやってるの?管轄はどこの警察署?

    箱根駅伝は、伝統のある恒例行事となっています。箱根駅伝を家族で楽しみ…

  3. 記事

    ヘッドライトレべライザーって何?使い方も紹介!

    最近、ハイビームでもないのに対向車のヘッドライトが眩しいと思ったこと…

  4. デザイナーB

    【Go To Eatでお店に貢献】鳥取県内で評価が高いおすすめのお店をご紹介

    コロナ下の経済対策として、Go To トラベルキャンペーンに続き、2…

  5. 記事

    【2021オススメ】山梨県で車のコーティングをするならここだ!

    新車を納車したら、ずっと綺麗に使うためにはどうすればいいか疑問に思う…

  6. 記事

    新型エクストレイルの最新情報!絶対に買うべき1台!

    日産の人気SUV、「エクストレイル」。2021年にも4代目が発表され…

新着記事の一覧

  1. 【2021年版】新潟県警が行う交通イベントをご紹介!オレンジ…
  2. 【2021年版】神奈川県で行われている交通イベントをご紹介!…
  3. 【2021年版】東京都の交通イベント!高齢者向け講習・シュミ…
  4. 【2021年】千葉県の交通イベントの取り組みをご紹介!キラリ…
  5. 【2021年版】埼玉県で行われる警察による交通イベントをご紹…
  1. 記事

    高齢者の交通事故は増えている?過去10年の事故件数を徹底調査!
  2. 記事

    【コロナ対策が万全】宮崎県でおすすめのタクシー会社で安心!
  3. 記事

    無駄がない!トヨタの生産体制のメリットに迫ってみた!
  4. 記事

    【ブラック・ドッグ】今は亡き『パトリック・スウェイジ』による大型トレーラーカーア…
  5. 記事

    大雪時の立ち往生の原因とは?そんな時の対処法を紹介!
PAGE TOP