パナソニックのワイヤレス・スマホ充電器をクラウンに採用が決定。その理由を徹底解説。 

   
 

あなたはクラウンの上質な乗り心地を体験したことがありますか?クラウンといえば、父親世代が乗るイメージが強いです。経済性と燃費を重視する世代にとってはオヤジ臭いイメージがありますが、クラウンはトヨタブランドを支えてきた代表車種でもあります。

今回はそのクラウンが、車内空間にワイヤレス充電器を搭載することになりました。その理由や経緯を徹底解説します。

ワイヤレス充電器が採用された経緯

ワイヤレス充電器本体の小型化・軽量化が実現されたことにより、車内空間のデザイン性を高めることが可能になります。従来の方式ではカーチャージャーを使ってシガーソケットのUSBから充電器に繋いでいました。

スマホの位置が、線を伝ってシフトレバーの手前に置いてあったり、サイドシートに置いてあったり、不便な面もあったと思います。これをワイヤレスで小型化することによって、ストレスなく充電することが可能になります。

ロングドライブを楽しむための必須ツール

クラウンの走りのテーマとして、いかに快適にロングドライブを楽しめるかがあります。目的地に着いた時、スマホの電池が切れていたとあっては楽しめるものも楽しめません。快適にロングドライブと充電を実現できることは、クラウンとしては妥協できないポイントでした。

ワイヤレス充電器の規格Qiとは?

クラウンのワイヤレス充電器の規格は、多様なスマートフォンに対応し、安全な充電環境を確保するワイヤレス充電共通規格「Qi」が対応する予定になっています。

Qi(チー)は、ワイヤレス充電や無線給電、非接触給電とも呼ばれています。ケーブルを接続することなくスマートフォンなどを充電できる規格です。これまで対応機種が少ないことがネックでいまいち普及が進みませんでした。


しかし、iPhone 8やiPhone XがQiに対応したことで、最近一気に広まっています。ワイヤレス充電は、ただ置くだけで充電できる手軽さが想像以上に受けています。

ワイヤレス充電の最大の特徴

充電器のコイルが位置合わせを行うことで、低い熱損失、高い充電効率を維持することができます。自動的に位置を合わせてくれるので、位置がズレて充電でじきていなかったというトラブルもありません。

また幅広い形状のスマートフォンに対応できますスマートフォンを充電トレイに置くだけで、ムービングコイルが最適充電位置に移動して充電を開始します。

Carzootのスマホ専用ディスプレイコーティングを紹介

いかがでしたでしょうか?今回はパナソニックのワイヤレス・スマホ充電器をクラウンに採用が決定。その理由を徹底解説しました。ワイヤレス充電だと寝落ちしそうな時もいちいちケーブルを抜き差しする必要はないので、サッと置いて眠りにつくことができます。

ケーブルを抜き差しする行為が、いずれは緑色の電話ボックスと同じくらい過去の遺物になってしまう日もそう遠くはないのかもしれません。クラウンだけでなく他のトヨタの車種にも今後は標準装備されてもおかしくはありません。

さてスマホといえば、使いすぎて画面にひび割れが入ってしまった経験をした人はいるでしょう。スマホケースで保護していれば大抵の衝撃に耐えられますが、それでも不安な人は、Carzootのスマホ専用ディスプレイコーティングをおすすめします。

このCarzootのスマホ専用ディスプレイコーティングはスマホ画面に塗るだけで硬度9Hのガラス被膜を形成し液晶画面の割れ防止・キズから保護します。使い方がとっても簡単です。写真付きのマニュアルが付属で約20分で誰でも簡単に施行できます。

Ipadなどは画面を修理するだけで7万近く修理費用がかさんでしまう場合があります。そうなるまえにしっかりコーティングして思わぬトラブルにそなえましょう。購入価格も2000円ですから、かなりお得にコーティンができます。

【コロナ禍での救世主】トムスが車の室内に特化した除菌・抗菌の施工サービス「クリーンコーティング」を紹介 前のページ

【米セブリング1000マイルを中止】WEC初戦の開催国と日程を変更4月4日ポルトガルで開幕。WECの歴史について解説。次のページ

関連記事

  1. デザイナーB

    スポーツしよう!鹿児島県の商業施設に併設されたフットサルコートを紹介!

    スポーツの秋を迎えました。フットサルが趣味で定期的に仲間たち…

  2. 記事

    岩手県で輸入車を買うならここに行こう!品質も価格もバッチリ!

    広大な広さと豊かな自然が魅力の県、岩手県。そんな岩手県を高級輸入車で…

  3. 記事

    今大人気のSUV!マツダ フレアクロスオーバーの魅力を徹底解説!ソロキャンプにもおすすめ!

    あなたは「マツダ フレアクロスオーバー」という車をご存知でしょうか?…

  4. 記事

    日本製麻(3306)が新しく始めた事業とは!?その真相に迫る!!

    日本製麻株式会社が最近力を入れている事業って何なの!?日本製麻の株価…

  5. 記事

    【三重県】良質な輸入車が安く購入できる店舗まとめ!

    三重県で良質な輸入車を少しでも安く手に入れたい、と考えている方も多い…

  6. 記事

    宮崎県で交通祈願におすすめ!お守りと神社2選を紹介!

    車を運転する方は、安全第一を心掛けて運転しているでしょう。神…

新着記事の一覧

  1. 【2021年最新版】アンドロイドスマホのがっちりホルダー
  2. 【2021年最新版】iPhoneユーザーにおすすめスマートフ…
  3. 【54番目】伏見(ふしみ)の歴史や見どころを紹介!
  4. DS4 が3年ぶりに復活、新型は電動モデルを設定 欧州発表
  5. カーオーディオの疑問 サブウーファーが再生する音ってどんな音…
  1. 記事

    夏こそ洗車をしよう!夏に行いたい車のメンテナンスを紹介します!
  2. 記事

    アウディS8が改良新発売!どんな車なのか徹底解説!
  3. 記事

    自動車保険の年齢条件って何だろう?保険料はこの条件でどのように変わるのか解説
  4. 記事

    【ナンバープレート】を掘りさげてみた!
  5. 記事

    インド生まれのスズキのハッチバック!スズキ『バレーノ』は日本ではなぜ売れなかった…
PAGE TOP