バックモニターの歴史を調べてみた!絶対に必要なバックモニター!

   
 

自動車を運転していて、「バック駐車が苦手なの、」という声はよく聞くお悩みです。特にカーナビなどが普及する前は、バックモニターなどはありませんでしたので、初心者ドライバーには、バック駐車は至難の業だったでしょう。そこで、今回は、自動車のバックモニターについて色々とご紹介していきます。

バックモニターが導入されたのは大型バスなどから!

バックモニターが導入され始めたのは、実は「大型バスやトラック」からなのです。よく考えてみれば、普通乗用車ではあまりバック時に視界の狭さは気になりませんが、大型バスやトラックにおいては、「後方が全く見えない」というのは非常に危ない事です。

大型バスやトラックのバック中での事故も後を絶えなかったのです。バックモニターの普及で、段々と衝突事故も減ってきて、近年では、当たり前のように、普通乗用車にも取り付けられるようになりました。

バックモニターが普及する理由とは?

バックモニターは、どうしてこんなに普及しているのでしょうか?それはやはり事故を防ぐためです。またここ近年では1万円程度でバックモニターを付ける事も可能になりましたので、かなり普及率は上がってきているようです。カーナビを付ける方の約半数はバックモニターも同時に購入されることが多いです。

カーナビ用のモニターがあれば、バックカメラ自体の取り付けは簡単なので、この機会につけてみたいと考えられる方は、是非とも検討してみられてはいかがでしょうか?また、既に乗られている車へのバックモニターの取り付けも簡単に出来ますので、お近くのカーショップへ行ってみましょう。

アメリカでは2018年からバックモニターの装備が義務化された!

さらに、アメリカではバックモニターの取り付けが2018年から義務化されています。つまり、2018年以降に販売されている車にはバックモニターが必ず付いているのです。日本でも2016年から盛んに議論が繰り返され、近年中にもバックモニターの装着が義務化されていくかもしれません。

自動車の後方がはっきりと見えるようになると、高齢者の方の運転も安全になっていくでしょう。

もしもの事故に備えてCarZoot社の硬化型ガラスコーティング剤 『G’zero』プレミアムセット A-01を使っておけば安心!

というわけで、今回は自動車のバックモニターの歴史や今後の展開についてご紹介してきました。バックモニターが無いのが当たり前だった時代から、この数年で劇的に普及率は変わっていると思われます。

さらに、全ての車への取り付け義務がされると、もっと多くの衝突事故を減らせるようになるでしょう。そして、今回私はCarZoot社の硬化型ガラスコーティング剤 『G’zero』プレミアムセット A-01を使っておかれることをおすすめしたいのです。こちらの商品はアマゾンの新商品ランキングで1位になった事もあるコーティング剤で、大変おすすめです。簡単に商品の特徴をまとめてみましたので、見ていきましょう。

・プロが実際に工場で使っているコーティング剤と同じ成分なので、プロ並みのガラスコーティングを得ることが出来る

・下地処理からコーティングまでに必要な道具が全てパッケージ化されているので、商品が届いたその日から、コーティングが出来る

・初心者でも簡単な4つの作業をこなすだけで、ムラの無い綺麗なコーティングを得ることが出来る

・専門の業者に依頼すると10万円はかかるコーティング代が、たったの3,980円で済んでしまう

このように、素晴らしい内容の商品になります。私も愛車のコーティングはこちらの商品を使っていますが、強固なコーティングが出来るので非常に気に入っています。あなたもバックモニターを買われるついでに、コーティングをしてみられてはいかがでしょうか?

avatar
パーツの歴史を調べると意外と楽しいかも!

時代がどんどん変わりますね!

冬の北海道のドライブなら断然カーフェリーがおすすめ!前のページ

タクシー会社はどのようなコロナ対策をしているの?宮城県のタクシー会社を紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    昔の信号機はこれだった!現代までの歴史と一緒に紹介

    日本では道路を円滑に、そして安全を守る役目として信号が設置されていま…

  2. 記事

    ドライブも楽しめちゃう!車で行ける青森のおすすめドッグランをご紹介!

    ワンコはいつまでもステイホームしているわけには行きませんよね。散歩を…

  3. 記事

    外出解禁になった今ドライブで行きたい!鳥取県のインスタ映えスポット3選!

    鳥取県に住んでいる人も県外の人も楽しめるインスタ映えスポットをご紹介…

  4. 記事

    三密に注意!クルマを走らせキャンプに行こう!福島でおススメキャンプ場2選

    緊急事態宣言が終息し、GOTOキャンペーンがはじまったけれど、患者数…

  5. 記事

    車好きが楽めるキャンプ!今流行りの軽トラでキャンピングカーを作る方法を紹介

    コロナの影響で人気が高まっているのキャンプ!しかし初心者には…

  6. 記事

    秋田県には家族で楽しめる釣りスポットあり!車でアクセスしてみよう!

    秋田県には家族で釣りを楽しめるスポットが多数あります。初心者の方でも…

新着記事の一覧

  1. 福島県の警察マスコットキャラクターは福にちなんだキャラクター…
  2. かわいいルリちゃんが、栃木県の警察マスコットキャラクター!そ…
  3. 【青森県警察】アンナちゃんと他にも沢山!大人気なキャラばかり…
  4. 秋田県の警察マスコットキャラクターまもるくんなどなど、一挙ご…
  5. カモンくんは山形県の警察人気のマスコットキャラクター!特徴を…
  1. 記事

    長崎県の免許センターの特徴は?徹底解説!
  2. 未分類

    おすすめのアルミモールクリーナー
  3. 記事

    痛車って高そう…作るのにいくら費用が掛かるのか徹底解説!
  4. 記事

    グリーンスローモビリティを活用した実証調査。国交省が6地域を選定
  5. 未分類

    Amazonで売れているホイールコーティング剤3選
PAGE TOP