バスを個人所有することは可能?バスを所有することのメリットやデメリットもご紹介!

   
 

近年SNSなどで話題になっているのが、「バスを個人所有すること」です。今回は、このバスを個人所有する理由や、そのメリットデメリットなどを徹底して解説していきます。

バスの個人所有をする為の条件とは?

バスというのはそんなに簡単に所有できるのでしょうか?いくつかの条件があるので、ご説明しましょう。まず必要なのは運転免許です。30名以上乗れるバスであれば「大型免許」を持っていなければバスを運転することは出来ません。また、大型のバスであれば、「整備管理者」の国家資格を持った人を選任する必要があります。

この整備管理者は、事業者用車両の点検や整備、自動車車庫の管理を行う義務を負った人です。必要であれば、車両の運行を止める権限も持っています。また、バスを新車で購入することは、現行の法律では不可能で、中古で販売している業者から、ネットオークションで購入するのが一般的でしょう。様々な条件をクリアしなければ、バスを個人で所有することは難しいようです。

バスを個人所有した際のメリットやデメリットは?

では、バスを個人で所有することのメリットやデメリットはどんな物が挙げられるでしょうか?簡単に見ていきましょう。

バスを個人所有するメリット

バスを所有するメリットですが、キャンプなどに行った際に、車中泊用に利用できるという事です。十分な広さがあるため、複数人でもゆったり眠れるでしょう。また、バスを所有しているというだけで、かなり目立つので、話題作りの為に所有するのもおすすめです。

バスを個人所有するデメリット

バスを個人で所有することのデメリットですが、やはり「保管場所が必要」だということでしょう。家の敷地に十分な余裕があれば大丈夫ですが、賃貸の方はまず無理になります。

車庫からの出入りの際も、十分にスペースが確保できるかどうか、事前に確認しておくことが重要です。また、車検も毎年あり、燃費も1リッターあたり2~4kmしか走りません。税金も重量税が毎年かかり、なんと8万円です。

ちなみに、バスの車体価格ですが、おおよそ700万円程度あれば、状態のいいバスを買うことが出来るでしょう。ただし、価格は走行距離や状態によって、かなり変動していくので一概に「相場」というものが存在しないのが現状です。

大型車でキャンプに行く際におすすめなのはCarZoot社の車内徹底消臭除菌剤アンモニア臭や嘔吐臭も分解ClearOne

というわけで、今回は個人でセカンドカー代わりにバスを所有することは出来るのか?また、そのメリットやデメリットなどを具体的にご説明してきました。多くのバス所有者の方は、バスで車中泊をゆっくりとしたい、という目的で買われることが多いようです。

そんなアウトドア好きな方に、今回私がおすすめしたい商品があります。それは、CarZoot社の車内徹底消臭除菌剤アンモニア臭や嘔吐臭も分解ClearOneです。これさえあれば、快適に車中泊を楽しめます!簡単に商品の特徴をまとめてみました。

・プロが実際に工場で使っている消臭剤と同じ成分なので、プロ並みの消臭効果を得ることが出来る

・原液を15倍に薄めて専用のスプレーボトルで噴霧するだけなので、だれでも簡単に使える

・お子様やペットに触れても安心安全の製品内容

・ウイルスや細菌などの匂いの原因物質から完全にシャットアウトするので、高い消臭効果が継続する

・これだけの高品質な商品が、たったの1,690円で手に入る

このように、素晴らしい内容の商品になります。私も愛車の車内はこの消臭剤を使っていますが、本当にあっという間に爽やかな車内になるので非常に気に入っています。あなたもキャンプに行って、車中泊をするのであれば、この商品を使ってみましょう。

avatar
バスは個人所有できるかどうか知っておこう!

消臭剤があれば運転時のストレスも軽減できるよ!

非常時にお役立ち!車に積んでおきたい折り畳み自転車は?前のページ

暑い夏に涼しくなろう!青森の心霊スポットを紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    タクシーチケットの仕組みって知ってる?詳しく紹介!

    タクシーチケットってご存知ですか。タクシーチケットとは、会社が招待し…

  2. 記事

    【キャデラック好きの方必見】新車リリックというSUVの徹底検証!

    「キャデラックがSUV発表したんだけど、詳細が気になる。」「…

  3. 記事

    助手席やリアシートのスペースを改造して車を有効活用したいが、交通法規として認めらるのか? タナベえ

    引っ越しするときや大荷物を車に積みこむ時、リアシートが簡単に取り外し…

  4. 記事

    岐阜県でおすすめの貸し切りバスを紹介!色々なところみんなで周ろう!

    何人かで旅行を計画した時や、サークルや学校関係の人たちが大人数でどこ…

  5. 記事

    パーキングにある車止めを乗り越えるのは犯罪?どんな罪になるの?

    コインパーキングは開いていれば誰でも使えて、安く駐車できる便利な駐車…

  6. 記事

    標識が木などで隠れていた場合は、警察の過失はないの? そんなもしもの時にやっておくべきこととは?

    安全運転をしているつもりでも、ふいに警察官に呼び止められて、違反切符…

新着記事の一覧

  1. 福島県の警察マスコットキャラクターは福にちなんだキャラクター…
  2. かわいいルリちゃんが、栃木県の警察マスコットキャラクター!そ…
  3. 【青森県警察】アンナちゃんと他にも沢山!大人気なキャラばかり…
  4. 秋田県の警察マスコットキャラクターまもるくんなどなど、一挙ご…
  5. カモンくんは山形県の警察人気のマスコットキャラクター!特徴を…
  1. 記事

    冬場のフロントガラス凍結対策の方法と、おすすめアイテムを徹底紹介!
  2. 記事

    日本最古の湖が所在している滋賀県でタイヤ交換が安くできる店舗
  3. 未分類

    車内エアコンのアンモニア臭の原因と対策を解説!
  4. 記事

    渦磯だけじゃない!徳島県でおすすめの道の駅を紹介!~2020年度~
  5. 記事

    【SAを紹介】山口県でおすすめのグルメも堪能しよう!
PAGE TOP