バスやトラックのハンドルが大きいのには理由がある!

   
 

近くまでのお出かけなんて時に、バスに乗ったときふと運転席をみて「ハンドルが大きい」と気になったことはありませんか。

どんな車にも必須のパーツ「ハンドル」。
ハンドルは車種によって形も大きさも様々です。
乗用車のハンドルは見慣れている人も多いと思いますが、バスやトラック、トレーラーなどの大型車のクルマのハンドルを見たことのある方は少ないのではないでしょうか。
そこで、今回はバスのハンドルがなぜ大きいのかを紐解いてみました。

ハンドルのサイズは車種によっても大きさは様々

バスやトラック、トレーラーなどの大型車のハンドルは乗用車と比べると大きいものが取り付けられています。
一般的な乗用車は35㎝前後、一方バスやトラックのハンドルのサイズは1990年代までは直径50㎝のものが主流でした。
しかし現在は、油圧や電力を利用してハンドルの操作を補助する「パワーステアリング」の技術が搭載されるようになってからは、大型車のハンドルは小さくなり、40~50㎝のものが利用されるようになっています。

なぜバスやトラック、トレーラーのハンドルは大きいのか

大型車は、乗用車に比べて車体の大きさはもちろん、大きくて重量のあるタイヤやホイールが使われているので重量も大きく、
ハンドルの操作をする時は、乗用車に比べて力が必要になります。

また、大型車は多くの荷物や人員を乗せて運行するため、どうしても重心が高くなってしまいます。
重心が高いクルマでハンドルが小さいと、ちょっとしたハンドル操作でバランスを崩してしまったり、横転してしまったりする危険性があります。
そのため、重心の高いバスやトラックなどの大型車は、安全に走行できるようハンドルも大きくなっているのです。

また、車種によりフロントタイヤの角度にも違いがあります。
乗用車は30~35度であるのに対して大型車両は45度以上も切れるように設計されています。
これは、狭い道幅や一般道の交差点でも、スムーズに曲がれるようにするため。そのため、ドライバーの細やかなハンドル操作で対応できるよう、大きなハンドルになっているのです。

さらに、大きなハンドルは、乗用車のハンドルと比べ遊びがあるので、「長距離運転では疲れにくい」というメリットがあります。

バランスを崩さないように運転することが必要なバスやトラックなどは、細やかなハンドル操作ができる大きいハンドルが適しているのです。
逆に、モータースポーツのレーシングカーやスポーツカーの場合は、わずかな操作で車が反応する小さめのハンドルが用いられています。

大きさだけではない大型車のハンドルの安全性能

事故時に腹部を圧伏してしまうリスクを回避するために、腹部付近が曲がるような素材を使用しているなど、大型車両ならではの、安全性能が付与されているハンドルもあります。
長距離で走行することの多いバスやトラック、トレーラーはより安全に操作できるハンドルと安全装備が必要です。

ハンドルが大きい理由には、安全に走行ができるよう工夫されていて、その車の種類に適したサイズのハンドルが取り付けられているということがよくわかります。

サっと塗るだけで驚くツヤ感と撥水力!ポリマー系コーティングキット『G’Polymer Neo』

毎日利用するクルマは雨やほこりで汚れやすいもの。
ボンネットなどについた水垢をそのままにしておくと、なかなか取れない頑固な汚れになってしまうので、頻繁な洗車が大切です。
しかし、自力での洗車は大変な作業。頻繁にできるものではありません。

そこで、今回紹介するのは、CarZootのポリマー系コーティングキット「G’Polymer Neo」。
水垢などの汚れが付きにくいコーティング剤です。

プロ仕様のコーティング剤「G’Polymer Neo」は、コーティング剤と塗り込みタオル、吹上タオルと写真付きのマニュアルが付いています。
洗車のついでに車体に塗るだけで簡単に艶や光沢、強力な撥水効果、水垢や汚れを防ぎます。さらに、1度塗るだけで、3年間ノーワックスで大丈夫と言う耐久性も魅力です。
新車の輝きを取り戻したマイカーでのお出かけはそれだけで気持ちがいいですね。

物流界の救世主!ダブル連結トラックの走行区間と駐車場事情を調査 前のページ

クルマにも由来がある!素敵な由来を持つ国産車5選をご紹介次のページ

関連記事

  1. 記事

    VOLVOカーナビ「SENSUS」縦長画面から見えてくる車とのコミュニケーション

    VOLVOはスウェーデンに本拠地をかまえる自動車メーカーで、乗用車以…

  2. 記事

    鈴鹿サーキットの天然温泉「天然温泉クア・ガーデン」が営業終了。鈴鹿サーキット近くに温泉はある?

    皆さんは、鈴鹿サーキットに足を運んだことはありますか?車好きの人なら…

  3. 記事

    【富山市八尾滅鬼はいかが?】富山にある鬼滅の刃スポットを徹底解説します!

    富山には鬼滅の刃の聖地なんて無い…、とがっかりしていませんか?…

  4. 記事

    マツダ ロードスターは走行性の高さが魅力!スペックや特徴を徹底解説!

    マツダ ロードスターは、走行性、安全性に優れています。マツダ ロード…

  5. 記事

    日本人レーサーと外人レーサーってどう違う?技術が異なる理由も解説

    日本人レーサーと外人レーサーはそれぞれ違った特徴があります。日本で実…

  6. 記事

    愛知でグルメ!全日本うまいもの祭り2021開催!

    私たちが生まれてからずっとしていることに、食事があります。せっかくだ…

新着記事の一覧

  1. F1エミリア・ロマーニャGPでイモラ・サーキット内の光ファイ…
  2. レッドブル・ホンダF1 フェルスタッペンがフリー走行で停止。…
  3. タダノがアプリでクレーン作業時のトラブルを解決!
  4. 京都府とマツダ販社が車両提供を災害時に行うことで協定!
  5. スズキ「スペーシア」国内販売100万台達成!
  1. 未分類

    Keeperラボのヘッドライトコーティングについて調べてみた
  2. 記事

    国土交通省、グリーンスローモビリティ導入に補助金を支給
  3. 記事

    【車移動で解決へ】2021年離島の移動問題の解決アイデア募集
  4. 記事

    トヨタが発売しているミライってどんな車?従来と新型を比較!
  5. 記事

    おすすめの車のバッテリーは?選び方のコツや特徴をご紹介!
PAGE TOP