ハイマウントストップランプの交換時の取り付け方と保安基準について紹介!

   
 

車の後ろ側にあるハイマウントストップランプは、自分で取り外して交換できることを知っていますか?保安基準通りのランプを選び、ドライバーを使って簡単に作業することができます。今回はハイマウントストップランプの保安基準や自分でできる交換方法をご紹介します。

ハイマウントストップランプが義務化されたのはいつ?

元々、ハイマウントストップランプは義務化されていなく、カスタムパーツの一つでした。最初からランプが設置されている車種もあれば、設置されていない車種もあり、どちらで運転しても違反にはなりません。しかし、2006年からは全ての車種にハイマウントストップランプを設置することが義務付けられるようになりました。

なぜ途中から義務化されたのか?

2006年まではハイマウントストップランプがなくてもOKだったのですが、なぜ途中から義務化されることになったのでしょうか。ハイマウントストップランプの正式名称は補助制動灯で、後ろの車に存在を分かってもらうためのランプです。例えば、悪天候や暗い場所でブレーキを踏んでいる時にランプが点灯していないと、後ろの車に追突されて事故を起こしてしまう可能性が高いです。そういった追突事故を減らすために、途中からハイマウントストップランプの義務化が決まったのではないかと考えられます。

ハイマウントストップランプの保安基準

ハイマウントストップランプにも保安基準があり、満たしていないと車検に引っかかってしまいます。ハイマウントストップランプの保安基準はざっくりまとめると4つあり、1つはランプは1個まで・2つは地上から0.85m以上でブレーキランプよりも高く、車体の真ん中に取り付けること・3つはランプの色は赤・4つはブレーキと連動して点灯していることです。もし真ん中に取り付けることができない車種の場合、真ん中から150m以内の位置に取り付けましょう。

車検に引っかからないポイント

車検に引っかからないためには、ランプの点灯が最も重要です。まず色は必ず赤色でなければいけません。オシャレにしようとカラフルなランプにしたり、バリエーションがあるランプにすると車検に引っかかってしまいます。

その他、点灯が切れていたり、常に点灯しているランプもNGです。ハイマウントストップランプにはたくさんの電球があり、1つでも点灯が切れているとアウトです。常に点灯していると、後ろの車が困惑したり渋滞を起こす可能性があり、違反改造と見なされます。ブレーキを踏んだ時、赤色に点灯している状態にしましょう。

ランプの交換は簡単にできる

以上の保安基準をしっかり守って、ハイマウントストップランプの交換を行いましょう。交換のやり方をざっくりと説明すると、カバーとバルブを取り外して、ランプを挿し込んでカバーを取り付けます。あとはランプの点灯をチェックして、ちゃんと点灯すれば完了です。自分で簡単にできるため、以下の解説を参考にやってみてください。

交換のやり方を説明

まず、リアガラスの上に膨らんでいる部分があり、そこに小さなボタンがあります。ボタンを強く押しながらスライドしてカバーを取り外します。指ではやりづらいので、ドライバーやニッパーなどで押しましょう。カバーを外すと中にはバルブやネジなどが入っており、交換ではバルブを取り外します。

新しく取り付けるバルブを奥に挿し込みます。「カチン」という音が鳴ったらOKです。あとは赤いレンズとカバーを元の位置に戻して完成です。ブレーキを踏んでちゃんとランプが赤く点灯するか確認しましょう。

まとめ

以上、ハイマウントストップランプの保安基準・取り付け方をご紹介しました。保安基準にある設置の位置は細かいですが、後ろのガラスの上に取り付ければOKなので慎重にならなくても大丈夫です。ハイマウントストップランプよりも下にあるブレーキランプの方を見るドライバーが多いと思いますが、ハイマウントストップランプも重要な役割があり、取り付けていないと車検が通りません。本記事で紹介した交換のやり方は車種によって多少異なるため、あくまでも初めて作業する人の参考にしていただければと思います。

障がい者は車を安く買える?割引率や使える制度を紹介前のページ

非常事態の警察官の手旗信号の方法や意味を紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    三重県で免許更新するなら1か所の免許センター!情報を紹介!

    三重県で免許更新したいけれど、いつ行けば良いか分からないという方もい…

  2. 記事

    【新潟】車で回れる越後三十三観音霊場巡り(弘誓寺、千蔵院、最明寺)を紹介!

    コロナウイルスや今後冬にむけてインフルエンザの流行も心配されるため、…

  3. 記事

    トヨタ新型MIRAI ジェイテクトが開発した高圧水素供給バルブと減圧弁を採用!

    自動車部品製造会社のジェイテクトは、2020年12月24日にトヨタ自…

  4. 記事

    自然豊かな和歌山で映える景色4選

    コロナが初めて確認されてから約1年、2020年は例年に比べ家で過ごす…

  5. 記事

    テスラが「モデルS」を刷新し四角いステアリング採用と世界最速の加速を!

    アメリカの電気自動車(EV)メーカーであるテスラは、1月27日に「モ…

  6. 記事

    車の売却に必須!?点検記録簿ってなんだ?目的や用途を徹底解説

    車には点検記録簿と呼ばれるものがあり、極めて重要な役割を持っています…

新着記事の一覧

  1. 自然豊かな高知県を車とキャンプで満喫しよう
  2. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  3. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  4. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  5. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  1. 記事

    花粉飛散量予測情報をナビゲーションマップ上に表示 メルセデス・ベンツ
  2. 未分類

    トヨタグループが災害時に支援をすることを決定!
  3. 記事

    ホンダ・S660の究極特別モデル「モデューロX バージョンZ」について紹介
  4. 記事

    【イタ車なの?】2021年から遡ること56年前ダイハツ・コンパーノスパイダー発売…
  5. 記事

    トランスポーターづくりのプロが仕上げた日産NV350キャラバン ~そのテーマはワ…
PAGE TOP