ハイブリッド車の危険とは?冠水や水没感電のリスクを防ぐ対処法を知ろう!

   
 

電気で走るハイブリッド車は、水に濡れたら感電してしまうのでしょうか。もちろん、雨などではなく車内にまで水が冠水する事態になったときです。ハイブリッド車や電気自動車は、電気をエネルギーとしては知っているため感電は気になります。もし本当に感電するなら、冠水にはとくに気を付ける必要が出てくるでしょう。今回はハイブリッド車についてまわる感電に関してのリスクに関して知っていきましょう。

ハイブリッド車が冠水したら感電するのか

ハイブリッド車は、冠水や浸水によって感電するのかどうか、そこが問題です。もし本当に感電するなら、災害時や事故の時に助けたくても近寄ることすらできません。誰かが「感電するぞ」と叫んだら、近寄ることができなくなるでしょう。しかし、少なくとも日本国内では、感電事故を起こしたハイブリッド車はありません。

地震や大雨で冠水したり水没したりしたハイブリッド車はかなりの数に上ります。それでも、感電したことはないのです。地震などの災害時、通電しやすい海水に浸水されたハイブリッド車も、感電はしませんでした。しかしハイブリッド車が浸水しても感電しないのは、なぜなのでしょうか。電気とはすべからく感電の危険があるため、ただ単に感電しないといわれても納得できません。

ハイブリッド車が感電しない理由

ハイブリッド車が感電しないのには、相応の理由があります。自動車メーカーには、国土交通省から厳格な安全基準が設けられていて感電などの事故が起きないよう配慮されています。そのため、そもそも停車している状態では走行用のバッテリーが絶縁状態にされていて、外部に電気が流れないようにされています。

しかし走行中に災害に合い、冠水してしまうこともあります。そんなときには、回路が切断されるようになっているため、感電しません。回路が切断される条件はいくつかありますが、基本的には異常を感知すると切断されます。

いざというとき感電リスクはあるのか

問題は、事故や災害時に助けに来たレスキュー隊員などはどうするのでしょうか。感電の危険がある方といって、見ているだけではらちがあきません。もし感電する危険があるなら、救助するどころか近寄ることもできません。かといって手をこまねいて見ているだけでは、何の意味もないでしょう。

しかし今のところ、ハイブリッド車は危険性はほぼゼロに近いです。リスクがほぼないのは基本的にショートを感知したその瞬間、回路が遮断されて外部に電気が流れることはなくなるためです。また、電池本体部分も衝撃や自ら守るための工夫がなされています。

そのため今でも多く走っているガソリン車よりも、よほど安全といえるでしょう。むしろ事故を起こしたガソリン車が火災を起こすリスクの方が、何倍も高いです。ガソリン車が事故を起こした話は時折ありますが、ハイブリッド車は今まで感電はゼロです。

しかしまことしやかに感電の危険がささやかれる背景には、理由があります。かつて消防やレスキューなどで、ハイブリッド車の危険性が議論されたことが発端であるといえます。さらに自動車メーカーのSNSに危険性の投稿がある、メディアの多くが感電の危険性について報道するなどがあり、世間にハイブリッド車は感電の危険性があると認識されてしまいました。

一度冠水したら点検しよう

もし一度でも冠水や浸水してしまったのであれば、そのまま続けて使用し続けるのではなく、一度全部を点検しましょう。車内はクリーナーなどで掃除をすればすぐにでも使用できますが、エンジンなどはそうはいきません。動くから大丈夫、とは思わずに必ず専門店で相談してください。

これまでは感電などの事故は起こしていませんが、今後も必ずしも起こさないとは断言できません。メーカーですら100%の保証はできかねるのが現状です。また、一度冠水してしまったエンジンが支障なく動くのかなど、わかるはずもありません。そのため、冠水や浸水した後には特に異常が感じられなくても、きちんと専門店などで点検してから、運転を再開しましょう。

avatar
本日のおすすめ商品はこちら

茨城県の魅力的なサービスエリア!グルメが充実!前のページ

AIとIOTを活用した道路の点検方法について 次のページ

関連記事

  1. 記事

    仮ナンバーを知っていますか?悪用は絶対にダメ!徹底解説!

    あなたは、ナンバープレートに赤い車線が入った物を見たことはありません…

  2. 記事

    全周囲記録ドライブレコーダー ユピテル「marumie Q20」とは?

    映像技術・マイクロ波・無線通信の高い技術をもって製品ブランドを確立し…

  3. 記事

    ホンダのおすすめな車種を徹底解説!!2020年度版

    ホンダのニューモデルの車種が欲しいけど、どれがいいのか分からない。と…

  4. 記事

    車のナンバー358が人気の理由を解説!幸せを呼ぶ数字? 

    車には希望ナンバー制度というものがあり、自分の車のナンバーを好きなよ…

  5. 記事

    警察のサイレンって体験でならせる?資格がないと駄目?

    警察官の乗るパトカーには、赤いランプがついています。また、緊急時には…

  6. 記事

    【高知県】タイヤ購入・交換したい方はぜひ読んで!お得にできる店舗はここだ!

    「高知県内でタイヤを購入したい」「タイヤ交換をしたい」と考えている方…

新着記事の一覧

  1. 福島県の警察マスコットキャラクターは福にちなんだキャラクター…
  2. かわいいルリちゃんが、栃木県の警察マスコットキャラクター!そ…
  3. 【青森県警察】アンナちゃんと他にも沢山!大人気なキャラばかり…
  4. 秋田県の警察マスコットキャラクターまもるくんなどなど、一挙ご…
  5. カモンくんは山形県の警察人気のマスコットキャラクター!特徴を…
  1. 記事

    自動車のクランク棒って何?ひょっとして…死語?
  2. 記事

    おしゃれでかわいいゴミ箱は?人気のカー用品の中からご紹介   
  3. 記事

    【地元で!】密にならない!車で行けるおすすめゴルフ場!千葉編
  4. 記事

    石川県でご当地ラーメンを堪能!車でアクセス可能なラーメン店を紹介!
  5. 記事

    車内を清潔に綺麗に維持する方法をご紹介!
PAGE TOP