ニューカレドニアの交通情報や公園を紹介【2021年最新版】

   
 

ニューカレドニアはフランスの海外領土であり、ニッケルを産出する鉱業の島として有名です。また、ニューカレドニア・バリア・リーフは世界遺産に登録されており、世界で2番目の長さを持つ美しいサンゴ礁地形です。

そんなニューカレドニアに関する交通のルールや公園など詳しく解説していきます。

ニューカレドニアの交通ルール

コロナウイルスが流行している中、現在ではなかなか海外へ観光に行くことは難しい状況になっています。しかし、今後コロナウイルスが消息し、ニューカレドニアへ観光に行くことでストレスを発散したいと思う人は多いのではないでしょうか。

しかしながら、ニューカレドニアに観光に行く際に気を付けておくべき日本とは異なる交通ルールが存在します。実際にどのような交通ルールが存在するのでしょうか。

交差点の優先ルール

日本では、左車線が基本となりますが、ニューカレドニアは右車線を基本とします。さらに、決定的に日本と異なるところが交差点の優先車両。

日本では、交差点は直進車や道幅が広い道路が優先道路として法律で定められていますが、ニューカレドニアは原則として右側の道路が優先です。例えば、右側の車両が右側や左側に曲がりたい場合、直進車両は一時停止しなければなりません。

ただ、「止まれ」という標識がある場合は直進車両が優先となります。交差点では交通事故が起こりやすいこともあり、日本とは異なるルールのため、慎重に運転しなければなりません。

ロータリーに注意を

日本にも駅前のバス等にロータリーが見受けられますが、ニューカレドニアには、交差点の至る所にロータリーが存在します。日本のロータリーは基本的に安全だと感じますが、そのイメージを持ったままニューカレドニアのロータリーを運転すると事故を招きます。

ロータリーでも法律が定められており、基本的にロータリー内に車がいる場合に進入してはいけません。これが日本の交通ルールと違うところですね。一車線の場合はこの法律が基本ですが、2,3,4車線となるとルールがややこしくなるので、しっかりとロータリーでの交通ルールを確認すべきです。

おすすめの公園【リビエル・ブルー州立公園】

ニューカレドニアでは、空港でレンタカーを借りることができ、日本で発行できる国際運転免許証があれば、運転することができます。

リビエル・ブルー州立公園は、空港から40km1時間でいくことができます。行く途中で内陸道路に入りますが、これがまた自然あふれる絶景のドライブコースになっています。この絶景ロードで写真を撮る観光客が大勢いるほど人気のスポットになります。

この先にゲートがあり、入場料を支払いますが、この先は車での通行はできず、徒歩か自転車で回ることとなります。ここでは、レンタルサイクルを使用することをおすすめします。より日本では感じられない絶景を楽しむことができるでしょう。

カーゾート製品の紹介:ガラスコーティング剤

今回ご紹介するのが、市販商品と比べて圧倒的な撥水力と艶を実現させる高品質なガラスコーティング剤です。

商品名CarZoot社 ガラスコーティング剤
価格¥3,780
商品内容・ガラスコーティング剤
・下地処理シャンプー
・下地処理シャンプー用タオル
・コーティング拭き取りタオル
・スポンジ
・施工マニュアル
重量150g

この商品は、大切にしている愛車を自分でコーティングでき、さらにその仕上がりが市販商品と比べて圧倒的な違いを生み出します。実店舗で実際に施工されているプロ仕様のガラスコーティング剤となりますので、今までにはなかった艶と撥水力を兼ね備えた最上級商品です。世界最高水準の被膜度のため、持続力にもかなりの効果を期待できるコーティング剤となります。さらに、下地処理シャンプーもセットになっていますので、コーティングの質をより高めることができます。この人気商品は、Amazonや楽天で販売されていますので、気になる方はぜひ購入してみて下さい。

バヌアツの治安に注意!交通情報などを紹介【2021年最新版】前のページ

バハマの交通情報をご紹介!バハマといえば【2021年最新版】次のページ

関連記事

  1. 記事

    ガソリンはあと何年で枯渇する?

    「石油があと○年でなくなる」という話を聞いたことある人も多い…

  2. 記事

    【車でドライブ】石川の古城や遺跡を探索!

    インスタ映えスポットは魅力的だけども、コロナ禍で密は避けたいという方…

  3. 記事

    ATのキックダウンは危険?誤作動したときの対処法や意味などをご紹介!

    ATのキックダウンという言葉の意味を、ご存じでしょうか。なんとなく聞…

  4. 記事

    【高知県】タイヤ購入・交換したい方はぜひ読んで!お得にできる店舗はここだ!

    「高知県内でタイヤを購入したい」「タイヤ交換をしたい」と考えている方…

  5. 記事

    2020年を振り返る:ロシアで起きた最悪の車事故5選!

    ロシアは交通マナーが悪いことで知られていますが、事故はどれほど危険な…

  6. 記事

    夏の車内は死の危険が満載!どれくらいで熱中症になるのか解説!

    熱中症になる原因は、屋外よりも屋内が圧倒的に多いです。…

新着記事の一覧

  1. 車で桜の名所巡りin山形 コロナ禍でも楽しめるお花見スポット…
  2. 車で出かけよう!コロナ禍でも行けるお花見スポットin秋田【2…
  3. 宮城県でオススメ!車内からでも楽しめるお花見スポット【202…
  4. コロナ禍でもお花見したい!2021年度版 ドライブしながら楽…
  5. 2021年度版・車内から見える桜スポット in青森
  1. 記事

    本革シートのクリーニングにおすすめの商品を3選してご紹介!
  2. 記事

    道路にコイルを埋め込もう!EVの充電が進化した?
  3. 記事

    キター!GO TOトラベルでついに東京が対象に!車を使った旅でおすすめの宿泊地を…
  4. 記事

    富山県で電気自動車は不便?充電スポットを紹介し検証!
  5. 記事

    大阪府で車内クリーニング業者を紹介 
PAGE TOP