ドライブレコーダーの人気に影?2020年10月12月の国内需要率低下の要因

   
 

ここ数年の間で、テレビや新聞、その他メディアなどで、危険なあおり運転、スピード狂による危険走行、信号無視などが話題になっています。これらを視覚的なデータとして記録できるものとして、

とくに2018年頃からドライブレコーダーの売り上げが一挙に伸長していました。最近では車両後部に「REC(録画中)」と書いたステッカーもよく見受けられ、あおり運転などの予防策として用いられる方が多くなったのではないでしょうか?

人気の翳り

そんな多くの需要を抱えとされてきたドライブレコーダーですが、ごく最近になってその人気に翳りが見えてきているようです。

電子情報技術産業協会とドライブレコーダー協議会は2021年1月25日、2020年10~12月期のドライブレコーダー国内出荷実績が132万5966台だったと発表しました。 前年の同期比では0.7%増と微増はしているものの、

前四半期との比較では1.9%減という記録でした。被害を記録できるドライブレコーダーの需要はこれまで急増してきいましたが、需要率としては初めて低下の兆しを示しているのです。

今10~12月期の出荷の内訳は、主に交通事故やあおり運転被害などを記録するコンシューマー用が112万0849台で、運行管理や安全運転教育を記録する法人向けの業務用が20万5117台。2020年度4~12月期累計の出荷台数は342万143台でした。

このうち、今回とくに減少がみられたのは、個人・家庭用販売台数であり、逆に業務用は売上割合を伸ばしています。

個人・家庭用販売台数に翳りがみえてきたことの外部環境要因として、新型コロナウイルスの感染拡大による消費者の移動手段に対する意識が変化したことが可能性として挙げられます。

新型コロナの影響

これからご紹介させていただくのは、日刊自動車新聞とインテージによる共同調査の結果です。調査は、大型連休明けの2020年5月11~14日に全国の18~79歳の男女を対象としてインターネットで実施、マイカー保有者8158人を含む1万303人から回答を得たものです。

マイカー保有者に対し、大型連休期間に車の利用が減ったかどうかを聞いたところ、「減った」と回答した人は71%にのぼったとのことです。国土交通省のまとめによると、4月25日~5月6日の連休期間中、高速道路4社の一日当たりの平均交通量は、前年同期比で70%減少したとのことで、調査結果はこれを裏付けた格好です。つまり、休日にマイカーで外出する人が、実に約3割にまで大幅に減ってしまったということです。

新型コロナの感染拡大後は、外出自粛要請により、外出そのものが大きく減少したということです。

車の利用が「減った」と答えた理由をさらに掘り下げてみると、「不要不急の外出を控えた」「感染防止のため」「行き先がない(お店がやっていない)」などで、政府や自治体による外出自粛要請や休業要請が車での外出抑制にもつながったとみられます。

特に最近では緊急事態宣言の2度目の発令を経て、飲食店が20時で閉店してしまうことも大きな要因と考えられます。警察庁が発表したデータによると、自動車関連の事故が起きやすい時間帯は17時~19時の間とされており、事故時の状態を記録できるデバイスの売り上げもそれに応じて低下したとみるのが妥当でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?近年、あおり運転やスピード狂による危険運転が、テレビをはじめとしたメディアで話題となり、急速に需要を伸ばしていたドライブレコーダー。しかし、2020年になってとくに個人・家庭用のドライブレコーダーの売り上げが少なくなっていることが挙げられます。その背景には、新型コロナウイルスの感染拡大により外出ニーズ全体が減少し、自動車の利用機会自体が減ってきていることが要因として考えられるということですね。

さいごに

この文をお読みの方は、カー用品などのご興味をお持ちな方かと思います。最近寒暖差が大きく、気候が大きく崩れることもありますが、ご自身の車のメンテナンス状況はいかがでしょうか?ここでは、CarZoot社のウォータースポット除去用品をご紹介したいと思います。

CarZoot社の製品は他社製品に比べて圧倒的にクオリティが高く、信頼性の高さから近年になって大きく売り上げを伸ばしています。よろしければ、ぜひご検討ください!

スズキのスイフトが2020年インドでベストセラーを記録!インドの自動車市場も徹底解説前のページ

車は後回し!?半導体が不足する車業界次のページ

関連記事

  1. 記事

    【2021年】サウジアラビアの遊園地はどこがおすすめ?交通状況も解説

    みなさんは、サウジアラビアへの旅行を考えたことはありますか?…

  2. 記事

    カングーに引き継がれたルノーエクスプレスの血筋!どんな魅力があった車なのか?解説!

    あなたはフランスの自動車メーカー、ルノーが製造していた「エクスプレス…

  3. 記事

    がん研有明病院で始まった新たな試み!なんと喫煙ドライバーゼロのタクシー乗り場!

    あなたは普段喫煙の習慣があるでしょうか?現代の日本では、喫煙の習慣を…

  4. 記事

    長崎県の思い出に!道の駅を厳選して紹介!~2020年度~ 

    長崎県の観光エリアから長崎エリア、佐世保エリア、平戸エリアのドライブ…

  5. 記事

    【車でお出かけ】名所溢れる神奈川県。紅葉狩りも最高!

    赤レンガパーク・横浜赤レンガ倉庫、横浜中華街、八景島シーパラダイスな…

  6. 記事

    危険地帯ではどんな活動が出来るのか?自衛隊の車両をご紹介!

    日本に自衛隊の前身警察予備隊が誕生して、約70年。日本の安心安全を全…

新着記事の一覧

  1. 物流分野の配送ロボットが誕生!マンション内で実証実験を開始へ…
  2. 新アプリ登場!損保ジャパンが自動運転車の遠隔見守りアプリを開…
  3. 【高速道路初!】SAのインフォメーションリモート案内を試行導…
  4. ジープ ラングラー に40年ぶりのV8が搭載へ!470馬力の…
  5. 【がっかり】トライアル世界選手権日本GPが2年連続へ中止へ!…
  1. 記事

    トラック野郎はまだまだ健在!トラックショップKENZでカスタマイズをしよう!
  2. 未分類

    434.おすすめの車内消臭剤
  3. 記事

    MaaSアプリでシェアサイクルが登場!ラストワンマイルまでシームレスに移動しよう…
  4. 記事

    ふじの国・静岡県で展開しているカー用品店
  5. 記事

    スポーティー&レジャー 三菱『ランサーセディアワゴン』の魅力
PAGE TOP