トーヨータイヤの最新AI技術を活用した「OBSERVE GIZ2」を紹介!

   
 

トーヨータイヤは最新AI技術を活用した「OBSERVE GIZ2」を発売する予定となっています。車好きの方は、どのようなタイヤか気になるでしょう。氷上・ウェットブレーキ性能向上、CAEとAIを融合させた予測技術など、魅力的なポイントが多数あるので、ぜひ参考にしてみてください。

最新AI技術を活用した「OBSERVE GIZ2」

トーヨータイヤは最新AI技術を活用した「OBSERVE GIZ2」を発売する予定です。「OBSERVE GIZ2」は乗用車用スタッドレスタイヤです。予定としては、2020年8月1日発売となっています。全23種類のサイズがあります。

「OBSERVE GIZ2」の特徴

「OBSERVE GIZ2」の特徴を詳しくご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

地球温暖化によるウェット路面への対策が万全

「OBSERVE GIZ2」はAIを使った設計となっています。氷上・ウェットブレーキ性能が高まっています。OBSERVE GIZ2は気候変動に伴う季節要因の変化を重要視しています。

地球温暖化になると、雪が解けてシャーベット状の濡れたウェット路面となります。「OBSERVE GIZ2」は冬道の路面変化に対応できるので、降雪期であっても安全に走行できます。さらに、ゴムが経年劣化することによる摩擦力の低下も防いでいます。

新たなコンパウンド「吸着クルミゴム」を採用

「OBSERVE GIZ2」は新たなコンパウンド「吸着クルミゴム」を採用しています。氷の表面にできるミクロ単位の水膜をすぐに吸水します。そして、アイス路面にゴムがしっかり未着します。「吸着クルミゴム」は、トーヨータイヤが20年以上培ってきた独自の技術です。

ゴムに、鬼クルミの殻を配合しており、氷をひっかきます。そして、路面をしっかりとらえます。「吸着クルミゴム」は氷よりは硬いですが、アスファルトよりはやわらかくなっています。そのため、雪がないときに道路を傷つける心配がありません。

CAEとAIを融合させた予測技術

「OBSERVE GIZ2」はCAEとAIを融合した独自設計となっています。「T-MODE(ティーモード)」がトーヨータイヤの独自のタイヤ設計基盤技術です。

実際の使用環境における雪質を考慮し、パターンを最適化しています。

アイス性能経年低下を抑制

「OBSERVE GIZ2」には新開発の「持続性密着ゲル」が使用されています。ゴムのやわらかさを維持させる働きをもっています。通常であれば、年月が経つとゴムが硬くなりますが、「持続性密着ゲル」を使用しているため、長期間アイス性能を保つことが可能です。

ウェット性能が高い

「OBSERVE GIZ2」はシリカを増量して配合したゴムを採用しています。低温であってもタイヤが柔軟に接地します。路面が濡れていてもしっかり密着するのが特徴です。

【CarZootプロ仕様 インテリアクリーナー】 ダッシュボード 内装内窓シート 掃除ヤニ汚れ手垢除去

トーヨータイヤの最新AI技術を活用した「OBSERVE GIZ2」には様々な魅力があります。気になる方は特徴について確認してみると良いでしょう。

ところで、愛車はきれいな状態に保てているでしょうか。

車内を徹底的にクリーニングしたい場合におすすめなのが、「【CarZootプロ仕様 インテリアクリーナー】 ダッシュボード 内装内窓シート 掃除ヤニ汚れ手垢除去」です。

この商品の魅力は以下の通りです。

  • 女性や初心者でも使いやすい
  • 落ちにくい食べこぼし、頑固なタバコ汚れもきれいに除去できる
  • 車内パーツを傷めにくいため、気にせず思う存分クリーニング可能
  • 速乾性なので、べたつきが気にならない
  • 使用後に独特の臭いが残らないので車酔いしにくい
  • 素材を気にする必要なく、どこでも使用可能

通常価格2,480円となっています。車に常備しておくと、気づいたときにいつでもクリーニングできます。

「OBSERVE GIZ2」をゲットすることで、車に愛着がわきますが、車のメンテナンスについても見直してみると良いでしょう。

avatar
トーヨータイヤの最新技術を知っておこう!

AIの可能性が広がるね!

【京都府】密をさけるならコレ!車で行けるキャンプ場をまとめて紹介!前のページ

愛知県の安い代行運転業者おすすめ8選!次のページ

関連記事

  1. 記事

    サンルーフがついている車のメリット・デメリットを徹底解説!

    サンルーフはメーカーのオプションとなっているケースが多いですが、つけ…

  2. 記事

    【2021年最新版】長距離トラックの運転手みオススメの布団や寝袋などをご紹介!

    トラックの運転手さんの中には、夜通し走るケースも少なくありません。も…

  3. 記事

    一人乗りロボ「ラクロ」のシェアリングサービスのフランチャイズオーナー募集!新たなビジネスチャンスとな…

    自動運転機能が付帯している注目の一人乗りのロボが登場しました。小型の…

  4. 記事

    【高評価】岩手県でおすすめ!自動車塗装をしてくれるショップを紹介

    自動車のカラーって購入したときにのままで乗り続けないといけないとお考…

  5. 記事

    今さら聞けない?タクシーのワンメーター、値段と距離は?

    皆さまは普段さまざまな方法で移動します。中には「私はタクシーをよく使…

  6. 記事

    「QX60に最新プロパイロット」日産インフィニティブランドとは?

    みなさんは自動車ブランドの「インフィニティ」をご存知でしょうか?イン…

新着記事の一覧

  1. 自然豊かな高知県を車とキャンプで満喫しよう
  2. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  3. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  4. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  5. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  1. 記事

    スシローのテイクアウト専門店!?To Go JR我孫子駅店の駐車場情報などを紹介…
  2. 記事

    ルノーの車で2021年に買うべき車はこちら!おすすめ車種を徹底紹介!
  3. 記事

    夜間運転中のサングラスは違法行為なの?どこまでOKなのかを徹底解説!
  4. 記事

    JAGUAR LANDROVERのカーナビを紹介!性能や特徴も解説
  5. 記事

    さあ、お花見に出かけよう!福島県内の車内から楽しめるお花見スポット3選【2021…
PAGE TOP