トーションビームとマルチリンク?車のサスペンションの形式を詳しく解説!

   
 

「車のトーションビーム式サスペンションについて知りたい」

「マルチリンク式との違いを教えてほしい」

このような車のサスペンションの形式について知りたい人向けに、トーションビーム式とマルチリンク式について解説します。

トーションビーム式サスペンション

「トーションビーム式サスペンション」とは、車のタイヤが路面から受けるダメージをやわらげる役割を果たしているサスペンションの形式の一つです。左右の車輪をつないでいる柱が、完全な固定ではなくある程度ねじれるようになっており、少し自由度のある足回り形式と言えます。

トーションビーム式のメリットは、その構造の単純さにあります。コストを抑えられ、軽く、広いスペースを必要としないため、軽自動車やコンパクトカーの後輪に使用されることが多いです。昔は、一部の高級車にも使われていて、TOYOTAのアルファードやヴェルファイアにも採用されていました。

デメリットは、ホイールアライメント(車体に取り付けられている角度)の調整がほぼできない点と、走行性能が下がってしまう点です。左右のサスペンションが独立している形式と比べると、どうしてもタイヤの接地性が低くなってしまいます。乗り心地に影響することもあり、アルファードとヴェルファイアは、2015年のモデルチェンジの際に「ダブルウィッシュボーン式」に変更されました。

マルチリンク式サスペンション

「マルチリンク式」はサスペンションの形式の一つで、ダブルウィッシュボーン式とともに、スポーツカーやハイグレード車種に採用されることが多いです。ロアアームとアッパーアームでタイヤを支持しており、マルチリンク式とダブルウィッシュボーン式とでは、これらのアームの本数や形状が異なります。

マルチリンク式がスポーツカーやハイグレード車種に採用されやすい一番の理由は、走行性能の高さです。アームを調整することにより、乗り心地や走り心地を自由に設定できます。

デメリットとしては、コストが高いことがあげられます。部品点数が多いため、どうしても部品コストが高くなってしまいます。また、構造が複雑なため設計が難しく、思いもよらない不具合が起こることもあります。そのため、開発に時間がかかりがちです。

どちらのサスペンション形式がよいのか?

走行性能や乗り心地を考えれば、マルチリンク式がすぐれていると言えます。ただ、その分コストが高くなるため、価格を抑えたい車やスペースに余裕のない車には向いていません。そういった車には、トーションビーム式の方が適しています。

おすすめ商品「CarZoot 油膜除去ガラスクリーナー『OIL FILM POWERFUL REMOVER』」

今回は、「CarZoot 油膜除去ガラスクリーナー『OIL FILM POWERFUL REMOVER』」をご紹介します。この商品は、プロ仕様のケミカルで、窓ガラスの油膜・ウロコ・水垢を完全除去してくれます。また、ギラつきを抑え、コート剤の乗りを良くする効果も高い優れモノです。撥水コートの施工前に油膜を除去すれば、より効果を発揮します。大切な車の窓ガラスを、きれいに長持ちさせたい方におすすめですよ!

おすすめポイント

  • 実際に専門店でも使われているプロ仕様のCarZootブランド
  • 窓ガラスの油膜、ウロコ、水垢を完全除去!
  • ギラつきを抑える効果が高く、コート剤の乗りも非常に良い!
  • 初心者も安心!写真付きマニュアルで簡単施工
  • 30日間の安心保証!効果がなかった場合は全額返金

こちらの商品は価格が約2,000円となっており、プロ仕様のクオリティをお手頃価格で体験できる一品です。この機会に、ご購入を検討してみてはいかがでしょうか。

車のサスペンションの比較まとめ

いかがでしたか?

この記事では、車のサスペンションの形式のうち、トーションビーム式とマルチリンク式についてご紹介しました。どちらにも、メリットとデメリットがあるということですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

バックタービンやブローオフバルブとは一体なんなのか?前のページ

FF車でおなじみのコーナリング!タックインについて詳しく解説!次のページ

関連記事

  1. 記事

    オープンカー!トヨタ・セリカコンバーチブルの歴史と中古車の相場についてご紹介

    2020年は新型コロナウイルスの影響で、世界中が一変し、経済…

  2. デザイナーB

    メッキクリーナーで愛車に輝きを!おすすめのクリーナーを3選してご紹介!

    車のメッキ部分の汚れ、キレイにしていますか?洗車後、洗ったはずのメッ…

  3. 記事

    日産自動車と平塚市が電気自動車を使った災害連携協定を締結!その内容に迫る!

    去る10月28日に日産自動車を始め、神奈川県平塚市、日産車体、神奈川…

  4. 記事

    コロナ禍でもらえる車の補償金は?エコカー減税の延長を解説

    2019年10月に消費税が増税されたことにともない、車関連の税につい…

  5. 記事

    熊本県の子供たちが遊んで学べるおすすめ公園

    熊本県内には、地元の特色を活かしたデザインの遊具や施設がある公園が多…

  6. 記事

    コロナ禍で疲れた体、鹿児島県の温泉で癒してみませんか? 

    2020年は新型コロナウイルスで世界中が大騒ぎ。日本はコロナの影響を…

新着記事の一覧

  1. 【富山県】県内で車の除菌/クリーニング/清掃を行う業者はこち…
  2. 【石川県】県内で車の除菌・クリーニング・清掃を行ってくれる業…
  3. 音速の貴公子と呼ばれた天才レーサー「アイルトン・セナ」!「ア…
  4. 3つの視点で岐阜県のトラック用品店を紹介
  5. 愛知県でのドライブ&ショッピングならラグーナフェスティバル
  1. デザイナーB

    アウディは車だけじゃない!今後どう変化しようとしている?取り組みを徹底調査!
  2. 記事

    新型ヴェルファイアは2022年になくなる?
  3. 記事

    鹿児島県では与論島の島民が自家用車で観光客を運ぶサービスをスタート!鹿児島県での…
  4. 記事

    時代を作ったスーパーカーである「クレスタ」!その歴史とスペックを解説!
  5. 記事

    【トランザム】消滅メーカー「ポンテアック」のおすすめモデルとは?
PAGE TOP