トヨタ新型MIRAI ジェイテクトが開発した高圧水素供給バルブと減圧弁を採用!

   
 

自動車部品製造会社のジェイテクトは、2020年12月24日にトヨタ自動車の新型MIRAIに、同社が開発した高圧水素供給バルブと減圧弁が採用されたと発表しました。

ジェイテクトは、2014年に発売された初代MIRAIにも同じ部品を納入していますが、今回は新開発され性能が向上しています。この記事ではトヨタ・MIRAIとはどんな車なのか、高圧水素供給バルブと減圧弁はどんな働きをするのか解説しています。

またジェイテクトがどんな会社なのかも合わせて紹介しています。

トヨタ・MIRAIとはどんな車?

https://twitter.com/nakaya_juku/status/1336948230131576832

MIRAI(ミライ)はトヨタ自動車が製造し販売する、量産車としては世界初のセダン型燃料電池自動車です。「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」が採用されており、同システムはFCスタックや高圧水素タンクなどで構成される燃料電池技術と、トヨタお得意のハイブリッド技術を融合させたものです。

水素燃料を用いる燃料電池自動車は、充填した水素と酸素を化学反応させて発電し、その電力でモーターを動かし走行します。排出されるのは水のみという究極のエコカーと言えます。

MIRAIは2020年12月9日に6年ぶりにフルモデルチェンジされました。初代はFFレイアウトを採り4人乗りでしたが、2代目はFRレイアウトで5人乗りとなりました。

プラットフォームにはレクサス・LSや15代目クラウンに採用されている「GA-Lプラットフォーム」を強化したものが用いられています。走行距離は初代の650kmから850kmまで延ばされています。

高圧水素供給バルブと減圧弁とはどんな部品?

高圧水素供給バルブとは、燃料電池車の燃料である高圧水素が貯蔵されているタンクに装着され、高圧水素を封止/供給する部品のことです。タンク内に貯蔵されている水素は70MPaで、通常大気圧(101.33kPa)の約700倍となっています。

このため部品には高い耐久性と気密性が要求されます。減圧弁はバルブから供給された高圧水素を、下流のスタックで使用できる圧力まで減圧させます。どちらの部品も燃料電池車の要となる大事なパートを担っていると言えます。

ジェイテクトとはこんな会社

■株式会社ジェイテクト(JTEKT Corporation)

種 類:株式会社
略 称:JTEKT
本 社:大阪本社 〒542-8502 大阪府大阪市中央区南船場3-5-8
   :名古屋本社 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1
設 立:1935年1月18日(光洋精工株式会社)
事業内容:機械器具部品、工作機械
資本金:455億91百万円
売上高:連結 1兆5208億93百万円 単独 6699億12百万円(2019年3月期)
従業員数:連結 49,693名 単独 11,914名(2019年3月31日)

株式会社ジェイテクトはトヨタグループ主要13社に属する大手機械・自動車部品製造会社です。同じ愛知県に本社を置くヤマザキマザックやDMG森精機、オークマなどと共に日系四大工作機械メーカーの一角を占めています。

CarZoot ヘッドライト黄ばみ・曇り取り

最近発表される新型車のヘッドライトは凝った形状をしています。ガラスから樹脂に素材が変わり、自由にデザインすることが可能になったためです。それゆえ個性的な造形が増えたわけです。

しかし、いい事ばかりではないんです。ガラスは経年変化を起こさない安定した素材ですが、樹脂の場合はそうではないんです。樹脂は紫外線に弱く経年変化で黄ばんだり曇ったりしてしまいます。

特に青空駐車の場合は数年で曇りが出始め、10年も経過するとヘッドライトの光量が低下するまでになります。そうなると最悪の場合は車検に通らなくなってしまいます。とは言えヘッドライトを交換するのも費用がかかりますよね。何かいい方法はないものでしょうか。

そこでご紹介したいのが「CarZoot ヘッドライト黄ばみ・曇り取り」です。本製品はプロが使っているものと同じ成分なんです。ですから強力で且つ安心して使えます。まずはクリーナーで黄ばみや曇を落としましょう。

そしてコーティングを施工すれば作業は完了します。同様の製品は他社からも販売されていますが、効き目が弱く完全にはクリアにならないこともあります。

ですが本製品は違います。「CarZoot ヘッドライト黄ばみ・曇り取り」ならきっとご満足されるはずです。

世界初の快挙!ホンダ「レジェンド」の最高傑作!自動運転レベル3の装置はなぜすごいのか?前のページ

スバル プレオカスタムが熱い!中古車市場はこんな感じ ?次のページ

関連記事

  1. 記事

    国内最大級のアウトレット!三重の三井アウトレットパーク長島での楽しい過ごし方をご紹介

    新型コロナが流行しているため、テーマパークや観光に行きにくい状況です…

  2. 記事

    名古屋市千種区で洗車をするならここがおすすめ!徹底紹介します!

    出来るなら愛車をピカピカの状態に維持したい。それが車のオーナーの方皆…

  3. 記事

    【面倒な配線作業は不要】カーメイトが車のLEDヘッドバルブのエントリーモデル発売へ!

    様々なカー用品を製造販売しているカーメイトですが、またまた注目の商品…

  4. 記事

    ダッジのチャージャーって知ってます?面白い車なんです!

    世界にはさまざまな自動車があります。いずれも各自動車メーカーが独自の…

  5. 記事

    【触媒、酸化技術に強くアクリル酸などが柱】 日本触媒の2020年を振り返ろう 

    あなたはアクリル塗料という言葉を聞いたことありますか?自動車の塗料で…

  6. 記事

    鳥取県で癒されたいなら「天の真名井」や「地蔵滝の泉」へ!2021年最新情報をチェック

    鳥取県には、有名な湧き水スポットがあり、中には名水100選にも選ばれ…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    介護界の救世主!パナソニックが開発した歩行トレーニングロボットが介護施設などで活…
  2. 記事

    デフってなに?車のあれこれ紹介
  3. 記事

    【これを選んでおけば間違いなし!】株式会社タナベのおすすめドライブレコーダーをご…
  4. 記事

    え?なに?これ?すごいのきたwテスラ サイバートラックなら怖いものなし!
  5. 記事

    雪国で多い車トラブルを紹介。その対策方法とは
PAGE TOP