トヨタ・イスト(ist)はヴィッツの体育会系!中古車価格の相場は?

   
 

トヨタ・イスト(ist)はトヨタ自動車が製造・販売していたコンパクトカーです。残念ながら2代目で消滅していましましたが、ベースとなったヴィッツよりも一回り大きかったため、室内や荷室が広く使い勝手のいい車でした。

この記事ではそんなトヨタ・イスト(ist)について詳しく取り上げています。中古車価格についても調査したので、あなたの車選びの参考になさってください。

トヨタ・イスト(ist)とは?

トヨタ・イスト(ist)はトヨタ自動車が2002年から2016年まで販売していたSUV風のコンパクトカーです。ベース車両はヴィッツが用いられました。日本国内のみならずアメリカやヨーロッパのマーケットにも投入されています。

タイヤとホイールハウスのクリアランスが小さかったので、多くのヨーロッパ車と同様に純正タイヤのままでも、金属製タイヤチェーンの装着ができないという珍しい日本車でした。

2002年に登場した初代は流行のSUV風のボディが人気を集め、発表後1ヵ月で約42,000台の受注台数を記録しました。しかし2007年に登場した2代目は3ナンバー車となったことや、車格とともに価格帯も上がったため人気が伸び悩み、2016年にヴィッツと統合され消滅しています。

初代 NCP60型(2002年 – 2007年)

初代イストは2001年の東京モーターショーで公開されました。コンセプトカーとしての出展でしたが、ほぼ同じデザインのまま、翌年から販売が開始されます。

ヴィッツよりも一回りサイズが大きかったため、居住性が向上したほかSUV風のオーバーフェンダーも与えられました。このデザインはマーケットから好評を持って迎えられ、前述のような受注台数を記録することになります。

・スタイルとサイズ

イストのボディスタイルは5ドアのハッチバックです。外寸は全長3,855mm、全幅1,695mm、全高1,530mm(4WD:1,535mm)でホイールベースが2,370mm。車両重量は1,000から1,100kgです。

デザインはシャープでSUV風。大径タイヤが与えられ力強さを感じさせました。人気カラーはスカイブルーメタリックやレモンイエロー。ライティなカラーリングはイストのスタイルに良く似合いました。

・パワートレイン

エンジンは1.3リッター直列4気筒DOHC(87PS)と、1.5リッター直列4気筒DOHC(109PS)が用意され、トランスミッションは4速ATが組み合わされました。駆動形式はFFと4WDです。

サスペンションはFFが前ストラット式、後トーションビーム式で、4WDは後トレーリングリンク車軸式としています。

2代目 XP110型(2007年 – 2016年)

2代目イストは2007年に登場しました。シャシーは2代目ヴィッツから採用されたBプラットフォームを流用し若干幅を広げています。そのため3ナンバーサイズとなりました。

グレードは「150X」「150G」「180G」の3つに整理され、1.5リッターモデルには引き続き4WD車も設定されています。しかし1.3~1.5リッタークラスから、1.5~1.8リッタークラスへ格上げされたことや、3ナンバーサイズ化が仇となり先代のような大ヒットモデルとはなりませんでした。

そのため2016年に生産が終了となリ姿を消すことになります。

・スタイルとサイズ

ボディスタイルは先代を踏襲した5ドアのハッチバックです。外寸は全長3,930mm、全幅1,725mm、全高1,525mm(4WD:1,540mm)でホイールベースが2,460mm。車両重量は1,150から1,210 kgです。

デザインは先代のシャープなイメージからマッシブなイメージに転換しています。カラーもブロンズマイカメタリックなど、重厚なカラーリングが用意されていました。

・パワートレイン

エンジンは1.5リッター直列4気筒DOHC(109PS)と、1.8リッター直列4気筒DOHC (132PS)が用意され、トランスミッションは1.5リッターにはCVTが、1.8リッターには4速ATが組み合わされます。

駆動形式はFFと4WDですが、1.8リッターはFFのみとなっています。サスペンションはFFと4WDともに、前ストラット式、後トーションビーム式を採っていました。

トヨタ・イスト(ist)の中古車価格

トヨタ・イスト(ist)の中古車価格は初代モデルが5~69万円で、総額50万円前後が中心価格帯となっています。2代目モデルは22~99万円で、総額70万円前後が中心価格帯です。ですが当サイトとしては初代モデルの中古車はおすすめしません

なぜなら最終年式の2007年モデルでも既に13年が経過しているためです。初年度登録から13年を経た車は、毎年の自動車税が加算されてしまいます。スポーツカーのような趣味性の高い車であれば、税金を余計に支払ってもいいかもしれませんが、イストは実用的なコンパクトカーです。

イストの中古を狙うのであれば2代目モデルの総額70万円前後の個体を探しましょう。

CarZoot ヘッドライト くすみ黄ばみ取り

最近の車はヘッドライトが樹脂でできています。そのためデザインは自由になりましたが、数年経つとくすみや黄ばみが生じる場合があります。でもヘッドライトを新品に交換するのは費用がかかりますよね。

そこでおすすめしたいのが「CarZoot ヘッドライト くすみ黄ばみ取り」です。本製品はクリーナーとコーティング剤がセットになっています。まずは強力なクリーナーでくすみや黄ばみを落としてください。そしてコーティングを施せば作業は終了です。

誰でも簡単に行なえますからご安心を。ヘッドライトのくすみや黄ばみには「CarZoot ヘッドライト くすみ黄ばみ取り」です!

世界で唯一のロータリーエンジンを搭載したスポーツカー「マツダRX-7」の魅力に迫る!前のページ

【待望4WDの登場!】トヨタランドクルーザー200を徹底検証次のページ

関連記事

  1. 記事

    【トヨタ自動車社員参加】2021年献血運動を実施の新入社員について

    「山梨トヨタ社員の献血運動について詳しく知りたい。」「山梨ト…

  2. 記事

    【おしゃれ女子必見】2021トレンドファッションに合うコンパクトカーはこれだ!

    そろそろ車を買い替えたいけど、種類が多いので迷って決められないとお困…

  3. 記事

    2021年に香川県でおすすめスポットはこちら!車で行ける場所ばかりです!

    あなたは香川県にはどんなイメージをお持ちでしょうか?今回は香川県で2…

  4. 記事

    エジプトでは交通事故に注意してドライブを!歴史ある街を堪能しよう!

    エジプトは歴史ある建物が多数あるので、観光を楽しむことができます。た…

  5. 記事

    トヨタの新型EVシーポットが登場!165万円の低価格EVはどんな人向け??

    トヨタは、2020年12月25日に発表した新型「シーポット」。…

  6. 記事

    【茨城県民限定】くぬぎ野ふぁーむのタケノコ掘り体験についてご紹介!

    春といえばタケノコ。竹の根元に生えたタケノコを見ると食べたくなりませ…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    近未来の電気自動車!日産ブレードグライダーについて詳しく解説 
  2. 記事

    【55番目】淀(よど) の歴史やドライブスポットを紹介!
  3. 記事

    熊本県で2021年にバズりそうな車で行けるスポットを紹介
  4. 記事

    テスラのEVがビットコインで購入可能に!?日本でも買える??詳細を解説!
  5. 記事

    Catブランドの日本キャタピラーとは?サービスや技術を紹介!
PAGE TOP