トヨタの2000GTが補充部品を復刻!?その理由について解説!

   
 

なんでトヨタの2000GTが現代版で復活したのだろう。2000GTは人気だったけどなぜ補充部品が復刻したのか分からない。このように思っている方はいませんか?今回の記事ではとトヨタの2000GTといった今話題を呼んでいるトレンドニュースをまとめて紹介していきます。そして2000GTについてあまり詳しくないといった方のために歴史についても分かりやすく解説していきます。気になった方は最後まで読んで参考にしてみてはいかがでしょうか。

トヨタ2000GTの歴史!

それでは最初にトヨタの2000GTの復活までの歴史について解説していきます。2000GTについて知らない方は読んでみたら知識が深まるまで目を通してください。知っているといった方も読んでみると新たな発見があるかも知れないので最後まで読んでみましょう。

1965年 共同開発開始

2000CTはトヨタとヤマハ発動機が開発に携わることとなりました。コンセプトは本格的で見た目もスタイリッシュなスポーツカーだったそうです。ヤマハは楽器に力を入れていたメーカーなのですが自動車も展開していきたいといった事で共同開発が実行されるようになりました。そして11か月後に試作車が開発されるといった異例のスピードで2000GTは生まれました。

1967年 発売開始

早い段階で開発が成功したトヨタの2000GTは1967年の5月に満を持して発売が開始されました。以前にモーターショーで注目を集めたことにより2000GTは人気でした。そして当時はスポーツカーのブームでもあったため2000GTは時代にあった車だったのです。しかし発売される前から注目を浴びてきた2000GTですが当時からしたら値段が高価なので見込んだ売り上げを獲得することはできませんでした。

1970年 生産中止

1667年から販売が開始された2000GTでしたが売り上げを伸ばすことができなくなり、赤字生産が続いてしまったため1970年で止む無く生産中止となってしまいました。しかし生産中止になってからも2000GTのコアなファンが沢山いました。販売されていた時よりも年々人気が出てきて伝説の名車とまで言われる車となったのです。

2019年 補給部品復刻を発表

1970年に販売中止となった2000GTですがなんと53年の時を経て2019年に補給部品の復刻を国内と海外で行うと発表しました。これにはトヨタのファンの人はかなり驚かされたそうです。しかし赤字で生産中止となった2000GTの部品がなぜ現代で復活したのでしょうか。その謎について下記で迫ります。

なぜトヨタが2000GTの補給部品を復刻したのか

ここからはなぜトヨタが2000GTの部品を復刻することを決めたのか解説していきます。元々人気があって名車なのですがなんで現代に復活したのか気になっている方も多いでしょう。下記を読むことでその謎が解けるので是非参考にしてください。

車の文化遺産や歴史を絶やさないため

トヨタは最近パーツの復刻について力をいれてきています。しかし補給部品はサプライヤーに受託されてからの受注生産になるため利益はあまりありません。それどころか損益が発生するといったリスクもあります。しかし過去に知恵を絞り、共同開発によって作られた車を後世に残していきたいといった思いがあるので2000GTの補給部品を復刻することに決めたそうです。利益がなくても名車を後世に残しておくことで日本やトヨタの大きな財産になるでしょう。

運転を快適にするアイテムを紹介!

私がおすすめするアイテムは【CarZoot】プロ仕様車内消臭剤です。

この消臭剤は

①プロが認める効果

②ニオイを完全に除去

③安心の日本製

このような特徴とメリットがあります。

車に乗っているときに気になるのがニオイです。ニオイは放っておくと悪臭となり取り返しのつかない事になります。そうなる前に使って欲しいのがこの消臭剤です。専用の容器に入れてミスト状で放出するので普通の消臭剤では取れないようなニオイも徹底的に消臭することが出来ます。

そして気になるお値段はAmazonで4,280円で販売されています。これを使用すると気分がリフレッシュして運転が快適になりますのでこの機会に購入してみてはいかがでしょうか。

トラクターは公道を走っても大丈夫?トラクターについて解説!前のページ

車に安全性を求める方必見!軽・普通車・大型車でランキングを発表!次のページ

関連記事

  1. 記事

    兵庫県の交差点で事故が多発!あらかじめ事故を防ごう!

    兵庫県の交差点では事故が多発しています。あらかじめ事故を防ぐことが大…

  2. 記事

    【NEDO】CO2排出ゼロで水素を製造する研究開発委託先の公募を開始!

    『NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)』は、2月17日に水…

  3. 記事

    関西の南国!和歌山県で2021年にはここに行こう!トレンドになりそうな道の駅!

    関西地方でも、南部に位置する和歌山県。太平洋の暖流がそばに流れ、暖か…

  4. 記事

    Honda CONNECTの魅力を徹底解説!新型のヴェゼルに搭載決定!

    ホンダは新型のヴェゼルに自動地図更新が出来る最新のHonda CON…

  5. 記事

    2021年自動運転レベル3の量産型が実現!自動運転レベル4の量産化はいつ?

    2021年3月に、大手自動車メーカーホンダが、自動運転レベル3の量産…

  6. 記事

    スモークフィルムは貼る場所によって違反になる?

    車を運転中にスモークフィルムを貼った車を目にすることも多いの…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    宇都宮ライトレールデビューが2023年に延長した理由や変更点などを詳しく解説
  2. 記事

    【ポリンくん・ポーリーちゃん】高知県の交通安全系警察マスコットキャラクターとは?…
  3. 記事

    【知らないと損】F1で使われるコースに基準と、人気のコース3選
  4. 記事

    オペルがまたまた日本に上陸!2021年に買うべき車種を徹底紹介!
  5. 記事

    【車でアクセス可能】神奈川県の釣りスポットは自然豊か!!
PAGE TOP