トヨタといえばプリウス!進化の歴史をわかりやすく解説

   
 

日本企業の中でも特別有名な会社としてトヨタ自動車が挙げあられます。

そして、そのトヨタ自動車にとってなくてはならない存在にプリウスがあります。

では、なぜプリウスはトヨタの代名詞とも呼ばれるほどの人気を得ることができたのでしょうか?

今回はそんなプリウスの歴史を紹介しましょう。

プリウスの歴史

初代プリウスの開発における目的は、「21世紀のクルマをつくる」「トヨタのクルマ作りを変える」の2つでした。

当時のクルマ社会は多くの課題を抱えていましたが、その中でも「環境」と「資源」の2つのテーマを元に開発が始まりました。

このテーマはスケールが大きすぎてほかのメーカーが取り組んでおらず、誰かがやらなければならない重大な問題でした。

初代プリウス

初代プリウスはそんな大きなテーマを実現するべく1997年10月に「世界初の量産ハイブリットカー」として誕生しました。

販売当初のカタログ燃費は28.0km/Lと既存のガソリン車と同等の走行性能を保ちながら、約2倍の低燃費とCO2排出量半減などを実現しました。

この初代プリウスはアメリカ市場でも大きな話題となり、セレブリティーたちが愛用したことも社会現象となりました。

2代目プリウス

2代目プリウスは2003年に登場し、燃費は35.5km/Lまで上がりました。

スタイリングは運転席の頭上を頂点として、前後になだらかに下降していく「トライアングルシルエット」となり、優れた空力性能とゆとりのある室内空間の両立を実現しました。

また、駐車時のハンドル操作を自動化できるインテリジェントパーキングアシストや、横滑り防止機と電動パワーステアリングを統合制御する「S-VSC」などの世界初の先進技術を搭載したものでした。

3代目プリウス

2009年5月に登場した3代目プリウスはトヨタ初となる電動式冷却水ポンプ、排気熱再循環式ヒーターシステムを採用したものとなりました。

また、エンジンの拡大やモーターの強化なども伴い、燃費は38.0km/Lを達成しました。

更に新たに太陽電池をルーフに搭載し、その電力で駐車中の車内の換気を行うソーラーベンチレーションシステムの装着車も登場しました。

4代目プリウス

2015年12月には、現行モデルとなる4代目プリウスが登場しました。

3代目プリウスよりも重心を下げてアグレッシブなデザインとなっています。

燃費は40.8km/Lを達成しながらも、走りの良さも追及した攻めのモデルチェンジとなりました。

4代目プリウスは乗り心地のみこだわっており、座骨に集中しがちな圧力を周囲に分散し、ロングドライブでも疲れにい使用になっています。

また、走行時の静寂性を高めるために、エンジンの低振動・低騒音化を図りながら、その音が車内に入らないよう高性能な遮音吸音材を使用することで、ドライブをさらに快適にしています。

プリウス購入時の選び方

プリウスのグレードには大きく分けて「E」「S]「A」「Aプレミアム」の4種類が存在します。

「E」のグレードでは燃費性能に特化しており、プリウスの中でも最も低燃費となっています。

しかし、この優れた燃費を実現するために、リアスタビライザーが省かれ、燃料タンク容量も他グレードより5L少なくなっています。

「S」のグレードは実用性の高さが魅力となっており、運転席のシートの上下機能、助手席のリクライニング・スライド機能、大型コンソールボックスなどの収納の追加などが挙げられます。

更に、フロントガラスにUVカット・撥水機能が追加されるなど、快適なドライブのためのサポート機能が備わっており、日常的に使用するにはこのグレードがおススメとされています。

「A」のグレードは上級グレードとされており、フロントドアガラスにスーパーUVカット機能付き・撥水機能付きの遮音性ガラスが採用されています。

運転席は8ウェイパワーシートとなり電動ランバーサポートも装備されており、上級グレードらしい機能が充実しています。

「Aプレミアム」は最上級グレードとなっており、本革シートが標準装備となっています。

フロントシートは快適温熱シートとなっており、ベンチレーション機能も搭載されるなど、季節を問わず快適なドライブが楽しめる仕様になっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

トヨタ自動車が生んだプリウスはこのような歴史があるのです。

また、現在のプリウスの中でも様々なグレードがあるのです。

プリウスについていろいろと知っていただけたでしょうか?

この記事を読んで現在車の購入を検討中の方の参考になれば幸いです。

トヨタのプリウス 公式サイトを見る場合は、こちらをクリックしてください。

歴代のプリウスを動画で紹介してありますので、よろしければこちらもご覧ください。

また、プリウス購入を検討中の方に向けて、新型プリウスの公道試乗動画もご用意しましたので、併せてご覧ください。

ツエーゲン金沢を盛り上げよう!おすすめの駐車場を紹介!前のページ

なぜ軽トラはオートマが少ないのか次のページ

関連記事

  1. 記事

    車内の汚れや臭いの原因は?車内を綺麗に保つ方法

    皆さんが当たり前に通勤やお出かけの時に使用している自動車の臭いが、気…

  2. 未分類

    次亜塩素酸タイプとCarZoot車内消臭剤「ClearOne」の違いとは?

    家族や友人たちと車でドライブ、ビジネスでの移動で車内を最適環境にする…

  3. 記事

    車のメッキはデリケートだからクリーナー選びにも気を使おう!正しい手入れ法

    車のメッキは愛車の高級感を出すパーツですが、くすみが生じやすいのも事…

  4. 記事

    トラックコーティングを京都でする方必見!

    トラックコーティングをしたいけれど、お店が選びきれないという方もいま…

  5. 記事

    車用品のプレゼントにおすすめ!かっこいい・かわいいものを厳選!

    車用品には多数の種類があり、うまく活用すると、日々のドライブをより快…

  6. 未分類

    おすすめのヘッドライトクリーナー

    愛車のメンテナンスの中でもヘッドライトの汚れは意外と気にしないという…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    【先着100名】歴史を象徴する自転車『ニューマルキン号』が登場!
  2. 記事

    ブランドが磨き上げた性能で地上を走り回るVWゴルフオールトラック
  3. 記事

    安価だけど質のいい和歌山県でおすすめのカーコーティング業者を紹介します!
  4. 記事

    【ドライブ】グルメを楽しもう!熊本県のおすすめ高速SA2選!
  5. 記事

    メルセデスベンツがSクラスを8年ぶりにモデルチェンジ!スペックや見どころも紹介
PAGE TOP