トヨタが発売しているミライってどんな車?従来と新型を比較!

   
 

トヨタのミライとはどんな車なのか?

名前を聞いたことはあるけど、詳しくどんな車なのか全然分からないと思っている人多いと思います。

そんな現行ミライは生産終了の噂がありますが実際のところどうなのか調べた結果をお伝えします。また正式に発表された新型ミライについて分かる限りの情報を解説していきます。

ぜひ参考に下さい。

1、現行ミライの生産はどうなるのか?

生産は終了!

2020年の6月をもって現行のミライは生産中止となりました。

現行のミライの性能とは?

・ミライはどんな車だったのか?

燃料電池自動車で世界初の市販販売された車でした。動力源は、水素と酸素と電気を使ったものとなっていました。また乗れる人数は4人でした。走行距離としては、水素を満タンにすることで650km可能でした。

・価格帯はいくらだったか?

741万円という高額な設定でした。トヨタの高級車であるクラウンよりも高額の設定になっていました。

・現行のミライはいつ発売されたいたのか?

現行のミライは、2014年に発売されました。そして月間販売台数は最大158台。終了までの通算販売台数は3,300台でした。やはり時代に先行しすぎたことに加えて、1台の価格の高さが一般ユーザーの手が届きにくかったのでしょう。

この車をゴリ押ししていたのは、2020年に開催される予定であった東京オリンピックまでに日本は水素先進国としての地位を確立する目論見があったからです。それでも、赤字になるため現行のミライは生産終了となっています。

2、新型ミライはどんな車なのか?

発売時期は?

2020年の秋ごろを予定しています。

現行ミライから何がパワーアップしているのか?

走行距離が従来の30%アップした!

これまで燃料を満タンにして650kmだったのが、800kmまで延長されています。というのも、従来のミライを利用していたユーザーから燃料がもっと欲しい!長距離移動の場合燃料がなくなる不安が大きいという声が聞かれたためです。

・TNGAを採用

従来のミライから、量産には向かない構造となっています。それが原因で従来ミライは注文に対して生産ラインが追いつかないことが多かったです。そこで新型ミライは、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)というプラットフォームを利用しています。プラットフォームを採用することで、情報を共有化し生産性を向上させることに成功しています。

・販売価格が低くなる

TNGAを採用したことで、生産性の向上を図れたことで販売価格を低価格化させることに成功しています。そのため従来741万円必要であったミライが、新型になると500万円台になると言われています

愛車が一発で綺麗に光り輝いてくれるアイテム!【CarZootプロ仕様】最新版 黒樹脂 完全復活コーティング

愛車が昔以上の輝きを取り戻してくれるアイテムが、【CarZootプロ仕様】最新版 黒樹脂 完全復活コーティングです。Amazonで購入でき、特徴としては以下の通りになります。

・本製品は車のワイパー周りやグリル、バンパー、内装、ダッシュボードに使用されている全ての樹脂パーツの劣化を復活させる黒樹脂復活剤 コーティング剤です。

・今までになかった復元(黒く美しくする)+保護成分(劣化防ぐ)も配合。本製品はムラになりにくく、初めての方でも使用しやすいのが特徴。樹脂パーツコーティング剤は国内で研究開発を重ね製造工程も全て国内で行っております。

Amazonで参考価格は1,790円となっています。

最近、愛車が少し傷ついてきていたり汚れが目立ってきた。洗車したり市販されているコーティング剤を使ってみたけどあまり効果が無かった。そんな人にこそ、こちらのアイテムをぜひ活用して頂きたいと思います。これを使うことで、あなたの愛車は一発で昔買った当初のようなカッコいい車に早変わりしますよ。

avatar
購入を検討するならトヨタもおすすめだよ!

従来車と新型車を比べてみよう!

車中泊におすすめ!簡易トイレや携帯トイレを徹底解説!前のページ

なぜ180キロまで?スピードメーターと制限速度の関係を詳しく解説!次のページ

関連記事

  1. 記事

    徳島県で持ち込みタイヤをお得に交換!安くて高品質!

    安全に車を使用するためには、タイヤの定期的な交換が必要です。しかし、…

  2. 記事

    初心者におすすめなハンドルの捌き方や上手に運転するためのコツをご紹介!

    ドライブを楽しむためや、通勤用などに免許の取得をした方が多いですが、…

  3. デザイナーB

    車内のクリーナー術の基本!スチームを使ったクリーニングテクニック!

    愛車をこまめに洗車されているカーオーナー。掃除機をかけたとしても、シ…

  4. 記事

    50代女性の車を運転する時のファッションに注目! 夏バージョン 

    女性の運転手はさほど珍しくもありませんが、若い世代の女性よりも50代…

  5. 記事

    車高を変えても安全装置は大丈夫なのか?どこがポイントか徹底解説!

    街中を走っている車の中には、路面すれすれの車高の高さで走っている車も…

  6. 記事

    ナンバープレートがある意味は何?なくても困らないんじゃないか? ナンバープレートについて解説します!…

     皆さん普段何も気にせず車にはナンバープレートを付けているかと思い…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    奈良県のインスタ映えスポットへ車で行ってみよう!
  2. 記事

    【比較】日本と外国の高速道路料金はこんなに違った!
  3. 未分類

    ブレーキダストとは?簡単に落とす方法とつきにくくする方法を紹介!
  4. 記事

    徳島県のラーメン屋を車で回ろう!
  5. 記事

    秋田県でGOTOトラベルキャンペーンではここに行くのがおすすめ!
PAGE TOP