デザイン性、機能、安全の全てがモデルチェンジしたモリタの消防レスキューカーを紹介します。

   
 

「株式会社モリタ」は消防車車両などの緊急自動車や特殊用途自動車を販売、もしくはシャシに特殊な改造を加える架装を行っています。

株式会社モリタは消防自動車の販売シェア国内トップの実力を誇り、年間の需要台数の約半数を超える生産を行っています。多くの消防署に納入されているため皆さんも知らないうちに目にしていたかもしれません。

そんな地域の安全を守っている「ヒーロー」のようなモリタの緊急自動車が、2021年に入ってモデルチェンジを行いました。今回はそちらの情報をまとめたのでご覧いただきたいと思います。

高次元融合のモデルチェンジ

今回モリタは安全性やデザイン性、そして機能性の3点を高次元で融合させた「モリタオリジナルキャビン インテリジェントアタッカー」をモデルチェンジさせました。

第1号車は2月24日に、福岡県春日・大野城・那珂川消防組合消防本部に納入されています。

救助工作車だけではない

モデルチェンジしたモリタオリジナルキャビン インテリジェントアタッカーは救助工作車のみではなく、水槽車など多数の車種に展開が可能となっています。

今回のモデルチェンジのコンセプトは「地域を守っているヒーローの消防隊員を助ける自動車」をイメージしており見た目にも採用されています。

モリタと言えば先進素材のカーボンファイバーを採用し、今までの鉄製ループに対して約50%も軽量化を果たした「レッドアーマー」がお馴染ですが、今回のモデルチェンジでもその工夫を継承しています。

そして継承しつつ「ハイルーフフレーム」を新規で取り入れ、車内の空間を驚くほど拡大させることに成功させました。また車両部分では架装部分の一体感を狙って「ワンモーションシルエット」を採用し、現代的な力強いデザインに仕上がっています。

安全性と機能性

このモデルチェンジで進化したのはデザイン、見た目だけではありません。キャビン後部の片側の4カ所に窓ガラスのエリアを配置しました。そのおかげで車内から外を確認するための視野を広げることに成功し、後部座席に座った隊員からも安全を確認しやすくなりました。

後部座席の窓ガラスはスモークガラス仕様になっているので、外から中を覗かれる心配はありません。

次に機能性に関しては災害の現場に向かう隊員の乗降りがし易いように「展開式昇降ステップ」が採用されています。またクラス内で一番の後部座席スペースを確保するため、ダブルキャブ車の後部座席部分を延長しました。

初代のレッドアーマーでは高さ1800㎜以上で足元560㎜以上のスペースを確保しており、空気ボンベやヘルメットなどの消防隊員の装備を装着したままでも活動が可能ですが、今回のモデルチェンジではその空間を遥かに超える広い車内空間を実現しております。後部座席の空間も車内の高さ1880㎜を確保し、より隊員が装備を担いだまま移動しやすくなっています。

近未来カー

今回のモデルチェンジでやはり注目したいのはその見た目です。消防車は子供の好きな車で常に上位に来るような車両なのですが、今回のモデルもトミカなどホビー化すれば必ず人気がでるでしょう。

特に後部座席の隊員の視界の確保のために作られた窓が近未来カーの雰囲気を醸し出しています。

また従来の消防車は本当に乗降りが大変で、一般人ではまず間違いなくスムーズに乗降りはできないでしょう。そんな中隊員は思い装備を担ぎながら出たり入ったりしていたので、今回の昇降ステップはかなりありがたい装備ではないでしょうか。

地味な部分ですが、重要なポイントだと思います。

ヘッドライトの黄ばみ気になっていませんか?

記事の最後に愛車の御手入れに役に立つアイテムを紹介させていただきます。今回はピンポイントにヘッドライトの黄ばみ取りクリナーのご案内で、CarZoot社のヘッドライトクリーナーでは手軽にプロ仕様の仕上がりを出すことが出来ます。さらにコーティング剤も一緒に入っているので綺麗にしつつ守ることが出来ます。

是非大切な車のお手入れにCarZoot社のヘッドライトクリーナーをご利用ください。

アイテムを取り入れる車内の花粉対策前のページ

生産台数40台の限定生産パガーニ・アウトモビリの新作【ウアイラ・ロードスターBC】日本初上陸!その値段はなんと3億9000万円越え次のページ

関連記事

  1. 記事

    名古屋を楽しみつくそう!中区でお得に駐められる駐車場3つ!

    名古屋市中区といえば様々な施設もあり、各種イベントが行われています。…

  2. 記事

    マツダが発表した2022年度の採用計画とは?技術系・事務系は前年並み?

    この度マツダ自動車は2022年度の採用計画を発表しました。今回の記事…

  3. 記事

    岩手県に来たら行って欲しい!道の駅を紹介!~2020年度~

    長距離ドライブやツーリングに欠かせないのが憩いの場である道の駅です。…

  4. 記事

    ブリヂストンの調子がおかしい?仏ベチューン工場の閉鎖計画が持ち上がる

    タイヤメーカーとして世界的にも有名なのがブリヂストンになります。あな…

  5. デザイナーB

    サターンはこんな取り組みをしていた!惜しまれつつも無くなったサターンの方針とは?

    あなたは「サターン」という自動車ブランドをご存知でしょうか?以前は日…

新着記事の一覧

  1. 佐藤琢磨が挑んだ「2021年インディカー・シリーズ」開幕戦!…
  2. ドバイで無人タクシーを導入!米の自動運転開発会社と契約へ
  3. 北陸電力が発表した「環境・エコカー割」とは?エコカーの種類も…
  4. 畑中慎吾選手がエヴァンゲリオンレーシングのドライバー!D1 …
  5. 3月の中国新車販売を確認!トヨタは6割増でホンダは2倍強
  1. 記事

    車に雪が積もったらおまかせ!おすすめ雪ブラシを徹底的にご紹介します!
  2. 記事

    きっと見ればドライブに行きたくなる映画「プリシラ」
  3. 記事

    安い駐車場を紹介!~京都サンガ編~
  4. 記事

    瀬戸内海を望む愛媛県をドライブ!2020年にドライブの途中で寄ってほしい道の駅を…
  5. 記事

    市職員の飲酒運転。福岡県で起った平成の交通事故について。
PAGE TOP