ダッジは人気車種を多数生産!歴史と人気車種の特徴を徹底解説!

   
 

ダッジはデザイン性、機能性に優れたモデルを販売しており、多くの車ファンからの注目を集めています。ダッジの歴史や人気車種をご紹介しますので、興味のある方はチェックしてみてください。

ダッジとは

https://www.instagram.com/p/CFEU3oiDmab/?utm_source=ig_web_copy_link

ダッジはクライスラー社の一部門です。アメリカの自動車産業ビッグ3であるクライスラー社の一部門なので、車のメーカーではありません。クライスラー社はダッジ以外にもプリマスも所持しています。以前は、ダッジとプリマスが共有して兄弟車を販売するケースがありました。ダッジのトレードマークは十字です。

ダッジの歴史

ダッジの歴史を人気車種と関連付けてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ダッジの初代は「ダッジ チャレンジャー」

ダッジの初代となるのは、「ダッジ チャレンジャー」です。初代の「ダッジ チャレンジャー」は1970年に販売されました。外観がクールでコンパクトですし、走行性能も高いので、人気の車種となっています。

ライバル車を押しのけ、1974年までに、「ダッジ チャレンジャー」は16万5千台を売り上げました。

ダッジの2代目へのモデルチェンジ

大人気の「ダッジ チャレンジャー」でしたが、1974年に生産が終了となります。それからフルモデルチェンジが行われ、4年後に2代目のモデルチェンジが行われました。

2代目のモデルは、三菱のギャランΛ(ラムダ)のOEM供給を受けて復活しました。初代の「ダッジ チャレンジャー」よりも性能面は高くなっています。

3代目は「チャレンジャー」

3代目のチャレンジャーは、2008年より販売が開始されました。デザイン性はもちろん、6100ccL型の大排気量ヘミエンジンを搭載するなど、機能性も高く、人気となります。

2006年に北米国際自動車ショーでコンセプトカーが初披露され、多くの車ファンの注目を集めました。

ダッジのおすすめな車種

ダッジのおすすめな車種は「2020ダッジ チャージャー(DODGE CHARGER)

」です。

2020ダッジ チャージャー(DODGE CHARGER)

性能や使いやすさにはこだわりたいけれど、フルサイズのセダンが良いという方におすすめなのが「2020ダッジ チャージャー(DODGE CHARGER)」です。

4ドアセダンではありますが、加速性能とブレーキングの質が高いのが魅力です。

2020年モデルではワイドボディのスキャットパックワイドボディとSRTヘルキャットワイドボディが追加されています。

空気抵抗が軽減されているので走りやすいのも魅力です。スピードはもちろんですが、デザイン性にもこだわっており、多くの車ファンに人気となっています。モデルは6種類あります。

2020年モデルの特徴を知っておこう

・スキャットパックワイドボディ/ SRTヘルキャットワイドボディが追加されている

・フロントバンパーやリアバンパーなどのデザインはワイドボディモデル

・3.5インチフェンダーを搭載している

2020 ダッジ チャージャー (Dodge Charger)スペック

スタイル              セダン/フルセダン

搭乗定数              5人

エンジン             

3.6L V6 24V VVT Engine 

標準装備 : SXT RWD / GT RWD

5.7L V8 HEMI® MDS VVT Engine 

標準装備 : R/T RWD

6.4L V8 SRT HEMI® MDS Engine 

標準装備 : SCAT PACK RWD

6.4L V8 SRT HEMI® MDS Engine 

標準装備 : SCAT PACK RWD / SCAT PACK WIDEBODY RWD

トランスミッション          

8-Speed Automatic 8HP70 Transmission

標準装備 : R/T RWD / SCAT PACK RWD / SCAT PACK WIDEBODY RWD

8-Speed Automatic HP90 Transmission

標準装備 : SRT HELLCAT WIDEBODY RWD

AutoStick® Automatic Transmission

標準装備 : 全てのモデルが対象

DRIVETRAIN     RWD AWD(SXTのみ変更可能)

[CarZootプロ仕様]【新感覚!育てるコーティングキット】施工のたびに輝きが増す驚きの艶と撥水性コート『育艶-IKUTSUYA』

ダッジはデザイン性、機能性に優れたモデルを販売しており、多くの車ファンに人気があります。チェックしてみると良いでしょう。

ところで、車の状態はいかがでしょうか。

[CarZootプロ仕様]【新感覚!育てるコーティングキット】施工のたびに輝きが増す驚きの艶と撥水性コート『育艶-IKUTSUYA』」は車をピカピカにしたい方におすすめです。

汚れが付きにくくなるのでメンテナンスが楽になりますし、塗りムラが生じにくいのも魅力です。チェックしてみると良いでしょう。

avatar
使えば使うほど艶が出るコーティング剤です!

メンテナンスが楽しみになってしまいますね!

ポンテアックはリーズナブルな価格設定とデザインが人気!人気車種と歴史を紹介!前のページ

キャデラックは高級車ブランドとして有名!キャデラックの歴史と人気車種を把握しよう!次のページ

関連記事

  1. 記事

    三重県で利用したい貸し切りバス業者を3選して紹介!

    三重県で貸し切りバスを利用したいけれどおすすめの貸し切りバス業者はど…

  2. 記事

    山形県で回るべきドラマロケ地のまとめ!

    東北のみごとな自然が溢れる山形県。そんな山形には、どんなドラマロケ地…

  3. 記事

    ブレーキランプが片側切れた状態での走行は違反になる?

    車のブレーキランプはドライバー自身での確認が難しいため、ブレーキラン…

  4. 記事

    【長崎県】トレッキングやハイキングを楽しもう!車でいける観光地5選!

    皆さんも自動車でおでかけすることがあるかと思います。2020年は新型…

  5. 記事

    2020年度版UDトラックスおすすめ車種を解説!

    パワフルなエンジンと高級感のあるデザインがおすすめなのがUDトラック…

  6. 記事

    車に乗るなら知っておこう!バッテリー上がりを5分で解消する手段とは? 

    よくある車のトラブルに「バッテリー上がり」があります。もしバッテリー…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. デザイナーB

    車のカギを失くして困った時の費用はいくら?おすすめの業者を紹介!
  2. 記事

    車のガラスくもりの原因は気温差だった!フロントガラスのくもりを対策する2つの方法…
  3. 記事

    奈良県でタイヤ交換するのに人気のお店を厳選!
  4. 記事

    検温ピット!?鈴鹿サーキットのコロナ対策を徹底調査してみた!
  5. 記事

    駐車場経営って儲かる!?気になる利回りの試算 
PAGE TOP