ダイハツがHV参入へ遅れを取り戻せるか

   
 

ダイハツ工業は2021年度にハイブリット車に参入し、親会社のトヨタ自動車と共に開発した新ステムを搭載した小型の多目的スポーツ車「SUV」を国内向けに販売することを表明しました。

日本政府は2035年までにガソリン車を廃止し、新車販売の全てをHV車などの電気自動車に切り替える方針を決めています。これによりダイハツでも今後は軽自動車などで電気自動車仕様にしたモデルを出す計画を進めており、HV部門で出遅れている軽自動車メーカーにも「脱炭素」の動きが始まっています。

10年ぶりの挑戦

国内の大手自動車メーカーの中で唯一ガソリン自動車のみを販売しているダイハツはがHV部門に参入するのは約10年ぶりです。価格はガソリンモデルの車よりも数10万円は高くなることが予想できますが、その分を燃費性能でカバーし2~3割の改善を目指しています。

小型車からスタート

HV車の参入でまず発売する予定なのが小型車の「ロッキー」で、その後軽自動車に広げていくようです。

軽自動車や小型車をHVに対応させるためには、値段を抑える必要があります。そのため一般的にはモータをエンジンの補助に使用する簡易的なシステムを採用します。そんな中ダイハツはトヨタのシステムを基盤にし、エンジンを停止させている時でもモーターのみで走る本格的な電気自動車を開発しました。

そしてエンジン部分やリチウム電池などの部品も改良しコストを抑える努力をしています。そういった設備への投資には今後数十億円という多額な費用を投資する可能性があるので注目してみていきたいですね。

電気自動車の遅れ

日本政府は2020年の12月に、温室効果ガスの排出量を2050年には実質的に0にすると目標を示しており、自動車は35年までに全てHVにすることになっています。

ダイハツは2010年ごろまでは軽商用車の「ハイゼット」でHVモデルを出していましたが、官公庁や法人などの限られた人への販売に落ち着いていました。そのため今回の動きは政府の方針を受けての本格的なHV対応の舵を切っているということになります。

今までダイハツはハッキリ言って電動化の動きは遅れています。それは小型車や軽自動車などに主力を置いており、地方の公共交通インフラを少ない地域の移動の手段を担っていたからもあります。またHV化により販売価格が上がれば住民の生活にも影響があると考えていたので、ガソリン車の軽量化で燃費の改善をしていました。

まとめ

これから注目すべき点は国内の新車販売台数の3割を占めている軽自動車の対応です。特にダイハツとスズキは軽自動車の燃費改善効果が少ない簡易型のHVのみなので、これをクリアにすることで電動化が進めば温室効果ガスの削減の影響はとても大きなものになるでしょう。

ダイハツの動きもですが、今後の日本の自動車産業に注目したいと思います。

CarZoot社のホイールコーティング剤

今回紹介するCarZoot社のホイールコーティング剤は他社のボディ用のガラスコーティング剤の流用ではありません。アルミホイールのために開発された保護を目的とした専用のコーティング剤なのでその効果は抜群です。さらに国産車だけではなく、海外車特有のホイールの汚れも寄せ付けないほどの強固なガラス被膜でホイールを輝かせます。

このアルミホイール専用のコーティング剤は約3年もの耐久性を持ち耐熱性にも優れいます。さらにホイールの隅々までに塗れるように専用のスポンジも付属されているので、安心して使用することができます。CarZoot社の製品は実際に自動車のプロ達がお店で使用している実績を持ちます。そして開発、製造を日本国内で行っているため品質は保証されています。

是非大切なお車のお手入れにCarZoot社のホイールコーティング剤をご利用ください。

ヤマハ発の名車「SR400」43年の歴史に幕前のページ

日産がフィリピン生産3月終了大量解雇も次のページ

関連記事

  1. 記事

    車のバッテリー交換の方法をご紹介!どれくらいの価格で交換できる?

    車のバッテリーを交換したいけれど、費用がどれくらいかかるか分からず不…

  2. デザイナーB

    神戸市とドコモ市バスの通行モニタリング実証実験を発表!その内容とは?

    移動体通信の雄 NTTドコモが、神戸市バス通行モニタリングの実証実験…

  3. 記事

    バイデンシフトによる車業界の変化

    アメリカ大統領選挙は日本国内でも連日ニュース番組を賑わせ盛り上がりを…

  4. 記事

    岡山県でお遍路巡りが出来る?車で行けるおすすめのお寺を大公開!

    中国地方と関西地方の間の県、岡山県。この岡山では、どこに行けば、有名…

  5. 記事

    山梨県の植物園はここがおすすめ!インスタ映えする写真を撮って楽しもう!

    あなたは山梨県というとどんなイメージを持たれるでしょうか?恐らく「富…

  6. 記事

    絶対に失敗しない!女性が軽自動車を選ぶ際に注意したい基準3つを詳しく解説 

    皆さんの中には、「そろそろ自分の車が欲しい」「通勤・通学で車が必要に…

新着記事の一覧

  1. 【2021年版】新潟県警が行う交通イベントをご紹介!オレンジ…
  2. 【2021年版】神奈川県で行われている交通イベントをご紹介!…
  3. 【2021年版】東京都の交通イベント!高齢者向け講習・シュミ…
  4. 【2021年】千葉県の交通イベントの取り組みをご紹介!キラリ…
  5. 【2021年版】埼玉県で行われる警察による交通イベントをご紹…
  1. 記事

    カラフルな家々が連なるキュラソーの交通事情
  2. 記事

    ランサーパーツ通販ネットで購入したい!ランエボのチューニング専門店をご紹介!
  3. 未分類

    プラズマクラスター車載器は本当に効くのか?
  4. 記事

    過給機について徹底解説!過給機があるから低燃費?
  5. 記事

    福井県の免許センターでスムーズに免許更新を!4つの免許センターの基本情報を紹介!…
PAGE TOP