タイヤ交換は電動ドライバーで楽ちん作業 

   
 

ガソリンスタンドやディーラーでのタイヤ交換は費用がかかってしまうので、”タイヤ交換くらいは自分で”という方も少なくありません。しかし、最も面倒なのは、レンチでナットをまわして締めたり緩めたりする作業です。いくつかの注意点に気を付ければ電動ドライバーで簡単に作業することができます。今回は電動ドライバーを活用したタイヤ交換術について紹介します。

電動ドライバーでタイヤ交換する方法

タイヤ交換は手順を熟知して、作業に慣れてくれば自分自身で行うことについてはそれほど苦になりません。しかし、一度手順を間違えてジャッキアップし直したり、ナットを締め直したりすれば、不要な体力と気力が削がれてしまい、その苦い経験が次のタイヤ交換を億劫に感じさせます。しかし、電動ドライバーさえあれば圧倒的に作業が楽になります。その手順について紹介します。

手動でレンチでナットを緩める

タイヤ交換に適した広い場所で作業を行いましょう。車両にサイドブレーキがかかっていることも確認してください。
まず、ホイールカバーがある場合は、マイナスドライバーなどへら状のものをタイヤとホイールの間に差し込んで外します。そして、4もしくは5本のナットを緩めるのですが、ここでは電動ドライバーを使わずに、手動でレンチを回して緩めるだけです。クロスレンチがあれば、タイヤ面と平行に力を加えることができるので、余裕があれば買いそろえることをお勧めします。

ジャッキアップも電動ドライバーで

車両の下部にある、車のジャッキポイントにジャッキがかかる位置にジャッキをセットします。車両横から覗き込むと切り込みがある場所を目視できます。分からないようなら、説明書を確認しましょう。
電動ドライバーは何もホイールのナットを締めたり緩めたりするだけではありません。ジャッキと電動ドライバーの先端と接続できるアダプターを購入することで、簡単にジャッキアップすることができます。
電動ドライバーを作動させて、ゆっくり車体を持ち上げて、タイヤから5cmほど上げたところで止めましょう。ジャッキアップしたら絶対に車体の下にカラダを入れてはいけません。ジャッキが外れた時に下敷きになってしまうことがあるからです。

ナットの緩め・締めは楽々電動で

車体をあげたら、先ほど緩めただけの全てのナットを電動ドライバーで外していきます。交換前のタイヤを外し、交換するタイヤをはめて、外したナットを締めていきます。

ナットを締めるのは正しい方法で

ナットを締める注意点は、1つのナットをいきなりキツク締めてはいけないことです。全てのナットを均等に締めていくために、4つのナットなら上下左右の順番で、5つのナットなら星を一筆書きで書くときの順番で締めていきます。電動ドライバーは早く締めることができるのですが、早すぎて均等に締められないことがあるので注意が必要です。

ジャッキダウンしてナットを増し締め

ジャッキをまわしてゆっくり車体を下げていき、完全に下りたらジャッキを外します。最後に手動でレンチをまわして増し締めしてタイヤ交換完了です。増し締めの手順もナットを締めたときと同じ順番で締めていきます。

ホイールの輝きをいつまでも おすすめのホイールコーティング剤

[CarZoot]ホイールコーティング剤「DUST BARRIER PREMIUM」

[CarZoot]ホイールコーティング剤「DUST BARRIER PREMIUM」の特徴は以下の通りです。

【概要】ホイールコーティング剤専用のガラスコーティング剤。ホイール専用なので、3年の耐久性があり、ブレーキダストなどの高い温度にも耐えられる耐熱性があります。付着したブレーキダストもコーティングによって除去しやすくなります。

【施工】細かい隙間にも塗布できる専用スポンジと、下地処理シャンプー、マイクロファイバータオル、施工マニュアルがついています。

【価格】amazon.co.jpでの価格2,480円(税込み)

タイヤ交換をディーラーやガソリンスタンドに依頼すると金額は5,000円ほどかかってしまいます。自分で交換を行えばその分は節約できるので、ホイールコーティング剤を購入して、きれいなホイールを維持させるのも良いでしょう。

初心者におすすめなハンドルの捌き方や上手に運転するためのコツをご紹介!前のページ

クイックレーサーという商品名が始まりのカスタマイズが楽しいミニ四駆次のページ

関連記事

  1. 記事

    親水性のコーティング剤を比較!車のコーティング剤「ゼロウォーター」の評判は?

    皆さんはそもそもコーティング剤を使っていますでしょうか?コーティング…

  2. 記事

    シボレーが2021年の新型ボルトEVを米国発売!ボルトEVの新型モデルと従来モデルを比較してみた

    アメリカ合衆国の自動車メーカー「シボレー」が、2021年版の新型ボル…

  3. 記事

    【秋田県】県内でおすすめのトラック用品店とメーカーをご紹介しましょう!

    働く車の代表選手、それがトラックです。トラックは多くの場合、ボディは…

  4. 記事

    【人気トヨタ車用】30系プリウス向け外部給電キット販売を2021年開始!

    「プリウス用外部給電キット販売について詳しく知りたい。」「豊…

  5. 記事

    アルテッツァジータ2001年モデルがどうしてこんなに人気なのか?徹底解説!

    あなたはトヨタの「アルテッツァジータ」という車をご存知でしょうか?今…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    インスタに投稿したらアマギフをもらえる?阿部商会インスタグラム投稿キャンペーンを…
  2. 記事

    ホンダが「ドライビングシミュレーター」をマイチェン!価格は313万5000円
  3. デザイナーA

    府中にある東京競馬場周辺オススメ駐車場をまとめて紹介!
  4. 記事

    山梨県でおすすめ!車で行ける人気のいちご狩りスポットを紹介
  5. 記事

    【2021年版】山口県で外せない!冬に車映えするSNS撮影スポットを紹介
PAGE TOP