タイヤの交換に10万円もするなんて高すぎない?それってぼったくり?なのか検証!

   
 

私達が使っている車のタイヤは、車を安全に走行させるために重要なパーツの1つです。

スリップサインが現れる前にタイヤ交換をしたいものですが、タイヤの交換に10万円もしてしまうケースがあります。

本当にこんな値段になるのでしょうか?

そこでこの記事では、このタイヤ交換の値段について解説していくことにします。

タイヤ交換をしてくれる業者は様々

「タイヤが擦り減って来た」と思ったなら、なるべく早く早めに交換することが必要です。

しかし、今ではタイヤの種類が色々と発売されています。

そのために、どれを選べばいいのか悩むところでしょう。

「どんなタイヤを買えばいいのだろう?」

「どこで交換したらいいのか?

こんなふうに頭を抱えるオーナーも結構いるかと思います。

このような際にすぐに相談に乗ってくれるのが、車を購入したカーディーラーでしょう。

車を買ってから、何かと相談を聞いてくれるので、安心してお願いができるはずです。

しかし、タイヤ交換については、カーディーラーだけでなく、カー用品店、タイヤ専門店等様々な購入ルートがあります。

しかも、この数年インターネットの通販でも、購入できる方法が出てきましたので、選択肢がますます広がっているのです。

タイヤの種類が豊富なカー用品店

タイヤを新しく購入して交換しようとする場合、すぐに思いつくのが、郊外にあるオートバックスやイエローハットのようなカー用品店です。

これらのカー用品店はタイヤの種類が豊富で交換作業の質も高いのが特徴です。

気になる交換費用

ここで気になるのが、交換費用です。

車の中でもポピュラーなサイズの「195/65 R15」で費用を見ると、

・タイヤ代:1万7000円/本

・交換作業:1600円/本

・4本総額:7万4400円

となります。

交換作業には、タイヤ脱着、交換、ホイールバランス、エアバルブ交換、旧タイヤ廃棄処分も含まれています。

カー用品店で交換するメリット

このように見ると、10万円も費用がかからずコストメリットが感じられます。

しかし、メリットは、金額的な面だけでなく、豊富なタイヤを在庫しているので、車種や乗り方、予算に応じて選択することも魅力です。

また、タイヤ選択においても、スタッフに気軽に相談できること点もメリットになります。

カーディーラーの場合

では、カーディーラーの場合はどうでしょうか?

カーディーラーのショールームを覗くと、ディーラーが直接タイヤを交換したり組替え、バランス調整をするケースは少ないのが一般的です。

交換費用

しかし、ディーラーでタイヤ交換すると費用が高い印象があるものの、意外とそうではありません。

実際に費用調べてみると、

・タイヤ代:1万6000円/本

・交換作業:2500円/本

・4本総額:7万4000円

カーディーラーを使うメリット

カーディーラーにタイヤ交換を依頼するメリットは、車種の使い方に合ったタイヤを選んでもらえると言う点があります。

車種の特性に合ったタイヤは熟知していますし、ハンドリングがスムーズなタイヤや雪道走行にベストなタイヤ等、シチュエーションにマッチしたものを提案してくれるはずです。

車とタイヤの相性をしっかりと理解している点が、ディーラーの強みでもあります。

各メーカーには独自の特徴があり、車種によって必要な整備の方法や技術も違ってきます。

そのために特約店ディーラーは、メーカーの車種に特化した高い技術力を持っており、タイヤ交換においては、タイヤ選択、摩耗状態やメンテナンス、点検・交換まで、全て対応できるのです。

但し、取扱いのタイヤメーカーの銘柄は少ないことがデメリットになることもあります。

タイヤメーカー系専門店の場合

タイヤを扱う業者には、タイヤメーカー系専門店もあります

タイヤ館等がこれに当てはまりますが、特定のタイヤメーカー品を扱う専門店です。

交換費用

専門店による交換費用はおおよそ、以下の通りです。

・タイヤ代:1万8500円/本

・交換作業:2000円/本

・4本交換:8万2000円

メリット

カーディーラーやカー用品店と比べると、費用は高いものの、タイヤに特化した専門店なので、作業レベルが高く、商品知識も深く詳しいために、車種や乗り方に合ったタイヤを選択してくれる点が特徴的です。

しかも、タイヤのローテーション、パンク修理等も無料になるケースもあります。

但し、メーカー専門店のために、そのメーカーしか選べず、価格が高くなります。

タイヤ交換で10万円もするのは、本当にぼったくりか?

これまで見てきたように、タイヤ代と交換作業費合計で、安い場合で7万4400円、高くても8万2000円です。

こうなると、タイヤ交換で10万円もするのは、本当に”ぼったくり”に遭ったと思えてしまうことでしょう。

しかし、これらの金額の目安となったタイヤ種は「195/65 R15」です。

タイヤには、様々な種類があるので、決して高い、ぼったくりとはいうことは早計です。

ちなみに「215/45R18」だと、高いタイヤで1本21,000円という値段もありますので、これだけでも4本で84,000円です。

交換作業やホイールバランスの調整、古いタイヤの処分費を含めると、10万円という金額も決して高いとは言い切れません。

このように10万円を超える場合は、特殊なタイヤの場合もあるわけです。

タイヤの持ち込み交換で費用を節約

最近はネットで、ネット通販やオークションサイトでもタイヤを購入することができるようになっています。

ネット購入では、タイヤを安い値段で買うことができ、豊富な品揃えの中からセレクトできる点が魅力です。

そのために安価に購入したタイヤをディーラーに持ち込んで、交換できるケースもあります。

中にはディーラーの中にも持ち込み料金を請求する店舗もありますが、それでも持ち込み料金が請求されてもトータル費用を節約できる可能性があります。

但し、タイヤを持ち込めないディーラーもいるので、必ず事前に店舗に連絡して持ち込み可能かどうかを確認することが大切です。

[CarZootプロ仕様]【サっと塗るだけで驚くツヤ感と撥水力!】ポリマー系コーティングキット G’Polymer Neo 

今回は、サっと塗るだけで驚くツヤ感と撥水力を発揮するポリマー系コーティングキットの

Carzoot社のおすすめ製品「G’Polymer Neo」をご紹介します。

「G’Polymer Neo」は、Amazonで980円で購入することができますが、特徴は次の通りです。

・プロが開発した、サッと拭くだけで、簡単に艶と撥水を出すことができるコーティング剤で、2ヶ月に1度使うだけで3年間耐久できます。

・洗車時に誰でも簡単に施工でき、ムラなく初めての人でも簡単に施工できることが特徴です。

・展示車両やモーターショーで使用されるレベルの艶と光沢度の強いコーティングを実現。

・テフロン樹脂、ファインセラミック配合で、ボディの上に付着した水垢等を除去します。

タイヤ交換だけに気を配るのではなく、「G’Polymer Neo」を使って、自分の愛車もしっかりとドレスアップしたように美しくしたいものです。

avatar
新車のようなきれいな状態を保ちたいですよね!

定期的にメンテナンスを行ないましょう!

VWの新型EV「ID.4]が公道を走行テスト映像を公開!どんな特徴があるの?前のページ

車好き注目!カーショップ・クラフトの歴史と魅力を紹介次のページ

関連記事

  1. 記事

    パークアンドライドとは?車を活用して公共交通機関をスムーズに!

    パークアンドライドという言葉、みなさん聞いたことがあるでしょうか?交…

  2. 記事

    【ETCを持っている人必見】高速道路の休日割引見直し?長期休暇はどうなる?

    車でお出かけをする際、高速道路を利用しているという人も多いのではない…

  3. 記事

    NTTドコモレッドハリケーンズ 注目の選手と本拠地近辺の駐車場情報

    サッカーや野球と比べると、なかなか国民的スポーツとは言い難いラグビー…

  4. 記事

    2020年の茨城県での車ニュースをまとめて紹介!筑波サーキットや日本初の自動運転バスなど 

    茨城県といえば今、国内初の自動運転バス定期運行がいよいよ実行されるこ…

  5. 記事

    滋賀県の道の駅初!ドッグランを整備した「せせらぎの里こうら」の魅力や全国の道の駅のドッグランを紹介

    ペットと一緒にドライブや旅行が増えている中、高速道路のSAや道の駅に…

  6. 記事

    ボルボ新型XC90とはどんな車?NVIDIAの半導体が革新的な役割を果たしていた!

    この度、ボルボカーズの親会社にあたる中国・浙江吉利控股集団は、次世代…

新着記事の一覧

  1. 自然豊かな高知県を車とキャンプで満喫しよう
  2. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  3. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  4. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  5. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  1. 記事

    【国土交通省が「事業用自動車総合安全プラン2025」案を策定】今後の日本をより安…
  2. 記事

    ネクスコ西日本が春の応援企画を実施へ!「SAPA2021 とりもどそう!元気なニ…
  3. 記事

    【2021年版】島根旅なら大社ご縁広場で車中泊してから出雲大社へ
  4. 記事

    岐阜県でおすすめの24時間営業ガソリンスタンドを探せ!これでガス欠も怖くない!
  5. 記事

    【2021】ワールドカーデザインオブザイヤーの栄冠はどこのメーカーに?ファイナリ…
PAGE TOP