ゼロスポーツは残念ながら自己破産!ゼロスポーツの歴史から失敗を探ろう!

   
 

ゼロスポーツは、かつて自動車業界で注目されていましたが、大量発注が失敗に終わり、自己破産してしまいます。しかし、ゼロスポーツの電気自動車路線への進行や開発した「コンパートEV」を見てみると興味深いでしょう。ゼロスポーツに興味を持つ車ファンは多いです。ゼロスポーツの歴史や車種が気になる方は、ぜひ見てみてください。

ゼロスポーツの自己破産

ゼロスポーツの大型受注は自動車業界で注目されていましたが、自己破産すると、予想通りという声も多くありました。

ゼロスポーツは、1994年に創業されました。1990年後半になると、改造車ビジネス市場が振るわなくなります。そこで、ゼロスポーツは、活路をゴルフカート事業に転換します。

ゴルフカートは電動車であったため、ゼロスポーツは、電気自動車へ進んでいくことになります。

電気自動車へ路線を向けるにあたり、郵便配達車である「コンパートEV」を開発しました。改造車ショップであるゼロスポーツが、郵便局へと食い込んだので、自動車業界から注目されました。その当時、ゼロスポーツは、1,030台の納入決定というニュースが流れました。

自動車業界は注目するとともに、「ゼロスポーツはそんなに大量に生産できるのか」という疑問を持ちました。大量に生産できたとしても、耐久性や安全性が保証されるか疑問に感じる人もいたのです。

というのも、日本では、改造車ショップが、1000代以上もの納入をした例がなかったのです。

そして、自己破産の報道が流れると、「思った通り…」という声が聞かれました。ゼロスポーツは、技術と事業計画のバランスがとれずに、自己破産したと考えられています。

avatar
こちらの記事もおすすめです!

昔のハンドルを紹介!ハンドルの歴史とは?

ゼロスポーツには「コンバートEV」の存在あり

ゼロスポーツの課題は電池でした。ゼロスポーツは、「コンバートEV」を開発しましたが、その詳細が明確になっていなかったのです。「コンバートEV」を開発した当初、米国「エナデル」社製のリチウムイオン二次電池を搭載する計画でした。しかし、価格面で折り合いが合わず、流れてしまうのです。

次に、探したのは「18650」です。「18650」は、直径18mm、高さ65mmの円筒形のリチウムイオン二次電池です。「18650」を大量に搭載しようとしたのです。しかし、それもうまくいかず、事業計画が圧迫されます。

また、そもそも、「コンバートEVビジネス」は無謀だったという考えもあります。というのも、ディーゼル車、ガソリン車として設計された車に、電池やモーターを適応させると、安全性や耐久性を保証できないのです。

様々な要因が重なり、ゼロスポーツの事業は失敗してしまいます。

【CarZootプロ仕様】 ウォータースポット イオンデポジット 洗車 水アカ完全除去 車 ウォータースポット除去剤

ゼロスポーツの電気自動車路線への進行や開発をしていましたが、残念ながら自己破産してしまいました。ゼロスポーツの歴史を見てみると新たな発見があるでしょう。

ところで、車の状態はいかがでしょうか。

特に、ウォータースポット イオンデポジット汚れを落とせず悩む方は多いです。

車のクリーニングの際におすすめの商品が、「【CarZootプロ仕様】 ウォータースポット イオンデポジット 洗車 水アカ完全除去 車 ウォータースポット除去剤」です。

・ノーコンパウンドなので、車を傷めずにクリーニング可能

・力を入れずに使えるのでストレスに感じにくい

・施工に必要なアイテムが揃っているのですぐに施工を開始できる

・分かりやすいマニュアル付きなので安心

初めて車をメンテナンスする方でも安心です。通常価格2,780円となっており、リーズナブルです。車をきれいな状態に保ちたい方はぜひ参考にしてみてください。

avatar
車のメンテナンスは定期的に行いましょう!

そのままにしておくとせっかくの運転も楽しめないですよ!

UDトラックスはパワーの強いエンジンが特徴!UDトラックスの魅力と歴史を徹底解説!前のページ

日野自動車はトヨタ独自の生産方式で急成長!日野自動車の歴史と主な車種を見てみよう!次のページ

関連記事

  1. 記事

    三重県を電気自動車で走るための充電ステーション情報

    三重県といえば、トヨタ自動車の本社がある愛知県の隣県ですから、やっぱ…

  2. 記事

    トラックドライバーにおすすめオシャレなシフトレバー5選!

    長い時間を過ごすトラックの運転席の部品は、ところどころドライバーのセ…

  3. 記事

    クルマでGO!福島でおススメパワースポット3選

    いつもなら、あちらこちらに出かけて、夏を謳歌していたはずなのに、今年…

  4. 記事

    山形県で電気自動車の充電スタンドを調査!

    環境面も考慮し、多くの電気自動車が販売されています。電気自動車を使用…

  5. 記事

    フィアットの良さを知って欲しい!オススメ車種を徹底解説!! 2020年度版

    ヨーロッパのモダンでスタイリッシュなイメージにピッタリの自動車メーカ…

  6. 記事

    埼玉県から遠くにお引越し!乗りてできるおすすめのレンタカーショップを4選紹介! 

    関東地方でも比較的人口の多い埼玉県。もちろん道路の整備も行き届いてい…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 未分類

    おすすめのアルミモールクリーナーについて!
  2. 記事

    大阪でホイール塗装を依頼するなら?おすすめの店舗をご紹介!
  3. 記事

    タイヤの大手、ブリヂストンがバス事業に提供する技術とは?
  4. 記事

    車のSOSの可能性もある車体の下に漏れる水
  5. 記事

    車のエンジンチェックランプが消えないのはなぜ?その理由を詳しく解説!
PAGE TOP