ゼネラルモーターズの取締役会で女性比率が過半数を上回る!これでどのように会社が変化する?

   
 

ゼネラルモーターズ(GM)が3月25日の報道で、取締役会の女性が13人のうち7名とその比率が男性を上回ったと発表しました。

女性の活躍が増えている中で、この動きでGMはどんなふうに変化するか?

今回はこのテーマにフォーカスしていくことにします。

過半数を上回るGMの女性取締役

今回、GMでは「メグ・ホイットマン氏(64歳)」が新しくGM取締役会メンバーに加わわりました。

それによって、GMでは現在のところ、取締役は13名となり、内7名が女性役員でGMの取締役は全体の過半数を上回ったのです。

GMの取締役のプロフィールを見ると、今まで担当してきた分野は、情報技術やデジタルコマースを始め、小売、高等教育、投資管理、国際問題、防衛、運輸、サイバーセキュリティ、医薬品と非常に多岐に渡っており、これたの業界で、上級管理職や取締役の経験を持っている人達ばかりです。

多様性のある取締役会

GMは、2025年までに世界市場に30台のEVを投入し自動運転技術を商品化するために270億ドルを投じていくことにしています。

そして、GMは2020年代の半ばまでには年間100万台以上のEVを販売する目標を掲げ、北米でのEV市場で主導的立場を確立したいと考えています。

そのためには、同社の取締役会には多様性を備えたメンバーを揃えて、GMが競争市場で優位なアドバンテージを取ることをもくろんでいるのです。

メグ・ホイットマン氏のプロフィール

今回、GMの取締役に就任したマーガレット・メグ・ホイットマン氏は、アメリカ合衆国の実業家で元eBay社長兼最高経営責任者でした。

コールド・スプリング・ハーバー高校を高成績で卒業し、医師を志してプリンストン大学で物理学と数学を専攻していましたが、経済学に変わり1978年に学士を取得しています。

多彩なプロフィール

彼女のプロフィールは、実に多彩で、プロクター・アンド・ギャンブル勤務でブランド管理のノウハウを蓄積して退社後、ベイン・アンド・カンパニーに8年間勤務。

副社長まで昇っていくのですが、1989年~1992年の間、ウォルト・ディズニー・カンパニーのディズニー・コンシューマー・プロダクツ担当上級副社長を務めて、Discover 誌の買収や日本での最初のディズニーストアの開店を指示した経緯があります。

その後、1992年~1995年は製靴会社の「Stride Rite Corporation」 の「Stride Rite Childrens」部門社長を務めます。

1995年からは、ネット生花店 Florists’ Transworld Delivery の社長兼最高経営責任者を1997年まで務め、1997年~1998年はハズブロPreschool部門のゼネラルマネージャー、1998年3月には従業員数30人程度足らずだったeBayの社長兼最高経営責任者に就任し、2008年3月退任するまでに世界的なインターネットオークション会社に拡大させたのです。

2011年9月にはヒューレット・パッカードCEOに就任し、今回のGM取締役就任となりました。

日本ではまだまだ低い女性の取締役

では、日本における女性の役員比率はどうでしょうか?

上場している企業3730社の中で、2019年4月期~2020年3月期の状況を見ると、女性役員の登用が非常に遅れているのが実情です。

3730社の中で女性役員が1人もいない企業が、全体の半分以上を占めており、女性役員の比率が10%以上の企業は1102社で3割程度で、しかも女性役員の合計人数は2490人と全体の約6%程度に留まっています、

日本政府は掲げる「2020年までに10%を目指す」という方針とは遠く及ばない状況になっているのです。

女性役員を採用した企業は営業利益の伸びが大きい?

その中で、女性役員を多く採用している企業は、営業利益の伸びが平均よりも大きいという指標もあります。

しかし、女性役員比率の高さと企業業績にどのような明確な因果関係があるとは言い切れません。

冷ややかな意見では、財政的に余力のある企業が、自社の体面を保つために女性役員を登用しているにすぎないという批判もあるほどです。

しかし、今回のGMの動きは、そのような単純なことではなく、多様な人材を取り入れてこれからの厳しい時代の中で、EVという新たなジャンルで大きく飛躍しようという強い意思の現れであると見るべきでしょう。

CarZoot 車内消臭

CarZoot 車内消臭は、超音波のミストでタバコ臭や嘔吐臭、ペット臭などを徹底分解する車内コーティングシステムです。

ミスト状なのでスプレーでは届きにくい部分まで浸透させて効果を発揮します。

車内に浮遊するウイルスや菌も徹底除去。

VWグループがAIに特化した研究開発施設を開設!その内容に迫る!前のページ

トーヨータイヤがSUV向けに新しいタイヤ「オープンカントリー A/T EX」を販売!タイヤの詳細と魅力を紹介次のページ

関連記事

  1. 記事

    国土交通省が認知症の方に向けてガイドラインを作成。私たちにできる事とは?

    現代社会の公共の交通機関は足の不自由な方や、車椅子移動の方、また妊婦…

  2. 記事

    GMのロゴが57年ぶりに刷新!その理由とは?

    アメリカで大人気の「GM(ゼネラル・モーターズ)」が、57年ぶりにロ…

  3. 記事

    【新しい環境対策のかたち?】緑虫を燃料にして走るバスを紹介 

    環境問題が日々深刻化する中、対策の重要性が世の中で叫ばれています。私…

  4. 記事

    格安の有名店?コメリでおすすめのカー用品とお店紹介!

    皆さんは生活用品をどこで購入しますか?スーパーや薬局等のお店…

  5. 記事

    シャネルのカー用品やおしゃれな小物紹介   

    シャネルというと何を思い浮かべますか。ここでは、ハイブランドシャネル…

  6. 記事

    大阪市港区のセキュリティー完備のおすすめ月極駐車場 

    大阪市港区の一番の名所といえばジンベイザメでおなじみの「海遊館」と、…

新着記事の一覧

  1. タイヤのスキール音について徹底解説!スキール音は放置するとか…
  2. 車の正しい年式とは?愛車の年式をきちんと把握しておこう!中古…
  3. 車のデッドニングは効果的?内容や特徴を徹底紹介!
  4. 車のグローブボックスって何?愛車のメンテナンス時には外して作…
  5. 車のスロットルボディとは一体何?メンテナンスが絶対に必要なの…
  1. 記事

    【新型車受注開始】2021年のメルセデスベンツCクラスセダン
  2. 記事

    日産の自動運転技術「プロパイロット」はこんなに優れた技術!威力を発揮しやすい場所…
  3. 記事

    2021年最新版 雪道に強い車をご紹介!(普通車編)
  4. 記事

    ローマ国際空港に急速充電ステーションが開設!イタリアもこれからEVの時代到来か?…
  5. 記事

    ランサーパーツ通販ネットで購入したい!ランエボのチューニング専門店をご紹介!
PAGE TOP