セルスターからGPSレシーバー「GR-99L」発売!従来品より2倍の性能

   
 

レーダー探知機で有名なセルスター工業株式会社は、光と音声でレーザー受信警告と取締ポイントをお知らせしてくれるレーザー式オービス対応のGPSレシーバー「GR-99L」を発売しました。

ついうっかり調子に乗ってクルマを走らせていると思っていた以上に速度が出てしまっていてオービスを反応させてしまったドライバーも少なくないと思います。

このGR-99はそんなドライバーの味方で、性能が上がっているとのことですが、それほどの実力を持っているのでしょうか?

独自のフレデリックスレンズを採用

今回発売されたGR-99Lは、セルスター独自のフレデリックスレンズを採用。このレンズはフレネルレンズとフィルターの利点を組み合わせたもので、従来品と比較すると、角度は60度と広く、約2倍の直線探知性能を有しています。それにより、ドライバーを困らせていた誤警報を抑えたうえ、レーザー波を受信することが可能になっています。

最速・広角レーザー受信を可能とし、強・弱の受信レベルが選択できる2段階受信となっています。

イルミネーションを好みの色に変更可能

GR-99L本体のドライバー側にはフルカラーのLEDを搭載。このLEDのイルミネーションは8色あり、ドライバーが好みで変更可能です。例えば、速度取締機・信号無視監視機・レーザー式オービス警告は赤、取り締まりポイント・Nシステム・待ち伏せエリア・ゾーン30などは黄色、急カーブ・高速道凍結注意アナウンスは青といった感じで使えます。

「ゾーン30」や「新型取締機」設置ポイントにも対応

生活道路における歩行者や自転車の安全な通行を確保することを目的とした交通安全対策の一つで、区域(ゾーン)を定めて時速30キロの速度規制を実施している「ゾーン30」も検知して警告してくれます。これならうっかり速度を上げてしまうことも未然に防げて安全にクルマを走行させることができます。

また、生活道路においての取締りを目的とした、設置・撤去が可能な「新型取締機」の設置ポイントを収録されており、その内容は設置されている場所だけでなく、過去に設置されていた場所や、移動した場所にも対応します。目撃された位置情報をもとにお知らせしてくれるので、自分の知らない土地の道路を走行する時も安心です。

その他には、高速道逆走注意エリアが収録されており、高速道上の逆走しそうなエリアを注意喚起してくれます。最近多い逆走による事故も未然に防ぐことができます。

GR-99Lは、ガリレオ・グロナス・みちびき・SBASと5種類84基の衛星から受信しているため自車位置がズレにくく、正確な警告動作を可能としています。そして、「ゾーン30」など安心のGPSデータを47種類69,000件以上収録し、いつでも最新の状態で使えるよう、セルスターから無料で提供されるデータに更新することができます。さらに、GPS測位を約10秒で行うハイスピードGPSを採用し、超高感度でGPS信号を逃がさず、ドライブスタート時のリスクを大幅に軽減してくれます。

取り付け場所は選べる2タイプ

GR-99Lの本体サイズは奥行き56mm×幅56mm×高さ21mmと非常にコンパクト。取り付ける位置はダッシュボードの上か、オプションのフレキシブルステー(RO-122)を使えばルームミラーの裏にも取り付けが可能なので、ドライバーの好みに合わせて愛車に設置できます。

GR-99Lはセルスターの三重工場で一貫生産されており、日本製で安心です。その上、3年間もの保証もついていますので、さらに安心です。気になるお値段ですが、直販参考価格で11,800円となっています。

スズキがオープンスポーツEV「ミサノ」を発表!クルマとバイクの融合か!?前のページ

SEMA SHOWやパイクスピークから世界が認めたエアロキット「ARTISAN SPIRITS」の最新エアロデザインとはどんなもの?次のページ

関連記事

  1. 記事

    【交通事故に遭遇】長野県で通院できるおすすめの整体院や医者を紹介 

    交通事故にあったらどんな対応をすればいいか整理できていますか?もしも…

  2. 記事

    【栃木県のおすすめスポット】初日の出を車で見に行こう! 

    「栃木県できれいな初日の出が見られる場所について知りたい」「…

  3. 記事

    【女性に支持されたスタイリッシュなクーペ】トヨタのサイノスを紹介 

    スポーツカーというと男性の憧れの的です。走りとデザインを追求した2ド…

  4. 記事

    静岡県でおすすめの安い代行運転業者はここ!

    お酒を飲んだら、帰りは代行業者を呼びましょう。「飲んだら乗る…

  5. 記事

    車道の真ん中を走る自転車は違反になる?

    自転車用の通行帯はまだあまり普及していません。そのため、道路…

  6. 記事

    ボルボV60など7車種にもおよぶリコール発生!安全神話は崩れたのか?

    2021年3月11日にボルボ・カー・ジャパンは、ボルボが販売する7車…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    暴走車。宮崎県で起きた平成の交通事故。
  2. 記事

    富山県民にぜひ利用してほしい!地元のホイール塗装専門を紹介!
  3. 記事

    シトロエンDS3は世界に一台だけのオーダーメイドが出来る
  4. 記事

    アブローズはダイハツの自動車!購入前に中古での価格を見てみよう!
  5. 記事

    パスコが道路空間計測車両システムを開発
PAGE TOP