スピーカーで車の中が変わる?リファレンスのカースピーカー 6選

   
 

皆さんは車の中で音楽を聴く時に、スピーカーに拘っていますか?

車の中だから特に、「運転に集中したいから聞かない」「音楽聴ければなんでもいい」などこだわるポイントは様々だと思います。

今回紹介するのは、カースピーカーです。車の中のスピーカーにこだわることで、車の中の環境がより快適になって行きます。

カースピーカーのメリットは?

車内には元々スピーカーがついていますが、音や臨場感などあまり秀でていない場合が多いです。では、他のカースピーカーに変えることで得られるメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

①臨場感

カースピーカーの種類は様々ですが、こだわることによって元々内蔵されているスピーカーと違いまるでライブハウスにいるような臨場感を味わうことができます。たかが車の中で聴く音楽だから、こだわる必要はないという人もいるとは思いますが、出勤やデートなど車の中で生活する場面というのは多いです。スピーカーを変えることで、少しテンションが上がることは生活の質を向上させる面でとても重要になります。

②音がいい

あまり質が良いものとは言えないスピーカーだと、音自体が居心地があまり良くないです。それは運転時の違和感やストレスに繋がってしまうことになります。スピーカーをいいものに変えるだけでストレスは軽減し、心地の良い音楽を聴くことができます。

些細なことかもしれませんが、これだけで生活の質が向上し運転の楽しみが増えるものです。

スピーカーにこだわっていない人も、質のいいスピーカーへの交換を検討してみてはいかがでしょうか?

リファレンスのカースピーカーの新製品6選

ここからはリファレンス社の新製品6選を紹介して行きます。

発売されるのは、スピーカーユニット3品とスピーカーシステム3品になります。

スピーカーユニットとスピーカーシステムの違いについて詳しく知らない方も多くいると思うので、まずそちらの解説から行って行きます。

スピーカーユニットとは?

音の信号を振動させるパーツのことをいいます。 音を出すためには色々な仕組みがあるのですが、そのスピーカーユニットの形状やサイズで再生する音の音域が変化します。 スピーカーユニットをどのように組み合わせるかにより、スピーカーの音が決まり最も一般的なスピーカーのことをいいます。

スピーカーシステムとは?

音域は広くない傾向だが、ボーカルなどの中音域の音質に優れています。後でツイーターやサブウーファーの部品を追加することもでき、構造が単純で比較的低コストです。良好な結果が得やすく、近年は低音側に音域が拡大されています。

なんとなく理解できたでしょうか?この説明を踏まえてリファレンスの新商品について説明して行きます。

①8.8cmミッドレンジ「L-88RS」

この新製品は、より高い音圧と音の力感を追求したモデルとなっています。純正スピーカーで音量を上げて音楽を聴くと、キンキンしたような音に聞こえて、耳障りに感じることがあると思います。ですが、音圧と力感を追求したこちらのモデルでは、音を上げても耳に優しく心地の良い音を提供することができるでしょう。

②16.5cmウーファー「L-165RS」

こちらの新製品は、低域側の再生限界をさらに拡大したモデルとなっています。低音域を重要視したい人にはおすすめの商品になっています。低音をしっかりと再現できると、心地の良いサウンドだけでなく爽やかなボーカルの声を聴くことができるでしょう。

③16.5cmサブウーファー「L-165RW」

最小3リットルの小容量エンクロージュアに対応する密閉箱専用のモデルとなっています。

この3種類が今回発売されるスピーカーユニットになります。

④16.5cmセパレート3ウェイシステム「リファレンスAM トリオS」

⑤16.5cmセパレート2ウェイシステム「リファレンスAM デュオ165S」

⑥8.8cmセパレート2ウェイシステム「リファレンスAM デュオ88S」

こちらは今回発売されるスピーカーシステムになります。どのスピーカーシステムも低域側の再生限界をさらに拡大していて、心地の良い低音のサウンドを車内で堪能することができます。

音にこだわる人は、低音を重要視する人も多くかなりの人にニーズがある商品なのではないでしょうか?

まとめ

今回はスピーカーの説明から、リファレンスの新商品について説明しました。車のスピーカーにこれからこだわって行きたい人はぜひ参考にしてみてください。

プロが実店舗で使用しているものであり、車のボディについた汚れ等をいとも簡単に除去することができるのです。コーティング剤に悩んでいる方は、一度使用してみてはいかがでしょうか?

和歌山県で釣り人をする人は必見!家族連れで車でもいける釣りスポットを紹介!前のページ

アイドリングストップ機能は使うべき?メリットとデメリットを正しく理解し快適なエコ運転を次のページ

関連記事

  1. 記事

    車用ランプっている?あったほうがいいの?

    せっかくの大切な自動車。車載アイテムにはこだわって、車内環境を整備し…

  2. 記事

    函館元祖バスラーメンとは?味や特徴も見てみよう!

    バスラーメンというものを聞いたことがある人も、多いのではないでしょう…

  3. 記事

    岩手県でデートするならめがね橋がおすすめ!岩手県の車で行ける一味変わったデートスポットを紹介!

    岩手県にはインスタ映えする写真を撮れるデートスポットがあります。橋で…

  4. 記事

    タイヤ業界初の「タイヤリサイクルプラント」建設に着手したミシュランはどんなタイヤメーカーなのか解説

    モータースポーツやハイパフォーマンスカーにも使用されるフランスの一流…

  5. 記事

    ユーザー車検と車検代行って何?普通の車検と何が違うの?

    皆さんは、ユーザー車検と車検代行を利用したことはありますか?…

  6. 記事

    高品質のカーオーディオを手に入れろ!「オーディオ通販・ハミングバード」の紹介

    「自分の自動車のカーオーディオをいじりたい!」「今のカーオー…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    気になる!MINIビジョンアーバノートが11月17日発表へ
  2. 記事

    東京都の警察マスコットキャラクターといえばピーポくん!その生態系を調査してみまし…
  3. 記事

    イギリス紳士の様になれるラルフローレンを身に着けて上品なドライブにしよう!
  4. 記事

    スズキ『隼(ハヤブサ)』ラッピング車がリニューアル
  5. 記事

    CarZoot車内消臭剤ClearOneの効果がすごい!Amazonレビューまと…
PAGE TOP