スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?

   
 

皆さんは車を選ぶ上で何を重要視していますか?

車のデザイン性・乗り心地・燃費等が考えられると思いますが、選び方や基準が人それぞれ考え方やライフスタイルによって変わってくるものでしょう。

その中で最も外すこととができないのが安全性だと思います。

いくらカッコ良くてデザイン性が良くても、安全性が皆無だと乗ってて不安になりできるだけ乗りたくないという考えになるでしょう。

そんな安全に目を向けた技術、スズキの「セーフティサポート」について紹介していきます。

スズキの車に乗っている人・それ以外のメーカーの車に乗っている人も是非みていってください。

セーフティーサポートってどんな技術?

車に乗っていると、いくら気をつけていても危険な場面に遭遇することが想定されます。

その時により安全性が高い車に乗っていると、運転にも身が入ることでしょう。

ここではスズキのセーフティサポートについて詳しく紹介していきます。

一体どんな技術?

セーフティサポートの技術はたくさんあり、抜粋して記載していきます。

①衝突被害軽減ブレーキ

運転中たまにボーッとしてしまったり、仕事のことなどを考えて注意が散漫になってしまうことがあります。

その時に事故というのは発生しやすく、事故を起こせば人の命を奪いかねません。

そんな時にとても力になるのがこの衝突被害軽減ブレーキになります。

前方不注意が原因の衝突事故を避け、被害を軽減します。スズキの衝突被害軽減ブレーキは、センサーの違いで種類あり、後方への衝突被害軽減ブレーキも存在しています。

単眼カメラ+レーザーレーダーで、前方のクルマや歩行者を検知するデュアルセンサー。

人の目と同様に、左右2つのカメラで前方にいるクルマや歩行者を検知するデュアルカメラブレーキサポート

航空機などに使われるミリ波レーダーで、前方のクルマを検知するレーダーブレーキサポートⅡ

渋滞等の道で低速走行中、レーザーレーダーで前方のクルマを検知するレーダーブレーキサポート

この4が衝突軽減ブレーキです。

②飛び出しのサポート

運転中、特に住宅街の様な狭い道を運転していると子供が飛び出してきたりします。

その時に役に立つのがこのサポートで、誤発進抑制機能・後方誤発進抑制機能の2つがあります。

誤発進抑制機能は、エンジン出力をできるだけ抑えて発進をゆるやかにします。そうすることによりペダル・シフトの操作ミスで衝突への回避に貢献します。

後方誤発進抑制機能はも同じ様な機能になります。

③車線をはみ出さない・ふらつかないサポート

疲れている時・集中を欠いている時の運転というのは中央線に無意識にはみ出してしまったり、車体がふらついてしまうことがあります。

そんな時に役に立つのがこのサポートで、車線逸脱抑制機能・ふらつき警報機能というものがあります。

①車線逸脱抑制機能は機能をオンにすると、車両を戻す力がステアリングにいき、車線の内側に戻すよう車が支援してくれます。

②ふらつき警報機能は、運転中に車体がふらついたり蛇行しているとブザー音・メーター表示でふらつき運転を警報してくれます。

上記の様な便利な機能に加え他にも色々なサポートがあり、運転手が快適に運転・事故を起こさない様にサポートしてくれます。

どんな車種に搭載されているのか?

この様な便利な機能の車があるならば乗ってみたいと感情が湧いてくると思いますが、気になるのは一体どの車種に搭載されているのかというところです。

スズキに乗っている人は今とても多いと思いますが、これを機会に一度確認してみてもいいかも知れません。

①軽自動車

軽自動車で搭載されている車は人気のスペーシア・スエーシアカスタム・アルトワークスを挙げて説明します。

スペーシア・スペーシアカスタムには衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能がついていますが、車線逸脱抑制機能はついていません。

アルトワークスでは、ほとんど同じ機能ですが標識認識機能がついていません。

②自動車

自動車で搭載されているのが、スイフト・イグニスを例に出して説明します。

スイフトには上記で記した機能が全てついているに加えてその他の機能がほとんど搭載された安全性がかなり高い車になっております。

イグニスでは、車線逸脱機能・後退時ブレーキサポートが搭載されていません。

他にも搭載されている車はたくさんあり、このサポートがあるのとないのとでは運転中の安心感も大きく変わってきそうです。

まとめ

今回はスズキのセーフティーサポートについて紹介してきました。

スズキの車に乗っている人達は、自分の車がどんな機能が搭載されているのか確認してみると、より安心して運転ができることでしょう。

プロ仕様が使っている窓ガラス解氷スプレーになります。なんとマイナス50℃までなら対応できるほどの圧倒的な解氷力を持っています。

フロントガラスの氷・凍結をあっという間に解氷でき降雪地帯に住む人たちにはとてもおすすめです。

ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介前のページ

驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介次のページ

関連記事

  1. 記事

    相鉄バスと群馬大学の運転席無人の自動運転大型バスの営業運行の実証実験を徹底的に調べてみた!

    今回相鉄バスと群馬大学が協力して、大型バスの自動運転の実証実験が行わ…

  2. 記事

    山形県でご利益ある交通安全お守りを購入するならこの神社!

    交通安全を祈願して、安全に車を運転したいという方は多いです。しかし、…

  3. デザイナーA

    有名YouTuberヒカルが乗ってる車は?彼女はいるの?

    お金を湯水のように使う、金持ちキャラの代表格であるヒカル。そんなキャ…

  4. 記事

    タイヤ交換の目安と山形県でおススメ!お得なお店2選

    クルマに詳しい人であれば、常にタイヤの状態も把握しているかもしれませ…

  5. 記事

    時代はSUVだ!おすすめの車種を徹底紹介!

    今、巷で大人気なのが「アウトドアやキャンプ」です。テントを張って釣り…

  6. 記事

    【お得情報!】GOTOトラベルキャンペーンは車で行くとお得!さらに山梨県の素敵な宿をご紹介

    コロナウイルスで憔悴した観光産業を復活させるために始まったG…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    青森県で神秘的なパワースポットを車で巡る
  2. 記事

    ドライブを楽しもう車内でできるカラオケセット 
  3. 記事

    おすすめのヘッドライトコーティング
  4. 記事

    海と触れ合える愛媛県をオートキャンプで楽しむ
  5. 記事

    欧州車アルミメッキモールの白サビの対処方法
PAGE TOP