スズキのスイフトが2020年インドでベストセラーを記録!インドの自動車市場も徹底解説

   
 

日本車は世界からみても信頼度が高く、地域を問わず実に幅ひろい車種が毎日使用されています。特に、スズキで製造されている「スイフト」は、改良を積み重ね、前モデルからなんと120㎏もの軽量化に成功し、輸送効率の向上に寄与した結果、2020年にインドでベストセラーを記録しました。スズキは軽自動車の会社というイメージをお持ちかも知れませんが、世界の自動車メーカー売上ランキングトップ10に入っており、年間生産台数300万台を誇っています。

スズキの凄さ

しかも、スズキは海外販売が総販売台数のうち8割を占めており、主に海外市場を主戦場としているのが大きな特徴として挙げられます。2020年12月の生産・販売・輸出実績(速報)によると、世界販売台数は同5.4%増の25万9479台で2か月ぶりのプラスとなったたとのことです。

世界生産台数は同19.9%増の27万7307台で5か月連続のプラスとなりましたが、国内生産は国内向け、輸出向けがともに増加し、同14.6%増の9万2110台で2か月ぶりのプラス。海外生産もインドが増加し、同22.7%増の18万5197台で12月として過去最高を記録し、4か月連続のプラスとなっています。

圧倒的なシェア率

とくにインド国内においては、スズキのシェア率が80%で、90年代以降にインド経済が自由化し、世界中の自動車メーカーが名乗りを上げて新規参入を果たした中でもなお高いシェア率を維持しています。

また、「スイフト」は、歴代3モデルがすべて、インドカーオブザイヤーを受賞しています。初代は2006年、2代目は2012年、現行の3代目は2019年、インドカーオブザイヤーに輝いています。

マルチスズキによると、スイフトはインドカーオブザイヤーを3回受賞した唯一の車になるということです。 マルチスズキによると、「スイフト」の顧客は35歳以下がおよそ53%。

テクノロジーに通じた機能や、コストパフォーマンスの高さ、スポーティなデザインを備えた新時代の車としての地位を確立した、としています。

インドの自動車市場

気になるインドの自動車市場についてですが、2019年度、インドの自動車市場は一旦落ち込みを見せたものの、依然、乗用車・スポーツ用多目的車の販売台数は277万3,575台を記録し、世界屈指の市場規模を維持しています。

スズキがインド市場を寡占状態にした要因は、軽量ゆえの輸送効率の高さだけではありません。そのほかの1つの大きな成功要因として、メンテナンスの行いやすさが挙げられます。

インドのような新興国に新規参入して車を販売していく場合、アメリカやドイツなど新興国で販売する場合とは異なり、車両のメンテナンスがいかに簡易的に行えるかどうかが成功のカギを握っているといっても過言ではありません。

トヨタ車を例にとると、性能自体で右に出るものはありませんでしたが、何より精緻な造りのためメンテナンスに時間と人手、手間が掛かり、なおかつ車両が重いという重大な欠陥がありました。

その点、スズキのスイフトは作りが非常に簡素になっているため、整備性・生産性の高さから、地域を問わず運用することに向いていました。なおかつモデルを経るごとに軽量化を果たしていたことも貢献しています。インド向けの現行スイフトのエンジンは、ガソリンが1.2リットル、ディーゼルが1.3リットルで、トランスミッションは5速MTとAGS(オートギアシフト)が選択できるなど、状況に応じたドライビングが柔軟に選択できるようになっています。

インドにおけるスイフトの生産は2005年に始まりましたが、ディーゼル仕様やセダンタイプを増やしながら、さまざまな世代・性別・産業にマッチして販売台数を伸ばしたという背景があります。

さらに、年々厳しくなる環境適応要件にもキャッチアップし、エコカープロジェクトに揮毫するモデルの生産をスムーズに開始しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、スズキ スイフトがインド市場でベストセラーを記録をしたことをお伝えしました。性能はもちろんのこと、整備性・生産性の高さが成功の大きな要因になっているといえます。

さいごに

この文をお読みの方は多かれ少なかれ車にご興味をお持ちな方かと思います。ご自身の車のメンテナンス状況はいかがでしょうか?ここでは、CarZoot社の車内クリーナーをご紹介したいと思います。

CarZoot社の製品は他社製品に比べて圧倒的にクオリティが高く、信頼性の高さから近年になって大きく売り上げを伸ばしています。よろしければ、ぜひご検討ください!

和歌山県のトラックショップはここがオススメ!!トラック運転手の必需品も紹介!!前のページ

ドライブレコーダーの人気に影?2020年10月12月の国内需要率低下の要因次のページ

関連記事

  1. 記事

    立山くんは富山県の警察マスコットキャラクター!どんなキャラなの?

    北陸地方の豊かな自然の恵みが溢れる富山県。そんな富山県にも、…

  2. 記事

    コロナの今だからこそ行きたいキャンプ!キャンプ好きから人気沸騰中のテントカーについて解説!

    コロナウイルスの影響でキャンピングカー人気が高まっています。…

  3. 記事

    創作駄菓子メシってどんな味?コロナ禍車で寄れるオススメの駄菓子屋を紹介! ~In 千葉~

     駄菓子屋をご存じでしょうか? 今でこそあまり知られていない…

  4. 記事

    女性でも安心!栃木県でおすすめのプライベートジムや紹介

    ジムに行く目的は人それぞれでしょう。プライベートジムでは、お客様一人…

  5. 記事

    トミーカイラ創業社長の功績と今後の展開についてご紹介!

    トミーカイラをご存知ですか?1980年代後半から2000年にかけて、…

  6. 記事

    引越し時注意するところは?引っ越しの負担を軽くしたい!【岩手県編】

    引っ越す時に重要視している点はなんですか?人によっては、プライベート…

新着記事の一覧

  1. 【2021年版】新潟県警が行う交通イベントをご紹介!オレンジ…
  2. 【2021年版】神奈川県で行われている交通イベントをご紹介!…
  3. 【2021年版】東京都の交通イベント!高齢者向け講習・シュミ…
  4. 【2021年】千葉県の交通イベントの取り組みをご紹介!キラリ…
  5. 【2021年版】埼玉県で行われる警察による交通イベントをご紹…
  1. 記事

    スポーツカーメーカー「ロータス」のエンブレムに込められた意味とは?
  2. 記事

    あなたの車のエンジンは縦置き?横置き?それぞれのメリットを徹底調査
  3. 記事

    映画の公開日迫る!鬼滅の刃の人気カーグッズをご紹介します!
  4. 記事

    【くず餅の名産地】川崎市川崎区でおすすめのお得で使いやすい月極駐車場を詳しく紹介…
  5. 記事

    100均ダイソーのカー用品が便利すぎる!グッズを4選してご紹介
PAGE TOP