スズキがオープンスポーツEV「ミサノ」を発表!クルマとバイクの融合か!?

   
 

2021年4月29日にスズキは、ヨーロッパデザイン学院(IED)と共同開発したオープンスポーツEVコンセプト「ミサノ(Misano)」をイタリアで発表しました。

クルマの四輪車とバイクの二輪車の融合とのことですが、具体的にどこがどのように融合されているのかを、お伝えしたいと思います。

「ミサノ」という車名はイタリアのサーキットに由来

今回スズキがイタリアで発表したオープンスポーツEVコンセプトの車名である「ミサノ」の由来は、イタリアのサーキットにあります。

現在スズキは、二輪レースの最高峰である「MotoGP」にフル参戦しています。イタリアにあるサーキット「ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ」でスズキが勝利したことに敬意を表して付けられました。

バイクもクルマも手掛けているスズキだから作れた逸品

スズキはバイクである二輪車とクルマである四輪車の両方を製造・販売している日本のメーカーです。スズキと同じようにバイクもクルマも製造・販売しているのは日本ではホンダのみなので、両方を手掛けるメーカーとしては数少ない企業になります。

そんなスズキだから二輪車と4輪車の融合した「ミサノ」が作れたのでしょう。それだけではなく、スズキが今まで作ってきた二輪車と4輪車の特徴も反映できたからという作りでもあります。

スズキの二輪車であるバイクは、スポーツスピリット、高性能、エモーショナル性を備えた特徴をもち、四輪車であるクルマは、機能性や効率性、コンパクトなボディサイズによる実用性を特徴としています。

これら二つの特徴を一つにまとめ具現化したものが「ミサノ」とも言えるでしょう。

「ミサノ」の特徴

ミサノのルックスは、オープンの耐久レースカーのようなデザインで、まさに「走るために作られたクルマ」という印象です。

ボディサイズは、全長4,000mm×全幅1,750mm×全高1,000mmと、全長と全幅は国産の5ナンバーサイズのクルマより少し横幅がある程度のサイズですが、ルーフが無い分、車高が低くなるため、ワイドボディのように見えます。

ホイールベースは2,600mmと、全長の割にはロングホイールベースとなっており、フロントとリアのオバーハングがとても短くなっているので、真横からみるとスポーティでコンパクトな感じに見えます。

ミサノの大きな特徴はシートレイアウトにあります。タイヤは前後二輪の四輪車なのでクルマと表現しましたが、シートは二輪車であるバイクのように前後にレイアウトされています。一般的なオープン2シーターのクルマなら、運転席の横に助手席がレイアウトされるのですが、ミサノは二輪車の要素も取り入れているため、あえて助手席を運転席の後ろへレイアウトし、バイクでタンデムしているような雰囲気が味わえます。

タンデムの形でレイアウトされた運転席と助手席の隣になる右側には、EVパワートレインのバッテリーパックが搭載されています。

小さいながらも運転席の前にはフェアリング効果のあるフロントガラスが装備されています。これもミサノの特徴で、クルマならステアリングなのですが、ミサノは二輪車であるバイクのようなハンドルの形をしたジョイスティックでミサノを操作します。足回りでは、ホイールにOZレーシング製の大径アルミホイールがチョイスされています。

「ミサノ」はどこで見ることができる?

この「ミサノ」ですが、2021年5月15日~6月6日まで、イタリア・トリノの国立自動車博物館に展示される予定となっています。IEDは、ミサノの製作の過程を収めた映像を、公式サイトを通じて公開しています。

イタリアまで見に行くのは大変ですが、また今は新型コロナウイルスの影響で行くことは困難なため、この記事に掲載した動画でチェックしてみてください。

三菱自動車が「アウトランダーPHEV」を新型コロナワクチン巡回接種のために港区へ無償貸与 前のページ

セルスターからGPSレシーバー「GR-99L」発売!従来品より2倍の性能次のページ

関連記事

  1. 記事

    ゼブラ柄が付いてる信号機はまだ存在するのか?どうしてゼブラ柄を付けたのか?徹底調査!

    あなたは、信号機の背面に「ゼブラ柄の板」がついたものを見かけたことが…

  2. 記事

    兵庫県神戸市兵庫区でおすすめの月極駐車場を5つご紹介!

    新型コロナ対策や働き方改革で在宅ワーカーが増えています。中には家賃の…

  3. 記事

    こんな時代が来るとは!排ガスに含まれるCO2を燃料に再利用!?東芝や出光興産が事業化を検討中!

    環境の悪化は明らかであり、地球温暖化を実感する日々が続いています。毎…

  4. 記事

    地域交通グリーン化事業で電動車両導入支援!国交省の事業公募とは?

    世界中の国々でどんどん開発が進められているのが電気自動車です。今回は…

  5. 記事

    NEXCO中日本がドライブレコーダーの映像で路面状況を確認できるシステムを実験開始!

    この度NEXCO中日本は「ドライブレコーダーの画像で、道路の路面状況…

  6. 記事

    ソフト99の無料アプリ「どらあぷ」がバージョンアップ!何が変わるのか?徹底紹介!

    この度、カーケア用品メーカーのソフト99コーポレーションは自社で提供…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    和歌山県には人気のカレーやラーメンが食べられるお店が2021年にオープン!
  2. 記事

    福島県で傷やへこみを直すなら・・・そうだ!板金屋に行こう!
  3. 記事

    【2021年最新情報】メルセデスベンツMBUX に新機能が搭載!快適な旅を演出し…
  4. 記事

    意外と知られていない車メーカーの災害支援活動!日産と郡山市が災害連携協定を締結
  5. 記事

    おすすめのアルミモールコーティング!ピカピカのアルミモールが復活!
PAGE TOP