シーズン到来!使い勝手のよい機能的なキャンピングカー5選!

   
 

夏が到来すると、いよいよ待ちに待ったキャンプ!

そんな時に広々とした快適空間が魅力的なのが、キャンピングカーです。

色々な装備がある車で、思いっ切りサマーキャンプや車中泊を楽しみたくなります。

そこで、ここでは今、人気のキャンピングカーをご紹介していきます。

今、トレンドのキャンピングカーは?

夏のアウトドアを満喫させてくれるキャンピングカーは、大きく2つの種類があります。

それは、キャブコンタイプとバンコンタイプです。

その中でも、キャブコンタイプはトラックをベースに作られたキャンピングカーで車内で大人が立ったまま歩くことができる広いスペースがあるのが魅力です。

ただ、普通乗用車のように街中で取り周すには車体が大きいために、運転が大変だったり駐車場に制約があります。

片や、バンコンタイプは、外見的にはキャンピングカーに見えないフォルムをしているのですが、立体駐車場に停めることができる車高の車もあり、街中を走ることも苦になりません。

但し、キャブコンより居住空間が狭いことがネックとなってしまいます。

それでは、今注目のキャンピングカーには、どんなモデルがあるのでしょうか?

バンテックZiL

乗車定員:7/6名、就寝定員:5名

価格:7,732,800円 (税別)

キャブコンタイプのキャンピングカーの中で、最も人気の高い車で、多くのアウトドア派が支持されています。

キャブコンキャンピングカーの代名詞とも呼ばれる程のバンテックのZiLは、これまでのシリーズの中でも新しいモデル。

安全なボディに囲まれ、開放的で広く最高の居心地を感じさせてくれるリビングルームや生活する上での必要な装備が充実しています。

ZiLの魅力に触れると、今まで体験したことのなかったキャンプの楽しさをたっぷりと味わうことができるでしょう。

安心・安全・快適キャンプを満喫できる要素が、このキャブコンキャンピングカーにぎっしりと詰まっています。

ねじれ剛性強化のソリッドスクエアフレーム

ZiLに最大の特徴が「ソリッドスクエアフレーム」で、床下にあるねじれ剛性を強化したサブフレームは、住宅で言う基礎部分になり、キャンピングカーの住空間を支えています。

このフレーッムによって、住空間が安定されるだけでなく、いかなる路面状況でも走行を安定させています。

そのおかげで高速道路のカーブでも、不安定なことがなくなるので、キャンピングカーを初めて利用する人でも快適に運転することができるのです。

KATO MOTORフォーシーズンスポーツ

安全性・安定性で定評のあるKATO MOTORのフォーシーズンスポーツも人気の高いキャンピングカーです。

プラドベースボンネット型のキャブコンタイプで、オリジナティ溢れるフォルムで、抜群の空力抵抗を実現。

快適な走行ができる上に、室内はコンパクトながらも、使いやすいキッチン・シャワー・トイレルームにもできるクローゼットを搭載。

魅力的な車内

・キッチン

コンパクトにまとめられており、20Lの清排水タンク、40Lの容量の冷蔵庫。ガスはKATO MOTOR独自のカセットガス供給器を装備。

コンビニで購入できるカセットボンベ2本で利用可能です。

・ベッド

フォーシーズンスポーツが自慢の2200mm×1900mmのゆったりとしたバンクベッドです。

大人3人がゆったり就寝することができます。

しかも、ソファーはワンタッチで2人用ベッドに早変わり。

・リビング/シート

リビング/シートは、普通乗用車のように5人がゆったりと乗車することができますが、ベースは純正シートのために、乗り心地だけでなく、安全性にも問題なし。

リアシートを畳んでソファーをセットすると、6人がゆったりリラックスできるリビングスペースとして使えます。

ピッコロキャンパープラス

オートワンのピッコロキャンパープラスは、スズキの軽自動車・エブリイワゴンがベースとなっているコンパクトなキャンピングカーです。

外見的には、ありふれた軽自動車のように見えるのですが、2人が就寝できるスペースをしっかりと確保しています。

しかも、シャワーの蛇口を装備、脱着式テーブルや吊戸棚もあるので、中で食事をしたり、ゆっくりとくつろぐことができます。

前に紹介したキャンピングカーと比べると、非常に最小限装備ですが、マイカー感覚で使えるお手頃感覚のキャンピングカーです。

KATO MOTORボーノ

KATO MOTORの中でも ボーノはアルミとFRPで構成されているために軽量ボディが特徴です。

しかし、基本フレームが鉄なので、安全性も配慮されています。

独特でユニークな形をしていますが、曲面フォルムで風の抵抗を最小限にしています。

こだわりの室内空間

室内は天然木で、手作り家具やインテリア面もこだわりが感じられ、長い時滞在しても飽きを感じさせない自由なレイアウトが楽しめます。

夏は涼しく冬は暖かくて、オールシーズン快適な室内で、キャンプを楽しむことができます。

東和モータースヴォーン EXCLUSIVE

7,080,000円 (税別)

東和モータースのヴォーンEXCLUSIVEも今注目のキャンピングカーです。

最も特徴的なのは、アイドリングだけで充電できるEVOシステムを採用していることです。

幅広くキャンピングカーを取り扱う東和モータースの中で人気の高いヴォーンシリーズで、上級クラスのEXCLUSIVEです。

このEVOシステムは、急速充電システムでアイドリングでサブバッテリー充電やエアコンが使えます。

今まではエンジンを切った状態で大電力を消費した時に、空になったバッテリーを充電させるためには、長時間必要でした。

しかし、このEXCLUSIVEに搭載されているEVOシステムは、アイドリングを4〜5時間するだけで、大容量サブバッテリーの充電が可能になっています。

しかも、走行中はオルタネーターからサブバッテリーに直接充電することも可能なので効率がいいのです。

機能的なキャンピングカーで快適なアウトドアを満喫

これまで、注目株のキャンピングカーを紹介してきました。

インテリアにこだわりのあるキャンピングカーから、画期的な発電システムを採用したものまで様々です。
この中から自分のお好みのキャンピングカーをセレクトして、自分だけの快適空間を作ってみましょう。

ガンバ大阪本拠地周辺で安いおすすめの駐車場を紹介!前のページ

セリアで買える車用品を厳選してご紹介!便利でお得なグッズなど次のページ

関連記事

  1. 記事

    アニメキャラの痛車が作りたい!おすすめのお店や方法を紹介!

    今、アニメと言えばもうオタク文化と馬鹿にする人は少ないですね。…

  2. 記事

    自分のカギで他人の車のエンジンがかかることも?その理由を詳しく解説!

    「自分のカギで、他人の車のドアが開いてしまうことはないのかについて知…

  3. 記事

    それって違反じゃない?室内灯で使える色などを解説!

    車の改造をしたいけどこれは違法なのか・・・?そんな風に悩む人が多いで…

  4. 記事

    車のバッテリー値段の相場は?安く済ませる方法もご紹介!

    車に長く乗っていると、バッテリーが弱まりエンジンがかかりづらくなるな…

  5. 未分類

    なぜポルシェオーナーはCarZootホイールコーティング剤を施工するのか?

    皆さんはホイールコーティング剤というものをご存知でしょうか?車を大切…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    福島県で安心してカーポートをつくるならこの業者!
  2. 記事

    スシローのテイクアウト専門店!?To Go JR我孫子駅店の駐車場情報などを紹介…
  3. 記事

    長野県の車で行ける動物園2選!素敵な思い出を作ろう!
  4. 記事

    NiziUとコラボしたUSJに自動車ででかけませんか?
  5. 記事

    日産のオンラインギャラリーがリアルでも楽しめる!「NISSAN CUSTOMIZ…
PAGE TOP