コロナ禍で経営が悪化している事故障がい者福祉サービス事業者に国交省が緊急支援!

   
 

去る2月3日に国土交通省が、自動車事故での重度後遺障害者を介助する障害福祉サービス事業者に対する財政的な支援を実施すると発表しました。

その内容とはどのようなものでしょうか?

そこで、今回はこのことについて解説していくことにします。

国交省が決定した障害福祉サービス事業者に対する支援とは?

今回、国土交通省が発表した障害福祉サービス事業者に対する支援とは、新型コロナウイルスの影響で、経営が圧迫されている事業者への財政的支援のことを指しています。

これまで国交省は、自動車事故による被害者の方々を保護するための様々な施策を実施してきました。

しかし、この冬シーズンに突入して全国的な新型コロナウイルス感染者拡大によって、自動車事故による重度後遺障害者に対する介護サービスを提供している障害福祉サービス事業者は、コロナ対策経費の増加により経営を圧迫しています。

その結果、介護人材の適切配置を行うことが難しくなり、重度後遺障害者に対する十分な介護サービスの提供が困難になってきているのです。

財政支援

このように混迷した状況に打開するために、障害福祉サービス事業者における介護人材を確保する目的で経費を追加補助することにしたのです。

受入環境の維持や整備を促進して、自動車事故による重度後遺障害者と家族の日常生活の安心性・安定性を維持・向上を目的に補助事業して実施することになっています。

募集期間は、2月3日~2月19日までに補助希望の事業者からの申請を受付することになっています。

交通事故重度後遺障害者介助の障害福祉サービス事業の実情

自動車事故による重度後遺障害者は、介護する家族がいくなった場合に、その後の対処をどのように

するかという課題があります。

また、介護者自身の高齢化により介護不能になるケースもあり、安心して後遺障害者の生活環境を確保することが難しくなり、介護者の精神的な負担となっているのです。

意識障害者の6割は親が介護

少し古いデータですが、独立行政法人自動車事故対策機構の調査(生成16年)を見ると、自動車事故による重度の遷延性意識障害者の6割が親の介護を受けているというデータがあります。

平成20年度には、同機構の介護料受給者世帯を対象にした調査では、介護してくれる親が亡くなり、子どもの介護を頼むことができる人がいると回答えた親は全体の20%程度程度でしかいなかったのです。

しかも、その中の大半が後遺障害者の兄弟に介護を頼むしかないという状況にあったのです。

このように、介護者がいない重度後遺障害者の家族にとっては、非常に切実な問題となっているのです。

このようなことから、障害福祉サービス事業者の重要性が増しているわけです。

財政支援の中身

障害福祉サービス事業者に対する支援の予算額は8億円。

補助対象事業者としては、重度訪問介護、障害者支援施設、グループホームが対象となり、補助内容はは前述の通り、人材雇用費や求人情報発信事業に活用することができます。

補助事業に応募の必要要件

補助事業に応募するために必要な要件としては、以下のようなことが求められます。

・ 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律の「障害者総合支援法」で規定されている重度訪問介護を行う事業所や障害者支援施設、あるいは、共同生活援助を行う事業所(障害者支援施設)であること。

・令和2年度内で自動車事故で重度の後遺障害を負った在宅重度後遺障害者で、独立行政法人自動車事故対策機構の行う介護料の支給で受給資格を持っている人、自動車損害賠償保障法施行令で第1第2

級以上の要件に当てはまる人が入所していたり、利用している施設であること。

・事業を効率的に確実に実施できる障害者支援施設等であること。

・重度訪問介護、共同生活援助、障害者支援施設など障害者支援施設等であること。

このような要件となっています。

昨年から拡大している新型コロナは、自動車メーカーを含む業界にも大きな影響を与えていますが、重度後遺障害者を介助する障害福祉サービス事業にも、暗い影を落としているのです。

そのために、今回の国を措置が大きな意味を持つことになります。

CarZoot ホイールコーティング剤

CarZoot ホイールコーティング剤は、アルミホイールを保護するために開発された専用のコーティング剤です。

頑固なホイールの汚れを寄せ付けることなく、強固なガラス被膜でホイールを守り、美しく輝かせてくれます。

アルミホイール専用のガラスコーティング剤は、3年以上も長持ちする耐久性があり、耐熱性にも優れているので、非常に美しい足回りを維持できるのです。

【アルパイン】荷物を積んでも後方確認できるデジタルミラーが発売へ前のページ

三菱自のEV・アイミーブが3月末で生産終了! 電動化の動きの中でのどうして?次のページ

関連記事

  1. 記事

    実用化まであと少し!自動運転の大型電気バスが羽田空港で試験運用を開始!

    世界的な潮流としてEV車があります。実際に多くの方が購入を検討されて…

  2. 記事

    ハイヤーで通勤しながらオンライン面談できる「ショーファー」実施へ

    新型コロナウイルスの影響で、仕事がリモートワークになったり、…

  3. 記事

    ワックスとコーティングの違いって何だろう?初めて車のメンテナンスする初心者の方必見!その違いを解説し…

    車のメンテナンスの中で必ず出てくるキーワードは、「カーワックス」と「…

  4. 記事

    新型エクストレイルの最新情報!絶対に買うべき1台!

    日産の人気SUV、「エクストレイル」。2021年にも4代目が発表され…

  5. 記事

    イラクで観光する際は十分治安に注意しよう!歴史あるスポットをチェック!

    イラクは治安が日本と比較して悪いので、あらかじめ情報を収集し、危険な…

  6. 記事

    最新の草刈り機って?NEXCO東日本が草刈りロボットを導入!

    2020年7月に、NEXCOは新型の芝刈りロボットを導入しました。今…

新着記事の一覧

  1. ソニーのドラレコ用SDカード おススメをまとめて紹介 
  2. 無限ホンダがレジェンド、N-ONE向けカスターマーパーツを追…
  3. ポルシェタイカンから派生したEVクロスオーバーがプロトタイプ…
  4. 和歌山市オススメ!駐車場完備のパーソナルジムを紹介2021
  5. 【痩せたい人必見】奈良市・橿原市の駐車場があるプライベートジ…
  1. 記事

    長野県には魅力的な夜景スポットあり!イベントが開催されるスポットも紹介!
  2. 記事

    カメラでロックオン!スーパーなどの駐車場のナンバーシステムを徹底解説!
  3. 記事

    三菱ふそう “e”な塵芥車
  4. 記事

    ドラマでも登場した大人気自動車!オペルヴィータの魅力を解説!中古車で買える!
  5. 未分類

    ドイツ車におすすめのホイールコーティング剤3選
PAGE TOP