コミュニティバスの営業にかかる費用はどれくらい?

   
 

地域の人口減少などでバス事業者が赤字路線から撤退する事例が増えています。一方では高齢化が進行し運転免許を返上するお年寄りもまた増える傾向にあります。

特に郊外においてはバスは重要な市民の足ですが、それが奪われてしまうと買い物にも難儀するようになります。そのため多くの自治体で導入しているのがコミュニティバスです。

この記事ではコミュニティバスとその運用にかかる費用や、普段何気なく乗っているバス業界の裏側についてご紹介します。

そもそもコミュニティバスとは?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 画像1-1.jpg

コミュニティバスとは、地域住民の移動手段を確保するために、地方自治体などが運行するバスのことです。狭隘路など交通空白地帯の解消のためや、バス事業者が赤字路線から撤退した後に、高齢者や障害者、学生や児童など交通弱者の交通手段を確保するために運行されます。まずはコミュニティバスの歴史を見てから、その運用形態やかかる費用などについて見ることにしましょう。

コミュニティバスの歴史

日本におけるコミュニティバスの先駆けは1980年代に東京多摩地域から始まりました。1980年7月1日に運行を開始した、東京都武蔵村山市の武蔵村山市内循環バスが、その先駆けとされています。

武蔵村山市は東京都の市で唯一、市内に鉄道駅が存在しません。そのため交通不便地域が多数存在していました。その解消のために武蔵村山市がマイクロバスのいすゞ・ジャーニーLを購入し、立川バスに運行を委託したものです。

これ以降、各地の自治体が導入し始め、現在では運営していない自治体はないほど広まりました。

コミュニティバスの運用形態

コミュニティバスの運用形態にはいくつか種類があります。一般的には自治体がバス事業者に運行を委託し、運行経費の赤字分を自治体が補填する方式が多く、中には新宿区の新宿WEバスのように、車両購入費のみを自治体が補助する場合もあります。

他には一般路線バスに自治体が補助金を出してコミュニティバスとするものや、地域住民によるNPO法人など民間団体が運行主体となるもの。あるいはすべての業務を自治体自身が行う自治体バスなどもあります。

福祉バスや住民専用バスなど、利用者を限定した場合もコミュニティバスに含まれます。

コミュニティバスの費用は?

コミュニティバスは多くの場合、100~200円程度の低料金で利用することが出来ます。利用者にとっては負担が少なくて済みますが、運営する側はそうは行きません。当然、赤字となるので自治体からの補助金(税金)が投入されることになります。

全国平均では100円の料金を実現するために、自治体が投じている金額は平均745円と言われています。年間の延べ利用者数が3万4000人の場合、総運行費用は1400万円かかる一方で、運行収入は300万円ほどにしかなりません。その差額はすべて自治体が負担することになります。

つまり毎年1000万円以上費用がかかることになるわけです。

バス業界の裏側とは?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 画像2-2.jpg

ここで視点を変えてバス業界の裏側についてみてみることにしましょう。バス会社が抱える共通の問題は運転手不足です。我が国ではすべての業界で人手不足となっていますが、バス業界はそれが極めて深刻な状況にあります。

バス業界はこれまで男社会であり女性の運転手の数は微々たるものでした。その比率は約1.7%(2018年)であり、同じ男社会と見られがちな自衛隊を見てみると女性自衛官の比率は約6%(2017年)ですから、いかにバス業界が女性の活用に後ろ向きだったのかわかります。

これは長年男社会だったことから、更衣室など新たに女性運転手を雇用するに当たり、必要となる投資をバス業界が怠ってきたからとも言えます。その一方で若い人材は入ってきませんから、バス運転手の平均年齢は今や49.8歳になってしまいました。これは全産業の平均を7歳も上回っています。

女性の活用を推進するか、若い人にとって魅力的な待遇を用意しなければ、今後はさらに厳しいことになるでしょう。

CarZoot レザークリーナー

車のレザーシートは気持ちがいいですよね。ファブリックと違って汚れが付きにくいのも特徴です。でも長年車を使っているとレザーシートにも汚れは付いてきます。特にベージュやホワイトのレザーの場合は汚れは目立つものです。

そこで今回おすすめしたいのが「CarZoot レザークリーナー」です。「CarZoot レザークリーナー」は車のプロが実店舗で使っているクリーナーと成分が同じなんです!ですから汚れを落とす力が違います。しかも革シートには全くダメージを与えません。

これまで他社のクリーナーを使ってこられた方は、きっと驚かれるに違いないでしょう。

avatar
学生の方は利用しやすいですよね!

運営もなかなか深刻な状況です!

スーパーポップフィオーレが登場?フィアット500の新車紹介!前のページ

【心霊スポット】千葉県の恐いスポットを3選紹介!恐怖の現場にも登場した有名スポットも!次のページ

関連記事

  1. 記事

    茨城県でGOTOトラベルキャンペーンを使って泊まるオススメの宿を徹底解説!

    都内から程よい距離にある茨城県。交通のアクセスが良好なので、旅行に行…

  2. 記事

    高齢者に限った事故だけではない!車に速度を出せない装置を検討?

    今回は、高齢者による車の速度を出せないようにする動きが出てきたことを…

  3. 記事

    山梨県で子供を連れて少し遠出!迷ったらここに行こう!おすすめの公園!

    富士山のふもとの県、山梨県。豊かな自然の恵みで様々なフルーツが取れる…

  4. 記事

    あのドラマやMVも!ロケ地を車でめぐる旅~宮崎県~ 

    「ドラマのロケ地について知りたい」「MVに映っている場所の詳…

  5. 記事

    【夜景スポット!】山の上から見られる絶好ポイントをご紹介 in宮崎

    今回は、宮崎県のドライブで行けるおすすめ夜景スポットについてご紹介い…

  6. 記事

    たった48時間で完売!?ゴードンマレーの新型スーパーカーのスペックを徹底調査!

    ゴードンマレーに注目している方も多いのではありませんか?格好良い車を…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    F1技術が市販車にも採用!?e-ターボってなんだ!?
  2. 記事

    石川県には家族連れにおすすめの釣りスポットあり!景色も同時に楽しめる!
  3. 記事

    車の灰皿が消えた!?消えた装備と消えていく装備 
  4. 未分類

    車内で嘔吐(消臭、除菌)費用負担について
  5. 記事

    神様のおひざ元!京都府でおすすめの交通安全お守りと神社を3選紹介!
PAGE TOP