ゲリラ豪雨の時には要注意!ハイドロプレーニング現象の対処法とは?

   
 

初夏を迎えると段々と増えてくることが、ゲリラ豪雨のニュースです。天気予報では予測できない、突然降り出す集中豪雨のことを軍事で用いられるゲリラ(奇襲をかけること)で例えた雨ですが、天気予報で予想されないため、大変やっかいな雨です。

運転時、雨が降っているときに気をつけなければいけないことは、ハイドロプレーニング現象です。ハイドロプレーニング現象についての解説や起こる前の予防法。起こった後の対処法について紹介していきます。

ハイドロプレーニング現象とは?

そもそもハイドロプレーニング現象とは、どういった現象なのでしょうか?ハイドロプレーニング現象とは、タイヤと路面の間に水の膜ができ、タイヤが浮いてしまう現象のことです。ハイドロプレーニング現象の他にも、アクアプレーニング現象とも呼ばれています。

タイヤが路面から浮いてしまうと、路面との摩擦がなくなってしまいます。そのため、ブレーキやアクセルが効かなくなり、車が制御できなくなってしまいます。車は、些細なことで、大きな事故に繋がってしまいます。

ハイドロプレーニング現象が起こらないように予防すること、そして、起きてしまった場合の対処が大切になってきます。

ハイドロプレーニング現象の予防法と対処法!

ハイドロプレーニング現象が起こる仕組みを解説しました。最近は、路面も水はけが良いよう加工されており、タイヤも滑りにくいように日々改良されています。ここで重要になるのが、ゲリラ豪雨です。

ゲリラ豪雨は短時間に大量の雨が降るため、路面に水が溜まりやすいです。水たまりが深いほど、ハイドロプレーニング現象が起きやすいため、ゲリラ豪雨の時は、特に注意が必要でしょう。

ハイドロプレーニング現象の予防法

すばり!ハイドロプレーニング現象の予防法は、以下の4つです。

  • タイヤを新品のものに交換する
  • タイヤの空気圧を正しい数値にする
  • 水が溜まる道を通らない
  • スピードを下げる

まず、タイヤを新品のものに交換する理由は、タイヤの溝が大切だからです。今のタイヤは、ハイドロプレーニング現象などの摩擦が0にならないように設計されています。しかし、タイヤも長く使っていると、すり減っています。すり減っていくと溝が段々なくなってしまい、グリップ機能が効かなくなってきます。

また、タイヤの空気圧が正常ではない場合、タイヤの接地面積が変わり、排水機能が上手く機能しなくなります。ゲリラ豪雨など天気が崩れやすい季節の前に、タイヤの溝と空気圧の確認をしておくことをおすすめします。

次に、水が溜まる道を通らないです。これは、ハイドロプレーニング現象の原因が水の膜がタイヤと路面の間にできてしまうためです。また、ハイドロプレーニング現象の起きやすさは水深が深いほど高くなっています。水が溜まってなければ、水の膜ができにくく、ハイドロプレーニング現象も起きにくいでしょう。

最後に、スピードを下げる理由は、ハイドロプレーニング現象が起こりやすい場所が高速道路が多いためです。スピードが速いとタイヤの排水機能が追いつかなくなるため、スピードが速いとハイドロプレーニング現象が起きやすくなります。そのため、高速道路では雨が降ると時速が80kmに規制されます。

ハイドロプレーニング現象の対策法

もし、ハイドロプレーニング現象が起きてしまった場合はどうすればいいのでしょう?対策として良い方法は2つです。

  • アクセルを踏まない
  • ハンドルを切らない

まず、アクセルを踏まない理由は、ハイドロプレーニング現象が起きているとタイヤが路面から浮いて滑っている状態のため、ブレーキやアクセルを踏んでも意味がありません。しかし、ずっと滑る訳ではありません。滑り終わったあと、アクセルを踏んでいるといきなりスピードが出てしまい、制御が難しくなってしまいます。

そのため、アクセルを踏むのではなく、なにも踏まずに制御できるようになるまで落ち着いて待っていましょう。

次に、ハンドルを切らないもアクセルを踏まないと同じ理由です。焦ってハンドルを切ってしまうと思いもよらない方向に進んでしまったり、他の車を巻き込んでしまう可能性も高くなります。ハイドロプレーニング現象が起こってしまった場合、焦せってハンドルを切らずに、制御できるまで待ちましょう。

まとめ

ハイドロプレーニング現象の予防策と対策法を紹介しました。ゲリラ豪雨の時は、ハイドロプレーニング現象に気をつけて、スピードを出しすぎないようにしましょう。

また、ゲリラ豪雨の時に、運転席の窓が汚れていたり、撥水が悪いと視界が悪くなってしまいます。そんな時におすすめの商品があります。CarZootの窓ガラスの撥水コーティングです。キットのため、スポンジやクロスがついてる非常に便利です。

avatar
雪や雨で視界が悪くなるため事故が起こりやすいです!

前が見にくいときは普段より注意しておきましょう!

料金所やSAで働いている人の通勤方法とは?前のページ

自動車保険の気になる団体割引の条件を詳しく紹介次のページ

関連記事

  1. 記事

    車で行ける!北海道でドライブついでに行けるドックラン2選!

    無駄吠えが多くて困っていませんか?ワンちゃんも家の中にずっといるとス…

  2. 記事

    福井県で安全にタクシーを利用しよう!タクシー会社の感染症対策を解説!

    新型コロナウイルス感染症対策を行っているタクシー会社は多数あります。…

  3. 記事

    三重県のドライブできるインスタ映えスポット!

    三重県には車で行けるインスタ映えスポットが多数ありますが、なかなか見…

  4. 記事

    車のホイールを白に塗装する方法とは?おすすめ塗料を徹底解説!

    車のホイールを白く塗装して他の人とは違う印象に変えてみたいなどのイメ…

  5. 記事

    レギュラーガソリンとハイオクの違いは?両者の違いを分かりやすく解説!

    レギュラーガソリン、ハイオクを、車の仕様に合わせて使用しているけれど…

  6. 記事

    車で行こう!神奈川県の爽やかハイキングスポットまとめ

    お出かけをしたい!でも感染症が気になって行けない・・・なんて…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    ミシュランの新発売タイヤ パイロットスポーツカップ2コネクトの特徴とは?
  2. 記事

    気になる車のパーツの生産完了時期。 どのくらいの期間生産されるの?
  3. 記事

    なぜタクシー会社は車内消臭にCarZoot車内消臭剤「ClearOne」二酸化塩…
  4. 未分類

    ホイールの劣化を防ぐには?
  5. 記事

    いつも安全運転を心掛けよう!交通安全お守りと神社ならココがおすすめ!in鳥取
PAGE TOP