ケルヒャーのスチームクリーナーを使った車クリーニング法を徹底解説!

   
 

車の頑固な汚れを落とすなら、スチームクリーナーがおすすめです。

高温度の蒸気を吹き出して、しつこい汚れやシミを除去してくれるからです。

そのスチームクリーナーの中でも、イチオシがケルヒャー製のクリーナーです。

今回は、そんなケルヒャーのスチームクリーナーにフォーカスしていくことにします。

ケルヒャーとは、どんな企業なの?

ケルヒャーは1935年に創業したメーカーで、世界190カ国で同社の製品が使われています。

元々は業務用清掃機器でメジャーな企業だったのですが、最近は家庭用のラインアップの増えていて、高圧洗浄機やスチームクリーナーを製作してグローバル展開しています。

その製品は、女性の方でも簡単に使えるので、とても人気の高い商品ばかりです。

ケルヒャーのスチームクリーナー

スチームクリーナーは、高温のスチーム、すなわち蒸気を使って、頑固な汚れを浮かして拭き取ることで、きれいに除去できる掃除用のアイテムです。

100℃の高温の蒸気が出てきますので、車のシート等にこびりついたシミや脂汚れも、スチームを当てるだけで、瞬間的に落とすことができます。

しかも、水道水を使うので、専用の洗剤を使う必要がありません。

クリーナーの蒸気だけで、見るだけでも気持ち悪そうなカビや雑菌を除菌することができるのです。

ケルヒャーのスチームクリーナーが人気な理由

スチームクリーナーと言っても、作っているメーカーはたくさんあります。

その中でどうしてケルヒャーの物が人気が高いのでしょうか?

どのメーカーでもスチームクリーナーであれば、頑固なシミをしっかりと落としてくれて、女性の人でも簡単にカークリーニング専門業者レベルの洗浄力でお掃除することができるはずです。

それでも、ケルヒャーが人気なのは、次のような理由があったのです。

アクセサリーが豊富

ケルヒャーには車のお掃除で必要なアクセサリーが豊富に用意されています。

ホースの先端に付けるノズルだけでも、かなりの種類あります。

これらのアクセサリーを含めたセット商品のあるので、お買い得なのです。

このノズルを付けると、シートの下にスチームを吹き付けて、際どい汚れを浮かび上がらせることかできるので、後は乾燥したタオルで拭き取るだけです。

高温スチーム

ケルヒャーのスチームクリーナーはシミ等を取るだけでなく、高い除菌効果も期待できます。

クリーナーがら出されるスチームの温度は最大140℃まで沸騰させることができるので、スチームクリーナーの熱で除菌ができるわけです。

車の中に潜むバクテリアを99%以上除菌することができて、O157やサルモネラ菌さえも除菌してしまうスグレモノです。

そのために、清潔な車内にすることができるのです。

ケルヒャーの効果的な使い方

では、この優れたケルヒャーのスチームクリーナーを効果的に使うためには、ちょっとしたコツがあります。

そのコツをキチンと実行することで、さらに清掃効果がアップしていきます。

埃やゴミを先に取っておく

掃除する前によく車の菜かを観察してみると、シートの上に、髪の毛やお菓子のカスが溜まっていることが分かります。

そんな時に、スチームクリーナーを使う前に、これらのゴミや埃を掃除機を使って、取っておくことです。

そうすることで、さらにスチームの洗浄効果が高くなります。

専用ノズルを使う

シートの隙間の汚れを取るには、付属のノズルを使用すると洗浄の効率を高めることができます。

隙間の奥まで、スチームを送り込むことができるからです。

じっくりと温まるまで待つこと

スチームクリーナーの使う前にタンクに水を入れて電源を入れておきますが、スチーマーが温まるまで少し時間がかかるので、5~10分ほど待っておくことです。

汚れを浮かすようにする

温度が上がりスチームクリーナーが温まったら、シートの汚れの箇所に直接スチーマーを当てて、汚れを浮かすようにゆっくり動かすことがコツです。

汚れが浮いてきたら、その度にこまめに乾いたタオルで汚れ拭き取っていきます。

それも一気に汚れを浮かせると、せっかくの浮いた汚れが、再び染み込んでいく可能性があるので、範囲を狭めてスチームを当てて行くようにします。

30cm~40cm四方の範囲で細かくスチームで汚れを浮かせた後に拭き取るパターンを場所をずらしながら、行っていきます。 

車内を乾燥させる

スチームでシート洗浄を終えた後は、車内を乾燥させることです。

スチームを使うと、また湿気が残っていますので、カビの原因になってしまいます。

ひととおりスチームクリーナーで清掃を終えたなら、全てのドアを開放して、しっかりた車内を乾燥させることが大事です。

晴れた日であれば、2〜3時間で燥させることができます。

ケルヒャーのスチームクリーナーを正しく使うこと

ケルヒャーのスチームクリーナーは、高温度の蒸気を吹き出して、しっかりと汚れを取ることができます。

しかも、豊富な付属品がついているので、これらを上手に使い分けることで、狭い箇所も確実に除菌+清掃ができますので、是非、試してみてください。

avatar
編集部
本日のおすすめはこちら

車のバッテリー上がりの原因は?要注意症状と防止方法について解説前のページ

車のバッテリー電圧の正常値はどれくらい?充電方法なども解説次のページ

関連記事

  1. 記事

    2020年秋冬新モデル!ECLIPSEのカーナビの性能を徹底紹介!

    ECLIPSE(イクリプス)で2020年の新モデル「R series…

  2. 記事

    今の軽トラは進化している?軽トラックの安全性能への取り組みを紹介

    商用車として馴染みの深い軽トラック。農家であれば一家に一台は当たり前…

  3. 記事

    ローマ国際空港に急速充電ステーションが開設!イタリアもこれからEVの時代到来か?

     ローマ国際空港に急速充電ステーションが開設されました。トピ…

  4. 記事

    2021年最新!静岡県には 「柿田川湧水群」や 「白糸の滝」など湧き水に恵まれたスポットあり!

    静岡県は自然豊かであり、コロナ過でもリフレッシュできる魅力的なスポッ…

  5. 記事

    富山県でおすすめの車の全塗装が出来るお店を探そう!良質店のみをピックアップ!

    富山県には、様々な豊かな自然があります。そんな富山県を楽しくドライブ…

  6. 記事

    最大200箇所を指定可能!?旺文社子会社マップルの業務用ナビがすごい!

    運送業などを営む方にとって、極めて大きなニュースが入ってきました。旺…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    オートバックスセブンが作ったeモータースタジアムとはどんな施設なのか?徹底紹介!…
  2. 記事

    東京都で輸入車を買うならここが絶対におすすめ!品質も価格もバッチリのお店!
  3. 記事

    【完全版】神奈川県でセキュリティを車に取り付ける業者を徹底解説
  4. 記事

    なぜ、岡山の交通事故の死亡率は全国1位なのか?
  5. 記事

    緊急事態宣言中におすすめ!漫画「ジゴロ次五郎」のあらすじと魅力を徹底解説
PAGE TOP