グッドイヤーが間違えてラベルを貼ってしまった事態が発生!?タイヤ購入時の注意ポイントを徹底解説

   
 

タイヤメーカー「グッドイヤー」が、中国生産のタイヤに間違えて日本のラベルを貼ってしまったトラブルが発生したようです。間違えてラベルを貼ったタイヤは既に発売されてしまっていて、公式は注意を呼び掛けています。日本製と中国製を間違えて購入しないように気を付けましょう。では今回、グッドイヤーが間違えて違うラベルを貼ってしまった件の詳細や、タイヤを間違えて購入してしまわないように気を付けるべきことも詳しく解説します。

誤ったラベルと正しいラベルの見分け方

今回グッドイヤーは、商用車専用のタイヤ「カーゴプロ」に間違えて「MADE IN JAPAN」のラベルを貼ってしまったようです。このカーゴプロは中国製のタイヤとなっています。タイヤの詳細について、2021年2月16日~4月2日に東北・関東・中国地方にて出荷された145/80R12 80/78N145R12 6PRの2サイズで、8374本のタイヤに誤ったラベルを貼ってしまったとのことです。

タイヤの側面には「MANUFACTURED BY GOODYEAR IN CHINA、つまり中国製のものだと正しく打刻されています。そのため、グッドイヤーのカーゴプロを購入する際は、ラベルではなく側面の打刻されている部分をチェックするようにしましょう。「MANUFACTURED BY GOODYEAR IN CHINA」と打刻されているのが中国製タイヤです。

品質や安全性は?

誤ったラベルを貼ったタイヤ自体に品質や安全性は問題ありません。また、性能面にも問題はないので、そこまで深刻な事態ではなかったのは良かったです。ただ中国製を買わないという人は購入する際に注意してください。

誤表示についてネットでの反応

今回の事態について、ネット民は「悪質だ」「悪意があるラベル貼り」「日本人ならラベルで誤魔化せば売れると思っているのか」「産地偽装」など厳しい意見が多数ありました。確かに出荷前にチェックしたであろうにも関わらず、このような事態になったのは商品管理者がズボラだと思われても仕方がないかもしれません。ただ「貼ってるラベルを間違えただけで、そんなに騒ぐほどのことでもない」という意見も同感です。

タイヤを購入する時に気を付けるべきこと

タイヤを売却する人が増えているようで、その理由は「間違えて購入してしまった」というものです。タイヤはよく確認してから購入しないと、サイズが違ったり乗り心地が悪くて相性がイマイチだったりで売却する人がいるようです。あなたもそうならないように、続いてはタイヤを誤購入しないように気を付けるべきことを解説します。

タイヤの数字を把握しておく

タイヤの側面には数字がありますが、この数字の意味を知らない人がかなり多いと思います。例えば側面に「195/70R15 69H」と表記されているとすると、「195」はタイヤ幅「70」は扁平率「R」は構造「15」はリム径「69」はロードインデックス「H」は速度記号という意味です。購入する際にタイヤサイズを確認するには、「195/70R15」の部分を見ます。事前にメモして店員さんに伝えればOKです。

サイズの意味をもっと詳しく

サイズ幅の他、扁平率・構造・リム径・ロードインデックス・速度記号は何なのかを詳しく解説します。扁平率とは、タイヤ幅に対する厚さの%を表している数字で、数値が大きければ厚いタイヤということになります。構造とは、「R」が軽く燃費が良いラジアル構造「V」が重さに強く乗り心地が良いバイアス構造という意味があり、乗用車か大型トラックかで分けられています。

リム径とは、そのタイヤに合うホイールの外径(インチ)を表しており、上記で例えたタイヤだったら15インチのホイールが合うタイヤということになります。ロードインデックスとは、タイヤの最大負荷能力を表していて、上記のタイヤは「69」なので最大1300kgまで耐えられるということです。速度記号とは、走れる最高速度を表す記号で、「H」は210km/hまで・「W」は270km/hまで等と決まっています。

まとめ

グッドイヤーが誤ったラベルを貼って販売してしまった件について、最終チェックになぜ気づかなったのか不思議に感じるという意見も多いです。対策としては、タイヤの側面を確認すれば誤購入することはないでしょう。初めてタイヤを買う場合は、交換するタイヤのサイズ表記を写真撮っておくと、確実に正しいタイヤを購入できるのでおすすめです。

【日本上陸が実現】中国最高級!紅旗H9のグレードや日本価格は?前のページ

田辺豊治のF1エピソードをご紹介!人気の理由やハプニングまで次のページ

関連記事

  1. 記事

    スズキのラパンショコラ!女性が車を購入するならおすすめ!

    これから新しい車を購入したいと考えている方もいるのではないでしょうか…

  2. 記事

    運転で疲れた体をリラックス!佐賀県内のオススメ足湯ランキングTOP3!

    今年の夏は非常に暑かったですが、ようやく涼しい季節が到来しました。食…

  3. 記事

    軽トラに積んでおきたい農業用の長靴をご紹介!

    農家の人にとって、長靴は必需品。作業をする時にどうしても汚れてしまっ…

  4. 記事

    流れるウインカーのことならLED加工専門店【球屋】に100%お任せしよう!

    あなたは「流れるウインカー」という物を見られたことがあるでしょうか?…

  5. 記事

    女子必見のおしゃれなキーケースや財布とは? クロエのアイテムをそろえてみよう!

    車に乗るときには、おしゃれなキーケースや財布があると気分も明るく、楽…

  6. 記事

    アストンマーティンの手掛ける事業は車だけじゃなかった!多様化が求められる時代で新たな取り組みとは? …

    アストンマーティンと言えば、高級車を作るイメージがあり、その名車に魅…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    【コツを掴んで車のお掃除】汚れやすいボディの箇所や掃除で気をつけるところを紹介 …
  2. 記事

    3密を避けてカー用品を購入しよう!おすすめ店舗トレンドワークスを徹底解説
  3. 記事

    同じじゃないの?ディーゼルとグリーンディーゼルの違いを徹底比較!
  4. 記事

    BMWは有名な高級自動車メーカー!BMWの歴史と車種をチェックしよう!
  5. 記事

    【あなたは知ってますか?】覆面パトカーは都市伝説ではない!ちゃんと見分け方がある…
PAGE TOP