クーデター問題が起きたミャンマーのスズキの工場が再開

   
 

東南アジアの国、ミャンマーで起こったクーデターは、国内外様々なメディアでもトップで扱われたため、関心を持っている方も多いのではないでしょうか。アウンサンスーチー氏の名前だけは知っているという方もおられると思います。現地に工場や拠点を持つ日本企業も複数あり、操業ストップを強いられたケースも出てきています。今回はスズキの工場を中心に現地の模様を紹介します。

ティラワ経済特区は日本とミャンマーの共同開発

バガン, ミャンマー, テンプル, レンガ, パゴダ, ビルマ, アジア

クーデターが起こったのは、2月1日。本来この日から首都ネピドーにおいて、国会が開かれる予定でした。前年秋の総選挙で、国民民主連盟(NLD)が大勝した背景により、NLDを率いるアウンサンスーチー氏が国家顧問に選出され、さらなる民主化の発展が進められることに国内外から期待されていました。

しかし、長年に渡り政治支配を行ってきた歴史があるミャンマー国軍にとっては、影響力を大幅に失うことは必至であるため、総選挙に不正があったなどといった理由をつけてクーデターにより権力を掌握しています。国内ではインターネットに接続ができないなど軍の介入による不便、不自由が叫ばれています。

スズキは2つの工場に約400人の従業員を持つ

クーデターの影響で、1日の午後から3日間操業を停止していたスズキの四輪の生産工場は、4日に再開することとなりました。工場は15年前までビルマ時代から首都であり続け、今でも最大都市のヤンゴン南部のティラワ経済特区(SEZ)にあります。ミャンマーは2011年の民政移管により世界中からアジア最後の経済フロンティアとして注目され、日本も2014年よりこの地域で共同でインフラ投資や経済支援などを行ってきました。

スズキの2つの工場における2019年の生産台数は約1万3300台とされていますが、今年9月から新たに稼働する新工場では、年間4万台の生産キャパシティを持つと発表されているので、追ってSEZに参入するトヨタが2500台規模の生産計画を立てているところを見ると、近隣のタイやベトナムなどにも拠点を持つスズキのミャンマーにおける重要度が伺えるのではないでしょうか。

その他における影響、今後について

その他自動車関連企業ではトヨタは情報収集中としており、デンソーは一部稼働を停止にしています。また、他業界では全日空が運休する中、キリンやイオンは稼働に変更はなく、大和証券もミャンマーの証券取引所の再開を受けて営業しています。しかしながら、今後アメリカなど欧米による経済制裁によっては、状況が悪化することも考えられ、予断を許さない状況にあると言えるでしょう。

おわりに

スズキはミャンマーでは、キャリイ、シアズ、エルティガ、スイフトの4車種の生産を行っています。新車販売のシェアも60.3%(スズキ調べ)と今後の更なる需要拡大が期待されていた中の出来事であり、コロナ禍もあるので一日でも早く元の状態に戻ることを願わずにはいられません。何度も自宅軟禁にあっても復活してきたアウンサンスーチー氏のようにミャンマーの発展における時計の針が再び進むことに期待しましょう。

ネットを使えることへの有難さを手入れに込める

現在クーデターによって軍が権力に居座っているミャンマーでは、ネット規制もおこなわれているとの報道も出ています。また、世界各地の抗議活動においてはSNSによって連携されているものも見受けられます。こういった記事を見ると当たり前の日常への有難さを実感する方も多いのではないでしょうか。そして、久々にスマホの手入れを始めるかたもおられるかも知れません。

CarZootの「ScreenGlassCoating for SmartPhone」は、プロ仕様のブルーライトカット配合ガラス被膜スマホ専用ディスプレイコーティング剤ですので、画面を保護するだけでなく目にも優しいところが特長です。iPhoneやAndroidなど世界中のスマホの画面に対応しています。

三菱電機が設計不正!?自動車業界だます偽の「宣言書」とは?前のページ

トヨタの世界生産がコロナ前を上回る920万台に。その理由は?次のページ

関連記事

  1. 記事

    高知県内の電気自動車の充電スタンドをご紹介!

    街中ではEV車を目にする機会が増えてきました。でも、充電スタ…

  2. 記事

    愛媛県で憧れの輸入車を買うことができるお店!

    輸入車の購入を検討している人も多いのではないでしょうか。購入…

  3. 記事

    会津バスが電気バスにテレマティクス技術を活用!一体どんな事が便利になるのか?

    あなたはテレマティクス・システムをご存知でしょうか?今回このテレマテ…

  4. 記事

    【がっかり】トライアル世界選手権日本GPが2年連続へ中止へ!コロナの影響か?

    非常に残念な情報が入ってきました。昨年も中止になったトライア…

  5. 記事

    今でこそスタッドレスタイヤがあるがそれ以前はどうやって雪道を走っていた?

    今年の冬は、日本側を中心に大雪に見舞われ道路交通網は大混乱になってし…

  6. 記事

    圏外でも使用可能!?iOSで使えるナビアプリ「カーナビタイム」についてご紹介

    車で運転をする際に目的地までのルートを気軽に知ることの出来るのがカー…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    福岡市南区内おススメ月極駐車場~駐車場の探し方~
  2. 記事

    【自動車業界1位のトヨタが!】2021年春闘の結果満額回答した件
  3. 記事

    【子供と一緒にどうぞ!】公園で遊ぶため岡山県までドライブで行こう!
  4. 記事

    【メルセデス車】新型EVEQSの車内を公開した2021年について徹底解説
  5. 記事

    電動キックボードが普通自動車通行帯で走行可能になります!ドライバーは注意!
PAGE TOP