クロックスって車の運転で履いていていいの?

   
 

世界の多くの国で販売されている『クロックス』は、日本においても世代を超えて人気を博している商品です。模倣品も多く製造され、サンダルの概念を変えたクロックスですが、車の運転でも多くの方が利用しています。

車の運転でクロックスを履いてよいのか

クロックスの良さはサンダルよりは運転しやすく、普通の靴よりは通気性が良いので運転用の靴として好んで使用する人が多いです。

しかし、クロックスを運転中に履いてよいのか、実際の安全性についてリスクがあるか、まとめましたので参考にしてみてください。

法律上の規定

車の運転する際に遵守しなければならない法律上の規定として、『道路交通法 第4章の第70条「安全運転の義務」』があります。要約すると、ドライバーはハンドルやブレーキを操作する場合において、他者に危害が及ぼさない速度と方法で運転することを義務づけられています。

サンダルで運転する場合は、かかとが安定していないので「安全運転義務違反」として検挙されてしまう危険性が高いです。しかし、クロックスは足のかかと部分に固定ベルトをはめているのであれば、違反にならない可能性が高いです。

以上のことから法律上の規定としてクロックスの着用はグレーゾーンにあり、着用方法によっては注意を受けることも想定されます。また、クロックス着用時に事故を起こしてしまった場合は、クロックスが原因と認定される危険性もあり、その場合は『安全運転義務違反』として2点が加点が想定されます。

安全性に関するリスク

クロックスをある条件で履いて運転しているのであれば、安全性のリスクは次のようなものが考えられます。

かかと部分のベルトをはめていない

アクセルペダルを操作中に危険性を感じて咄嗟にブレーキペダルに踏み換えたとき、クロックスのかかと部分がベルトで固定されていないと操作に支障が生じる場合があります。

さらに万が一、急に脱げてしまった場合のアクセルやブレーキの操作感覚は靴を履いているときの感覚と大きく異なるので、急加速や急減速してしまい衝突の危険性が増します。

足のサイズが合っていない

かかと部分のベルトを着用していても、クロックスのサイズが大きすぎてブカブカする場合は、急に脱げてしまいアクセルやブレーキの操作感覚にギャップが生じて、事故のリスクになり得る可能性があります。

ソール部分が摩耗して滑りやすい

クロックスの素材は合成樹脂で履き心地の良さがメリットになりますが、履き続けることでソール部分が摩耗しやすい事実もあります。溝がすり減ってしまうことで接地面とのグリップ力が弱くなり、アクセルやブレーキのペダル操作で滑ってしまう危険性があります。

履き物に起因する事故

クロックスではないですが、履き物が原因となって発生したとされる事故について紹介します。

厚底サンダルによる死亡事故

2000年9月に埼玉県で、厚底サンダルを履いた女性が運転中に、ブレーキ操作を誤り追突事故を起こしてしまいました。事故のショックでパニック状態に陥った女性は、ブレーキとアクセルを踏み間違い、120m先の横断歩道を歩行していた当時小学2年生の男児をはねて死亡させたことがあります。

この女性は遺族に謝罪しなかったことで悪質と判断され、翌年4月に業務上過失致死容疑で逮捕されました。

ハイヒールによる死亡事故

2011年9月に宮城県で、業務として自動車を運転していた女性が路肩の段差を乗り上げて駐車する際に、ハイヒールのヒール部を軸にブレーキペダルを踏む動作でつま先が滑り、アクセルペダルを踏み込んで暴走。歩道にいた小学生3人を跳ねて1人が死亡してしまう事故が発生しました。

判決では、道路交通法の遵守や安全に対する意識が欠如していると判断され、約6500万円の賠償金の支払いと、懲役2年6ヶ月の実刑判決も受けています。

《CarZoot》鉄粉除去クリーナー「POWERFUL REMOVER」

普通の洗車では除去できないボディに付着した鉄粉を、ノーコンパウンドでボディを傷つけずキレイに除去できるボディクリーナーです。使い方は、ボディに直接スプレーして数分放置すると鉄粉と反応して変色するので、水で洗い流して施工が完了します。amazon.co.jpで1,980円です。

まとめ

結論は、クロックスはベルトをしっかり締めて運転すれば、罰則になる可能性は低いのですが、きっちり着用しなければ事故の発生原因となるリスクが高くなります。今後もクロックスを着用した際の運転には十分注意が必要です。

車で靴を収納おすすめのアイデアをまとめて紹介前のページ

世界の電気自動車の市場からみえる日本の課題次のページ

関連記事

  1. 記事

    コロナ時代でも安心!静岡県にある駐車場有りの初詣・除夜の鐘に最適なおすすめ神社まとめ!

    コロナの影響で仕事が減って大変な思いをしている方もいるでしょう。精神…

  2. 記事

    大人カジュアルで安全ドライブへ出かけよう!40代の冬のコーディネート

    仕事も家事も落ち着き始め余裕がある上品で女性らしい魅力が増す40代。…

  3. 記事

    リーズナブルな価格で求めやすい中古車の代表格「トヨタ ナディア」を紹介!

    この記事は、新車ではなく中古車を検討している人向けの記事です…

  4. 記事

    新潟県で車中泊ができる道の駅を紹介!2021版!

    今回の記事では新潟県でおすすめの車中泊ができるスポットをご紹介させて…

  5. 記事

    北海道レッカー事業組合が 災害時の車両移動で札幌市と協定を結ぶ

    東日本大地震によって失われた道路や大雪で立ち往生する車両など災害が発…

  6. 記事

    軽自動車に力士4人?軽自動車の重量制限はないのか?無事走れるのか?徹底解説!

    軽自動車は小回りも効いて、維持費も安く、おまけによく走るので、多くの…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 未分類

    緊急!車内・シートの嘔吐後の消臭、除菌について知ろう!
  2. 記事

    栃木県でガソリンが無くなっても安心!24時間営業のガソリンスタンドを集めてみまし…
  3. 記事

    テスラは電気自動車の生産に特化!テスラの歴史と特徴を徹底解説!
  4. 記事

    発泡樹脂製造の最大手【積水化成品工業】の株価動向と事業内容にメスを入れる!
  5. 記事

    【BMW車初】ピュアEV Mモデルが2021年に登場する件を解説
PAGE TOP