クルマにも由来がある!素敵な由来を持つ国産車5選をご紹介

   
 

「どんなクルマに乗っているの?」
と聞かれて、人に言いたい格好いいネーミングのクルマに乗ってみたいと思ったことはありませんか。
クルマの性能や価格帯などで選ぶことの多い車ですが、車名を見て選択するということは少ないものです。
そのため、車名の由来を意識している人は少ないのではないでしょうか。

一世帯あたり1台以上を保有する日本のクルマ事情

日本全国を走る乗用車は6100万台以上と言われています。
これは、全国平均で1世帯あたり1台以上を所有しているということ。

その種類は多種多様で、街中には軽自動車からスポーツカーまでありとあらゆる車が走っています。
自動車メーカーも国内外で多岐にわたります。
国産車メーカーだけでも13社のメーカーがあり、毎年様々な車が開発し販売されているのです。

車名のカッコイイ車5選【国産車編】

メーカーがこだわっているのは車の性能だけではありません。
車名にもメーカーのこだわりと思いが詰まったものが多いということはご存知でしょうか。
そこで今回は、素敵な由来を持った国産車をご紹介します。

日産「スカイライン(SKYLINE )

2019-2020カー・オブ・ザ・イヤーのイノベーション部門、2019テクノロジーオブザイヤー、日本自動車殿堂カーテクノロジーオブザイヤーをトリプル受賞した日産のセダン「スカイライン」。
車名の由来は「山並みと青空を区切る稜線」に由来しています。提案したのは、初代スカイライン開発当初、設計にかかわっていた櫻井眞一郎氏。
櫻井氏は初代の開発からかかわっており2代目から7代目までは開発責任者を務め「ミスタースカイライン」としても知られています。

トヨタ「スープラ(Supra)

スープラはトヨタ自動車が販売しているスポーツカーです。
1978年に初代モデルから2002年の4代目まで生産されていた車種でしたが、2019年に「GRスープラ」として、17年ぶりの復活を遂げました。 車名の由来「スープラ(Supra)」はラテン語で「超えて」「上に」という意味。
時代とともに進化するスープラにふさわしい由来ではないでしょうか。

マツダ「ロードスター(Roadster)

国産車のオープンカーといえば、「ロードスター」。初代ロードスターが誕生した1989年から人気は衰えることなく、今もなお進化を続けています。「ロードスター」とは、造語ではなく、ガブリオレ・コンバーチブル・ランナバウトなどと同じくオープンモデルの分類のひとつを表す名称で、「2シーターの屋根なし自動車」という意味を指します。

スバル「インプレッサ(IMPREZA)

SUBARUが作りたかった「人生を輝かせるクルマ」。乗る人すべてが安心して運転を楽しめ、快適に移動できるクルマとして進化した「IMPREZA」。
運転席は、足元が広く設計されており、ドライバーの体格にあったドライビングポジションを確保できるため長距離運転も疲れにくい設計になっています。車名の由来は、盾などに刻まれている勲章などの意味を持つ「Impresa」からの造語です。
加えて新しい時代に新鮮な「印象(Impression)」を与えるクルマという意味も込められています。

日産「エクストレイル(X-TRAIL)

2013年のデビューから常に進化を続ける日産の人気SUV車。
最先端技術による安全な走行やインテリジェント4×4が実現する走破性などの性能が人気の「エクストレイル」。
名前の由来は、「X」はスノーボードやスケートボードなどのスポーツ競技の「extreme(X-trem)sportsのX。「TRAIL」は、足跡やオフロード、あれた道などを表しています。
「X-TRAIL」は、この2つの言葉をかけ合わせた4×4のイメージとした造語です。
SUVらしい、スポーツにちなんだネーミングですね。

車内もきれいに快適に!CarZoot の「車内インテリアクリーナー」

車内の掃除はどれくらいの頻度で行っているでしょうか。

車内は飲み物や食べ物の汚れや手垢などでどうしても汚れがち。
汚れは放置しておくと落ちにくくなってしまうのでとても厄介です。洗車は頻繁にするけれど、車内の清掃は簡単な拭き掃除程度。という方も多いと思います。
そこで、「もっと簡単に、楽に車内清掃ができれば」と思う方に最適なのが、CarZoot の「車内インテリアクリーナー」。

国内開発・製造の安心の品質で、プロが実際に使用しているクリーナー剤です。
専用のクリーナー剤とタオルなどがすべて付属されているのですぐに使用できるので、
これひとつで、シートやダッシュボード、マットまで素材に関係なくどんな場所でもクリーニングが可能です。
車内インテリアクリーナーでの簡単な手入れひとつで、より快適なカーライフが実現します。

avatar
車内の汚れで落としにくいものありますよね!

お困りの際はこちらの商品を使用してみてください!

バスやトラックのハンドルが大きいのには理由がある!前のページ

馬力・走行は最高峰!でも、燃費の悪いクルマトップ3!次のページ

関連記事

  1. 記事

    プロ野球のリリーフカーの始まりとは?現在使われている車種も徹底調査!

    プロ野球で投手交代になると出てくるのがリリーフカーです。オープンカー…

  2. 記事

    ローバーのおすすめ車種一覧!当時の動画と共にご紹介! 2020年度版

    イギリスを代表する自動車メーカーの「ローバー」現在、その名を冠した自…

  3. 記事

    新潟県で子供を連れて少し遠出!公園で楽しむにはここが一押し!

    豊かな自然と田園風景が広がる新潟県。愛車に乗って、ご家族でドライブす…

  4. 記事

    岡山県のタクシー会社の新型コロナウイルス対策を紹介!

    新型コロナウイルス感染症が流行し、公共の交通機関を利用することに抵抗…

  5. 記事

    和歌山県でコロナを気にせず安全に使える貸切バス会社をご紹介!

    コロナの影響で遠出は制限されていましたが、遠出の旅行へ行ける…

  6. 記事

    宮崎県をどげんかせんといかん!おすすめの道の駅をまとめてみた~2020年度~

    宮崎県の観光エリアから延岡エリア、宮崎エリア、日南エリアから、ドライ…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    車の修理費は高額?脱輪したときの損傷や費用はどんなものか解説!
  2. 未分類

    スーパーカーにおすすめのホイールコーティング剤2選!
  3. 記事

    【宮城県】杜の都で自動車免許を取るならここがおすすめ!3選紹介!
  4. 記事

    【ドライブコース】新潟県民におすすめドライブコースを4つ紹介!
  5. 記事

    山口県でお遍路巡りを楽しめる場所!おすすめの神社を徹底紹介!
PAGE TOP