クルマにも由来がある!素敵な由来を持つ国産車5選をご紹介

   
 

「どんなクルマに乗っているの?」
と聞かれて、人に言いたい格好いいネーミングのクルマに乗ってみたいと思ったことはありませんか。
クルマの性能や価格帯などで選ぶことの多い車ですが、車名を見て選択するということは少ないものです。
そのため、車名の由来を意識している人は少ないのではないでしょうか。

一世帯あたり1台以上を保有する日本のクルマ事情

日本全国を走る乗用車は6100万台以上と言われています。
これは、全国平均で1世帯あたり1台以上を所有しているということ。

その種類は多種多様で、街中には軽自動車からスポーツカーまでありとあらゆる車が走っています。
自動車メーカーも国内外で多岐にわたります。
国産車メーカーだけでも13社のメーカーがあり、毎年様々な車が開発し販売されているのです。

車名のカッコイイ車5選【国産車編】

メーカーがこだわっているのは車の性能だけではありません。
車名にもメーカーのこだわりと思いが詰まったものが多いということはご存知でしょうか。
そこで今回は、素敵な由来を持った国産車をご紹介します。

日産「スカイライン(SKYLINE )

2019-2020カー・オブ・ザ・イヤーのイノベーション部門、2019テクノロジーオブザイヤー、日本自動車殿堂カーテクノロジーオブザイヤーをトリプル受賞した日産のセダン「スカイライン」。
車名の由来は「山並みと青空を区切る稜線」に由来しています。提案したのは、初代スカイライン開発当初、設計にかかわっていた櫻井眞一郎氏。
櫻井氏は初代の開発からかかわっており2代目から7代目までは開発責任者を務め「ミスタースカイライン」としても知られています。

トヨタ「スープラ(Supra)

スープラはトヨタ自動車が販売しているスポーツカーです。
1978年に初代モデルから2002年の4代目まで生産されていた車種でしたが、2019年に「GRスープラ」として、17年ぶりの復活を遂げました。 車名の由来「スープラ(Supra)」はラテン語で「超えて」「上に」という意味。
時代とともに進化するスープラにふさわしい由来ではないでしょうか。

マツダ「ロードスター(Roadster)

国産車のオープンカーといえば、「ロードスター」。初代ロードスターが誕生した1989年から人気は衰えることなく、今もなお進化を続けています。「ロードスター」とは、造語ではなく、ガブリオレ・コンバーチブル・ランナバウトなどと同じくオープンモデルの分類のひとつを表す名称で、「2シーターの屋根なし自動車」という意味を指します。

スバル「インプレッサ(IMPREZA)

SUBARUが作りたかった「人生を輝かせるクルマ」。乗る人すべてが安心して運転を楽しめ、快適に移動できるクルマとして進化した「IMPREZA」。
運転席は、足元が広く設計されており、ドライバーの体格にあったドライビングポジションを確保できるため長距離運転も疲れにくい設計になっています。車名の由来は、盾などに刻まれている勲章などの意味を持つ「Impresa」からの造語です。
加えて新しい時代に新鮮な「印象(Impression)」を与えるクルマという意味も込められています。

日産「エクストレイル(X-TRAIL)

2013年のデビューから常に進化を続ける日産の人気SUV車。
最先端技術による安全な走行やインテリジェント4×4が実現する走破性などの性能が人気の「エクストレイル」。
名前の由来は、「X」はスノーボードやスケートボードなどのスポーツ競技の「extreme(X-trem)sportsのX。「TRAIL」は、足跡やオフロード、あれた道などを表しています。
「X-TRAIL」は、この2つの言葉をかけ合わせた4×4のイメージとした造語です。
SUVらしい、スポーツにちなんだネーミングですね。

車内もきれいに快適に!CarZoot の「車内インテリアクリーナー」

車内の掃除はどれくらいの頻度で行っているでしょうか。

車内は飲み物や食べ物の汚れや手垢などでどうしても汚れがち。
汚れは放置しておくと落ちにくくなってしまうのでとても厄介です。洗車は頻繁にするけれど、車内の清掃は簡単な拭き掃除程度。という方も多いと思います。
そこで、「もっと簡単に、楽に車内清掃ができれば」と思う方に最適なのが、CarZoot の「車内インテリアクリーナー」。

国内開発・製造の安心の品質で、プロが実際に使用しているクリーナー剤です。
専用のクリーナー剤とタオルなどがすべて付属されているのですぐに使用できるので、
これひとつで、シートやダッシュボード、マットまで素材に関係なくどんな場所でもクリーニングが可能です。
車内インテリアクリーナーでの簡単な手入れひとつで、より快適なカーライフが実現します。

バスやトラックのハンドルが大きいのには理由がある!前のページ

馬力・走行は最高峰!でも、燃費の悪いクルマトップ3!次のページ

関連記事

  1. 記事

    愛知でトラックコーティングを安く!いいお店をご紹介! 

    この記事では、愛知県でトラックのコーティングをしたいと考えている方に…

  2. 記事

    さあ、お花見に出かけよう!福島県内の車内から楽しめるお花見スポット3選【2021年度版】

    東日本大震災から10年。復興を遂げつつある福島県にも、震災から10回…

  3. 記事

    メルセデスミーが新劇の巨人とコラボ ラッピングした特別なGLAを展示へ

    当記事は、メルセデスミーと「神撃の巨人」とコラボしている情報について…

  4. 記事

    車中泊は熱中症に注意?暑さ対策を徹底してご紹介!

    近年、宿泊費を節約するために車中泊を好んでされる方が増えています。た…

  5. 記事

    【交通安全啓発グッズ寄贈】旭川地方自家用自動車協会が  旭川と稚内の新入学児童に

    「交通安全啓発グッズが気になる。」「旭川地方自家用自動車協会ってなに…

  6. 記事

    ランボルギーニウルスEVOが大幅モデルチェンジ!どんな変化なのか?徹底追及!

    この度、イタリアのスーパーカーメーカーであるランボルギーニが、同社の…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    【デザインがカッコいい!】2020年度におすすめアウディの車種をご紹介
  2. 記事

    大分県で有名な植物園を紹介!
  3. 記事

    シビック用マフラーがマイナーチェンジ!軽量化と低排気化特化「HKS ハイパワース…
  4. 記事

    いすゞ「ギガトラクタ」が新改良!安全で快適な改良点を探る!
  5. 記事

    千葉県でおすすめする2021年車で行ける桜の花見スポットを紹介! 
PAGE TOP