キャンプするなら車が必須!その理由と秋田県の絶景キャンプ場をご紹介!

   
 

キャンプに行くとき車で行く方がメリットがあることを知っていますか?

また、秋田県で景色の良いキャンプ場を知っていますか?

今回の記事では、キャンプに車を使うメリットと、秋田県にあるオススメのキャンプ場を紹介します!

1、キャンプを車で行くメリットとは?

キャンプを車で行くことでどんなメリットがあるのかご紹介します。

どんな場所だろうと行くことが出来る

キャンプ場によっては山の中にあったり駅から遠いことがありますよね?

またバスなどの公共交通機関が通っていないなんてこともあります。

しかし車であればそんな心配をする必要はありません

しかも、車は駆動方式や車体の高いものがあるのでどんな山道や道の悪い場所だろうと関係ありません。

大量の荷物を積める

大人数で楽しめるキャンプの場合、荷物が多くなってしまうためバスなどで行くとバス停からキャンプ場まで荷物を運ぶのが大変ですよね。

車であればそんな心配をする必要はなく、快適に道具を全て持っていくことが出来ます。

またキャンプで使う遊び道具をたくさん詰める分、思い出もたくさん作れるのでオススメです!

長時間の移動であっても苦にならない

公共交通機関を使った場合はどうしても周りに迷惑にならないように移動しないといけません。友達同士であれば騒いで楽しめない、子どもと行くなら目を離せなくて大変・・・。

車で行けば友達同士で騒ぎながら行くことが出来て楽しめる!

また車で行けば子どもがどんなに騒いでも問題ありません

他にも、道中の気になるスポットに寄りながら行くのも楽しいので車がオススメです。

道具が汚れても問題なし!

公共交通機関だと荷物が汚れて帰るときに少し申し訳ない気持ちになってしまいますよね。でも、車であればそんな心配がないので思いっきりキャンプで遊ぶことが出来るでしょう!

帰り道が非常に楽である

キャンプは行くときとキャンプ滞在中楽しいですよね。しかし帰るとき公共交通機関の場合は大量の道具を持って帰らないといけないので想像しただけで疲れてしまいます・・・。

でも、車であればそんな心配はなく積むだけなので帰り道もキャンプ気分で楽しく帰ることが出来ます。

2、秋田県でオススメのキャンプ場をご紹介!

なまはげオートキャンプ場

住所:秋田県男鹿市北浦北浦平岱山地内

営業期間:4月10日~11月30日(コテージは通年)チェックイン14:00/アウト10:00

利用料金

・入場料:大人400円、小人200円

・サイト使用料:オートAC電源付き1区画4180円、キャンピングカー1区画6320円、広場テントサイト1張り2140円

・宿泊施設:コテージ12600円

設備:駐車場、AC電源付きサイト、ランドリー、水洗トイレ、温水シャワー、バリアフリー設備、Wi-Fi

レンタル:毛布、寝袋、テント、マット、ランタン、鍋、鉄板、網、調理用具ほか

禁止事項:直火一部禁止・条件付き可、ペット一部禁止・条件付き可、花火一部禁止・条件付き可

岩城オートキャンプ場

住所:秋田県由利本荘市岩城内道川新鶴潟192-43

営業期間:4~10月(宿泊施設は通年)、チェックイン14:00/アウト10:00

利用料金

・サイト使用料:オート1区画4400円

・宿泊施設:コテージ13200円

設備:駐車場、AC電源付きサイト、ランドリー (洗濯機2台、40分300円/乾燥機1台、30分200円)、水洗トイレ、温水シャワー (利用時間7:00~21:00、2室、200円/5分)、バリアフリー設備

禁止事項:直火禁止、ペット禁止

キャンプ後に車の汚れが気になる方に使ってほしいアイテム!CarZootプロ仕様 インテリアクリーナー

今回オススメするのが、CarZootプロ仕様 インテリアクリーナーです。

Amazonで購入でき、特徴としては以下の通りになります。

・プロが実店舗で使用している車内インテリアクリーナーです。内窓・シート・マット・ダッシュボード・ドア内など車内丸ごと対応し、コーヒー、ジュースのねちゃねちゃ汚れや、タバコによるヤニ汚れ、手あかなど全て美しく除去します。

・市販製品との決定的な違いは、 汚れを落とす力はもちろんですが、プラスチックや布など車内のパーツを傷めず、レザー部分にも安心して使えるように開発されているところです。

・今までになかった静電気を抑える効果があり、ホコリの付着も防げるところも選ばれる理由です。布シート(モケット地)や天井などに使用してもゴワつきを起こさず汚れをサッと取り除くが可能です。

・本製品はスプレーを付属のタオルに吹き付け拭くだけ。初めての方でも簡単に使用可能。すべて国内で研究開発を重ね製造工程も全て国内で行っております。

こちらは、Amazonで参考価格が2,480円となっています。

キャンプは楽しいものの、帰るときに乗る人や道具で車が汚れるから車で行きたくないという人がいると思います。

しかしこちらのアイテムは、簡単なのに完璧に車内の汚れを落としきれます。

キャンプは車で行く方が楽しいものです!汚れが気になって車を使いたくないという人も、この道具があるので安心して車で行ってください!

avatar
キャンプに行くなら愛車で行こう!

車内専用クリーナーを持っておけば帰ってからもストレスなく車を運転できるよ!

埼玉県の秘境にあるオシャレなカフェに車で行こう!前のページ

佐賀県の車で犬と一緒にドライブがてら行けるドッグランをいくつか紹介次のページ

関連記事

  1. 記事

    日産自動車から新発表!コロナの今だから利用したい「乗ってからペイメント」とは?

    車の大手メーカーである日産がコロナに合わせた支払い方法を発表…

  2. 記事

    静岡県でご利益があると有名!交通安全お守りと神社を3選紹介!

    静岡県で交通安全の祈願をしたい。だがどこに行ったらいいのか分からない…

  3. 記事

    オープンカーでゴルフ場へ!トランクにゴルフバッグが積めるオープンカーはこちら!

    週末の晴れた日、ゴルフ場に行って汗を流すのは気持ちが良い物です。そこ…

  4. 記事

    軽トラックの荷台に乗る事は違法?お祭りのときは大丈夫なのか?

    あなたはお祭りなどの際に、人が軽トラックの後ろに乗って移動している姿…

  5. 記事

    【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!

    「香川県に来たついでにトラック用品店でも見て帰ろうか。」となっている…

  6. 記事

    【必見!】カーポート建設の際に建築基準法を違反しないための方法をご紹介

    カーポートは車庫の屋根の部分だけの建築物になります。…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    大阪府には混雑しにくい夜景の穴場スポットあり!
  2. 記事

    死ぬかと思った、、、突然のブレーキ故障時に知っておいてよかったこと 
  3. 未分類

    クレベリンとCarZoot車内消臭剤「ClearOne」を比べてみた
  4. 記事

    タンクの兄弟分「ルーミー」ってどんな車?スペックを徹底調査!
  5. 記事

    車のホイールコーティングは簡単に出来るのか?
PAGE TOP