キャンピングカー走行中、同乗者はベッドで寝ていてもいいの?

   
 

「寝ててもいいよ」
自動車に同乗していると運転手がこのように言ってくれたという経験もあるかと思います。
遊び疲れたり、交代で運転するときに同乗者が眠るのは珍しいことではありません。
もしこの自動車がキャンピングカーだったとき、ベッドを使って眠るのはOKなのでしょうか?
キャンピングカーのルールについて説明します。

ベッドで寝てもいい?

自動車で眠るとき、それがキャンピングカーであればベッドなども備え付けられていることでしょう。
せっかく眠るのであれば助手席などよりもベッドで眠った方が心地いいですし疲れも取れると思います。
しかしこれ、違法なんです。

キャンピングカーのベッドで眠るのは違法?

シートで眠ると、どうしても普段と同じ体勢で眠るのは難しいです。
ベッドが設置されているのであればそっちで眠りたいと思うのが心情です。
しかし、キャンピングカーといえど走行している最中は車両です。

道路交通法では、走行する車両に搭乗している人はシートに座ってシートベルトをしているのが原則です。
6歳未満の児童はチャイルドシートが義務付けられているので同様にベッドで眠ることは出来ません。

走行中に搭乗者が眠ることが許されているのは、救急車をはじめとした医療搬送用などごく一部の車両に限られているのです。
もちろんこちらは疲労回復のためにスヤスヤ就寝するためのものではなく、ストレッチャーという患者さんを搬送するためのものですので快適という言葉には程遠いのは言うまでもありません。

キャンピングカーも『自動車』である

さて、キャンピングカーは自動車なので走行中に眠ることが出来ないのはここまでで説明した通りです。
では、走行中はどのようにしておけばいいのでしょうか?

シートベルトとチャイルドシート

先ほどの項目でも少し触れましたが、私たちが自動車に乗っているときはシートベルトを装着するのが絶対的なルールです。

では、シートベルトを着けていればどのような状態でもいいのかというとそうとは限りません。
シートベルトを装着した状態であってもシートを倒しすぎると、サブマリン現象を起こしてしまう可能性があるので、座席ベルト装着義務に抵触することも考えられます。

サブマリン現象とは前方から強い衝撃を受けたとき、乗員の身体がシートの座面に押さえつけられるように潜り込んでしまう現象のことで、シートベルトをすり抜けてしまうばかりかエアバッグなども効果を発揮しなくなるので非常に危険な現象です。

同様に6歳未満の児童はチャイルドシートの装着が義務付けられています。
6歳になったらシートベルトに移行することになりますが、もし身体が小さいのであればジュニアシートという選択肢を取ったらいいでしょう。

最初からシートベルトがないキャンピングカー?

シートベルトの着用は義務であるという説明をしましたが、それが義務となったのは比較的最近の話です。
シートベルト着用義務化以前に生産されたキャンピングカーはシートベルトがそもそも設置されていません。

こういった車両の場合であればシートベルトを着用していなくとも道路交通法に抵触することはありません。
しかし、自動車事故が起きてしまったとき、その衝撃で凄惨な事故になってしまう可能性は否めません。

もしあなたが旧式のキャンピングカーのオーナーであるならシートベルトを後付けで設置することをおススメします。

CarZoot社からプロも実店舗で使用しているサイドミラーコーティング剤を紹介します。
施工が非常にお手軽であるにも関わらずその効果は非常に強く、1か月間も持続します。
約30回分の施工ができますので2年と6カ月買い替える必要のない驚異のコストパフォーマンスも魅力的です。
キャンピングカーは重たい車両ですので後方確認は普段以上にしっかり行う必要があります。
安全な車内泊を楽しむためにも、安全運転が出来る環境は整えましょう。

avatar
家族とキャンピングカーでお出かけも良いですよね!

運転時は交通ルールを守りましょう!

車庫証明なしで車は買える?前のページ

BBSのホイールの値段はなぜ高いのか次のページ

関連記事

  1. 記事

    【キャデラック好きの方必見】新車リリックというSUVの徹底検証!

    「キャデラックがSUV発表したんだけど、詳細が気になる。」「…

  2. 記事

    【山形でトレッキング!】頂上から絶景が見れるおすすめの山をご紹介

    今回は、ドライブしながら行ける山形県のトレッキングスポットをご紹介い…

  3. 記事

    ビュイックのおすすめな車種を見てみよう!

    車を購入する際、車種やメーカーを選びきれずに悩む方が多いです。特にお…

  4. 記事

    おしゃれなカー用品のブランドまとめ!人気のグッズを厳選してご紹介

    「よし!ドライブに行こう!」と思い立って、愛車を見たら、なんだか気分…

  5. 記事

    密にならずにリフレッシュ!鹿児島県の車で行けて温泉があるキャンプ場5選

    海に囲まれた大自然が多い鹿児島県。そんな大パノラマが見えるキ…

  6. 記事

    タイヤの泥除けは何故なくなった?驚きの新事実

    かつて自動車にはタイヤの泥除けが装着されていました。今ほど舗装道路が…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    栃木県のサービスエリアでグルメを堪能!魅力を解説!
  2. 記事

    癒しを求めてドライブ 茨城県でおススメパワースポット3選
  3. 記事

    アルミモールの手入れの仕方を徹底解説!
  4. 未分類

    ホイールコーティング剤とは?
  5. 記事

    愛媛県ではこのカーポート施工業者がおすすめ!
PAGE TOP