キャンパーは必須!自動車に搭載するおすすめのルーフキャリアを紹介

   
 

キャンプやレジャーに行く場合、たくさん荷物を持っていく必要があるので、車に載せられない場合もあると思います。

そんな悩みを解消できるのが、ルーフキャリアです。

ルーフキャリアを自動車の上に搭載することで、普段より多くのものを載せることができます。

当記事では、ルーフキャリアの使用用途やオススメのメーカーを紹介します。

ルーフキャリアとはどのような仕組みなのか

ルーフキャリアとは、本体の屋根に搭載するパーツのことです。

ルーフキャリアは、ベースキャリアにアタッチメントを取り付けるだけで、様々なモノを載せることができます。

ルーフキャリアは車の上に荷物を載せることができるので、単純に運べる荷物の量を増やすことができます。

ルーフキャリアを搭載するメリットは以下になります。

  • 荷物を載せるせることのできる量が増えるので、車内のスペースを確保できる
  • 縦に長い荷物も載せて運ぶことができる
  • 汚れたモノや臭いのするものなど、車内に載せたくないものも収納できる
  • 自動車の見た目がワイルドになり、アウトドア感が出る
  • 駐車場でも自分の車が見つけやすい

ルーフキャリアを搭載する場合に注意しないといけない点は以下になります。

  • 立体駐車場や高架下を通る時は、高さに注意する
  • 落下することがないようにしっかり固定する
  • 洗車するときはベースキャリア以外すべて外す
  • 積載荷重を確認して、超えないようにする

ルーフキャリアの3大メーカー

ここからは、ルーフキャリアの3大メーカーを詳しく紹介します。

3大メーカーを選ぶと、失敗することはまずありません。

  • スーリー社
  • イノー社
  • テルッツォ社

世界で最も有名なルーフキャリアメーカー「スーリー」

スーリーはスウェーデンにある世界最大のカーメーカーです。

デザインやサイズも豊富で、取り付け可能な車種も豊富で人気のメーカーです。

スーリー公式サイトはこちら

リーズナブルな価格で人気の「イノー」

大手メーカーの「カーメイト」が展開するブランドです。

価格が安く高性能なアタッチメントやパーツが取り揃えられているので、非常に人気のメーカーです。

またコールセンターも日本語で対応してくれるので、安心して連絡を取ることができます。

イノー公式サイトはこちら

ルーフボックスが大人気の「テルッツォ」

国内で有名なパーツメーカー「PIAA」が展開する「テルッツォ」です。

日本のメーカーなので、ほとんどの国産車やコンパクトカー、ミニバンなどにも対応しています。

カーパーツに珍しい軽自動車にも対応しているベースキャリアも販売しています。

テルッツォ公式サイトはこちら

目的に合わせたアタッチメントを選ぼう

ルーフキャリアにもさまざまなアタッチメントが販売しています。

自分の目的や使用用途に合わせて、使いやすいアタッチメントを選びましょう。

ルーフボックスタイプは雨でも使える

ルーフボックスタイプのアタッチメントは、屋根に取り付けられるボックスタイプになっています。

ボックスタイプになっているので、雨が降っても荷物が濡れ心配がありません。

ルーフラックは多目的に使える

ルーフボックスだとおおきすぎるので高さが気になる人には、ルーフラックがオススメです。

ルーフラックとは、荷物をネットやベルトで固定するキャリアです。

さまざまな使用用途に使えるので、レジャーを楽しみたいときにも活用することができます。

自動車のボディの水垢が気になるならCarZoot社の「ウォータースポット除去剤」

自動車のボディは外にさらされているので、汚れてしまうのは当然のことです。

砂やホコリの他にも、雨が降れば水垢もきになってしまいます。

このような自動車の汚れを落とすには、CarZoot社の「ウォータースポット除去剤」がおすすめです。

プロが実際に仕様しているので、かなり除去力が高く愛車を傷付ける心配がありません。

洗車で落とせなかった汚れでも、こちらの除去剤を使用すれば簡単にきれいにすることができます。

CarZoot社の「ウォータースポット除去剤」はこちら!

まとめ

今回はキャンパーにおすすめのルーフキャリアをしょうかいしました。

利用することで、車の天井に荷物を乗せることができるので、車に載せる量を単純に増やすことができます。

ルーフキャリアとして有名なのが「スーリー・イノー・テルッツォ」を選べば、失敗することがありません。

また自分の使用用途にあわせてアタッチメントを選ぶことで、さまざまなことに利用することができます。

avatar
出かけるまにメンテナンスを行っておきましょう!

きれいな車で楽しい旅行にしましょう!

TRC装備の車にはなぜオンオフ切り替えスイッチがついているのか?前のページ

規定が定められていないフォグランプの明るさ次のページ

関連記事

  1. 記事

    山形県でおすすめの運転体験ができる施設を徹底紹介!子供と一緒に行こう!

    高い山と日本海の美しさが共存する県は山形県。この山形は自動車が無けれ…

  2. 記事

    路線バスは信号サイクル変更しているの?徹底調査してみました!

    あなたは、路線バスがいつも時間に大きく遅れることなくやって来ることに…

  3. 記事

    GOTOトラベルキャンペーンでは福島県はここがおすすめ!使って行ける宿を紹介!

    豊かな自然と、温暖な海が魅力の福島県。もちろん、温泉も魅力的です。そ…

  4. デザイナーA

    新車にもおすすめ!おしゃれな女性にぴったりの人気カー用品3選!

    新車を購入したら、一番最初に何をしますか?ドライブはもちろんですが、…

  5. 記事

    グルメ好きの人必見!島根県でおすすめのSAを紹介!

    島根県にドライブに行きたいのでだけど、食べ物が美味しいところはないか…

  6. 記事

    釣り人必見!車で行けて家族でも行ける場所満載!~京都編~

    県の北部を日本海に面する京都府。この京都では、どこに行けば家族で密に…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    秋田県でGOTOトラベルキャンペーンではここに行くのがおすすめ!
  2. 記事

    カーポートを付けたほうがいい5つの理由と鳥取でおススメのエクステリア会社3選 
  3. 記事

    【車の保有者注目!】岐阜県下のカーポート業者おすすめ3店のご紹介
  4. 記事

    車中泊におすすめの調理器具を5選紹介!コンパクトでラクラク! 
  5. デザイナーA

    カー用品の便利グッズを5選してご紹介!【用途別】
PAGE TOP