カーナビがない時代は、どうやって道を検索していたの?当時を振り返ってみよう

   
 

今では、旅行やグルメで初めて行く先も、カーナビで簡単に検索して知ることができます。

しかし、カーナビが無かった頃は、どうやって行き先を調べてのたのでしょうか?

今回は、そんな昔を振り返ってみることにします。

今では便利なカーナビやスマホが案内

グルメで美味しいお店を訪ねてみたり、初めて訪れる旅先や土地感のない地域で、目的地に車で行くのであれば、今の時代、そんなに悩むことなくスムーズに辿り着くことができます。

それは大抵の車にカーナビが付いているからです。

所在地をスマホで検索して、それをカーナビにインプットするだけで、現在地から目的地までルート検索してくれるので、心配することがありません。

また、カーナビが付いていない車でも、スマホの地図アプリを使って、ルートを調べることも可能です。

そんなことから、現代のカーライフでは、行先が分からなくて人に道を尋ねるという機会が、グンと減っています。

でも、カーナビが無かった時代には、色々な方法で道を調べていました。

ロードマップで道を調べる

今でこそカーナビはほとんどの車で標準装備されていますが、昔はそんな便利な装置なんて、SFの世界でした。

しかし、カーナビという機器が存在していなかった頃は、旅行やドライブ、あるいは仕事で目的地に向かうためには、ロードマップ、いわゆる「道路地図」が必須だったのです。

遠距離移動には必須アイテム

特に高速道路や幹線道路を使って、遠距離にある行先まで移動する際は、この道路地図は無くてはならないものでした。

現在地から目的地にまでのルートを地図で調べて、短時間で行けるパターンをいくつか用意しておきます。

そして、都市部に入ると、拡大地図を広げて複雑な道を確認しながら、目的を目指したものです。

ドライブ好きな人な人は、必須のロードマップ

そんなことから、ドライブを趣味としていたドライバーやツーリングが好きなライダーも

車やバイクに全国・地方の道路地図を必ず積んでいたのです。

NEXCOが提供していた道路地図が便利だった 

中でもNEXCOがドライバー向けに無料配布していた道路地図が、とても便利でした。

当時は「日本道路公団(JH)」という名称で高速道路事業を行っていたNEXCOグループですが、この頃、各サービスエリアで道路地図を無料で貰うことができました。

広域のロケーションを把握するのに便利な地図

JHが提供していた地図は、全国版ではなかったのですが、広域地図として、とても便利で見やすい表記になっていました。

普通は、A4サイズ程度まで折り畳まれているのですが、広げるとかなり大きくなり、広域のルート探索に重宝したドライバーもいたはずです。

表は高速道路のルートやSA等がデフォルメされて理解しやすい作りになっていましたが、裏面は国道・県道が色分けされており、とても見やすく工夫されていたのです。

カーナビを頼らない人達

道路地図で調べることがあまり必要としなくなった現代でも、カーナビが必須ではないドライバーも少なくありません。

トラック運転手

そんなドライバーの中に、トラックの運転手がいます。

確かに長距離トラック運転手は、ナビが必需品と言われているのですが、全国をまたに走るベテラントラックドライバーは、慣れてしまえばナビを必要としていません。

運送業界で、今トラックドライバーのニーズが高まってますが、1分1秒でも早く目的地に着くためには、カーナビの力もさることながら、長年の経験と勘が求められてくるのです。

タクシー

タクシーの運転手も似たような感じです。

と言うのも、お客さんを乗せて、目的地までできるだけ早く送り届けるか時間との勝負です。

タクシードライバーは、行先までの経路を確認することが必須ですが、その時にカーナビが導くルートは、必ずしもベストなルートとは言えません。

毎日走る営業エリアを運転する場合、分かりづら場所はカーナビを使うことがありますが、それ以外は自分の頭の中にインプットされているルートでお客さんを運ぶことになります。

但し、都心から隣りの県に目的地があるような長距離の場合には、カーナビを使い、お客さんから行先の住所や目印になる場所を聞いて、カーナビに入力して目的地近くまで行くケースもあります。

このように営業エリア外では、カーナビが大いに役立っています。

旅好きな人が好きな人は道路地図で楽しんでいる

でも、のんびりと車で旅をする人は、カーナビが車に搭載されていても、道路地図を見ながら、どんなルートを通るか楽しんでいる人もいらっしゃいます。

道路地図を見ていることで、目的地の途中に興味を引きそうなスポットがあったりと、寄り道的な楽しみ方があるからです。

カーナビがあれば迷うことなく行ける場所でも、旅の途中で色々な発見や出会いを楽しむためには、こんなふうに道路地図でチェックしてロンクドライブを満喫するのもいいのかもしれません。

[CarZootプロ仕様]【サっと塗るだけで驚くツヤ感と撥水力!】ポリマー系コーティングキット G’Polymer Neo 

今回は、サっと塗るだけで驚くツヤ感と撥水力を発揮するポリマー系コーティングキットの

Carzoot社のおすすめ製品「G’Polymer Neo」をご紹介します。

「G’Polymer Neo」は、Amazonで980円で購入することができますが、特徴は次の通りです。

・プロが開発した、サッと拭くだけで、簡単に艶と撥水を出すことができるコーティング剤で、2ヶ月に1度使うだけで3年間耐久できます。

・洗車時に誰でも簡単に施工でき、ムラなく初めての人でも簡単に施工できることが特徴です。

・展示車両やモーターショーで使用されるレベルの艶と光沢度の強いコーティングを実現。

・テフロン樹脂、ファインセラミック配合で、ボディの上に付着した水垢等を除去します。

「G’Polymer Neo」を使って、ピカピカに輝く愛車を自慢することができます。

便利なカーナビを使っても、ドライブするのもいいのですが、車をきれいにした後は、ゆっくりと道路地図を見ながら、行く先々を楽しむのもおすすめです。

avatar
ナビの普及が進んだため行きたい場所も楽に向かうことができますね!

昔のタクシーは地図で探してからだったので大変ですよね!

信号を待っている間のドライバー交代は合法?違法?知っておいて損はない交通ルールを解説前のページ

車は何年くらいまで乗ることができるの?耐用年数は?そんな疑問にフォーカス!次のページ

関連記事

  1. 記事

    気分転換にドライブ!和歌山県でおすすめの公園を紹介!

    「和歌山県の車で行ける公園について知りたい」「駐車場のある公…

  2. 記事

    福島県でできるカーコーティング専門店を紹介!

    突然ですが皆さんは「カーコーティング」をご存じですか?その名の通り、…

  3. 記事

    沖縄県の運転免許センター・分校の特徴まとめ!

    運転免許証の取得や更新などで必ず訪れることになる運転免許センター。し…

  4. 記事

    【3店舗厳選】福岡県でおすすめのタイヤ購入・交換可能なお店

    福岡県でタイヤを購入・交換したいと考えている方に、おすすめの店舗をご…

  5. 記事

    【グルメ好き必見】ドライブで寄りたい岡山県のSAを紹介!

    岡山県にドライブに行きたいんだけど、どこかいい所はないかな。岡山県で…

  6. 記事

    マニアックだけどそこがいい!ドンカーブートのおすすめを徹底解説!! 2020年度版

    オランダの手作り自動車メーカー「ドンカーブート」。従来の自動車メーカ…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    今大人気!誰もが使うタクシーの配車アプリについて解説
  2. 記事

    修復履歴車の意味って知ってる?正しい意味やメリット・デメリット解説!
  3. 記事

    【お車所有者必見!】山梨県下でのカーポート業者おすすめ3店の紹介
  4. 記事

    オーバーフェンダーとは?車検が通るサイズも細かく解説 
  5. 未分類

    ホイールコーティング剤のおすすめ
PAGE TOP